2017_03
31
(Fri)13:31

ガトー・インビジブル

冬に買った徳用りんごが古くなったので、傷まないうちに何とかしないといかんなーと思い、ケーキを焼くことにしました。
前回はタルトタタンみたいなケーキを焼いたんですが、もっと違うものがないかしらとレシピを調べていたら、ガトー・インビジブルというものを見つけまして。
薄切りのりんごをびっちり型に敷き詰めて、生地を流し込んで焼くのだとか。
作り方と出来上がりを見ましたが、あー…りんごのミルクレープみたいな感じ?
面白そうだし、作り方も簡単そうなのでチャレンジしてみました。
レシピはこちらを参照。
我が家にバターはないので、溶かしたココナッツオイルを同量で入れました。
(バターの代わりに使うとココナッツの香りとコクでが美味しい)

FotorCreated_20170331122242ce2.jpg
うん、まあまあレシピ写真に近い感じには出来た(と思う)。
あ、レシピでは皮付きのままスライスしたりんごを使っていましたが、私は皮をむいてスライスしました。
だってほら、インビジブルって"見えない”という意味だし。
おそらく、ケーキの生地とりんごの色が同系になって、中身の具が見えないケーキというのが由来だと思ったもんで。
FotorCreate-d.jpg
実際は…見えますけどね(笑)。
ホントにミルクレープみたい。もしくはバームクーヘン?
でもこっちの方が断然簡単だから作りやすかったです。

肝心の味ですが、美味しかったですよ。
母と、おすそわけした友人には満足してもらえましたが、私はもっとりんごに酸味があっても良かったなと。
これは、りんごが古くなって味がぼやけてしまったのが原因っぽいです。
新鮮な酸味のあるりんごで焼いた方が、甘酸っぱくて美味しそうだな。
またはアップルパイみたいに煮詰めたりんごを使うとか。
あー、でもそれだとインビジブルにならないかな。もっと中身のりんごがはっきり見えちゃうかも。
2017_02
15
(Wed)16:51

今年のバレンタインは

バレンタインも終わりましたが、今年の収穫チョコはこんな感じでした。


去年とあまり変わりません…★モロゾフとメリーのチョコのみ。
毎年いろいろなものが出て来るけれど、自分のアンテナにピピッと反応するものに出会えず。
結局割とお手軽な方向のメーカーで、パッケージに惹かれたものを買うという感じになっています。
でも、日本のチョコは味が丁寧で繊細で美味しいし、本格的なショコラティエとは違った食べやすい美味しさがあると思います。

FotorCreated214-02.jpg
青いケースは、モロゾフの「ROSE DE ROSE」シリーズ。
購入するのは今年で4度目。このケースデザインがホントに可愛くて!
毎年2カラー展開ですが、今年はこのスカイブルーとローズピンク。即、このカラーに決めました。
バラのチョコはピンク缶はピンク色のストロベリー味、このブルー缶は白でヨーグルト風味。爽やかで美味しかった♪
下はメリーチョコのムーミンシリーズ。去年は円形でしたが今年はオーバル形。
ミィとムーミン柄、可愛いわあ…。中身はムーミンキャラの形のちびチョコです。
FotorCreated214-1.jpg
モロゾフのLAMELLA。
実はお会計合わせで買った、一番小さいパッケージ。
でも開けてみたら…あら、可愛い!
中身はスクエアチョコなのですが、バラと葉っぱのチョコが表面にちょこんと乗っていて。
センス良いなあ…(* ̄∇ ̄*)
最後はメリーチョコのムーミンシリーズから、ミイのチョコ。
これも去年買ったので2年連続。前回はミイらしい真っ赤な缶でしたが今回はイエロー。
ミィ姉妹がぞろぞろ〜可愛いわ〜v
中身は一粒大のパフチョコです。

完全にパケ買い状態ですが、美味しく頂きました。
しかしこのチョコをですね…バレンタインまで持たずに消費したという事実が…自分でも恐ろしい((((;゜Д゜)))。
(バレンタインにチョコがないのが寂しくて、ついコンビニでチョコ買ってしまった←オイ)


2016_11
26
(Sat)22:48

パンを焼いてみました

「パンを焼いてみたいな」と久々に思い立ちまして、強力粉やイーストを買っておいたのです。
しかしいざとなるとなかなか手が動かず、かなり放置してしまったので先日重い腰を上げました。
パンを焼いたのは…過去1〜2回くらいです。
今はホームベーカリーという文明の利器もお手頃価格で売っていますけど、当時は高価でしたから買えるわけがない。
なので、手捏ねで作ったものです。
現在でもホームベーカリーなんて持ってませんので、当然ながら手捏ねのパンです。

焼き上がったパンが、こちら↓。
foodpic7373384.jpg
……自分としては「あら、意外とマトモに焼けたじゃん?」という感じです。
片手に乗るくらいのテーブルパンです。
一文字のクープはプレーンなテーブルパン。
十文字のクープは中にチーズが入っています。
foodpic7373382.jpg
カマンベールタイプのチーズが入っているので、レンジでチンしてから食べると丁度チーズがとろけてGOODです。
でも、もっとチーズの量を多めにしても良かったかな〜。

今回のパンはバターや卵を使用しないレシピで作りました。
強力粉とドライイースト、バターの代わりにオリーブオイル、そして砂糖と塩を少々。
ふんわりではなくてモッチリした歯ごたえです。
普通のパンとドイツパンの間くらいの堅さですが、噛んでいると甘みが出て来ます。
食べるときはレンジでチンした方がいいかな。焼きたての香りも復活しますし。
以前は難しいと感じていたパンですけれど、今はそうでもないです。
逆に「え、こんなに簡単に出来るならまた焼こうかな!」って思っちゃいます。
何よりも…パンの焼き上がった時の香りがね…たまりませんわ♪
2016_06
02
(Thu)01:35

6月になりました。

いよいよ6月になりました。
さあ忙しくなってきましたよ…いろいろとゞ( ̄∇ ̄;)
タイムリミット1週間半。頑張りますよ!

ところで、昨日福岡の友人から貢ぎ物が届いたのですが。
foodpic7020897.jpg
……はい?(゚д゚)
foodpic7020898.jpg
……え?(゚д゚)
foodpic7020899.jpg
……は?(゚д゚)
foodpic7020900.jpg
……Σ(゚□゚(゚□゚*)!?!?!?
ちょっ、ちょっと待った!どういうこと!?
苺チョコレートで?辛子明太子味で?
成分表を見たら、ますます頭の中が大混乱★
開封してみましたら、中はこんな感じ。
foodpic7020901.jpg
た、確かに苺チョコがコーティングされてる…。
戸惑いを隠せないまま、一枚食べてみたところ…ほら、海老せんべいってあるじゃないですか。
その表面に、苺味のチョコレートがコーティングされている、という感じ。
魚介の香ばしい塩味に、風味高い苺のチョコレートの香りと甘さ。
でも、辛子明太子味だから、ちょっとピリッとくる。
…私、これ嫌いじゃないわ。
最初はびっくりしましたけども、これは意外とクセになる味…( ̄∇ ̄;)
いやー、色々なご当地お菓子があるもんですねえ。
ごちそうさまでしたヾ(o´∀`o)ノ
2016_02
09
(Tue)14:54

バレンタインですから

最近TVを見ていると公文のCMがよく流れるので、先日負った傷がまだ癒えていないワタクシには少々辛い毎日を過ごしております…。
というわけで気を紛らわそうと、今年も恒例のバレンタインチョコを購入してまいりました。

色々興味津々なショコラティエの高級チョコ、今年もたくさん出回っています。
マルコリーニ、エルメ、デメル、サダハルアオキ、エスコヤマ、ベルナシオン、エヴァン、ドゥバイヨル…ホントにもうね、一粒一粒のこだわりとか美しさとかパッケージとか見ているだけで盛り上がって参りますよ!
でもなー、一通り経験してしまったんですよね全部。
もちろんどれも美味しいのだけど、リピートするには少々敷居が高い。
そういうわけで今年はその辺りのショコラティエチョコは、遠巻きに見るだけになってしまいました。
しかし!それでもこの時期ずらっと並ぶチョコを素通りすることは出来ない…!
何かいいものないかしら〜と、デパ地下のバレンタインコーナーを見ていたら、こんなチョコ発見!
cho16-05_20160209110210216.jpg
かーわーいーいー(≧∇≦)ノ!
メリーチョコレートのムーミンコラボ
とにかく全部可愛いのでどれを買おうか散々迷った結果、やっぱりミイ。
丸缶はスナフキンのグリーン缶と最後まで悩んだのだけれど、やっぱりミイ。
パステルピンクのムーミンが描かれた、小分け用のギフトバッグもまた可愛いのなんの!
これだけでも十分売れるんじゃないか…(笑)
缶だけじゃなく、中身も可愛い♪
cho16-06.jpg
丸缶の方は親指くらいの小さなチョコで、表面にムーミンキャラの顔が。
細長缶の方はパフチョコが色々な表情のミイの包装紙にくるまれて、かーわーいーいー(≧∇≦)ノ(二度目)

それと、毎年必ず買うモロゾフのフロレゾン「ROSE DE ROSE」。
はっきりいってパッケージ目当てですが、今年はこちらの色を買いました。
cho16-04.jpeg
イエロー?…いえ、ライトグリーンです。写真だと明るく写ってしまって、どうしてもイエローに見えてしまう★
本当はこういう色です。…でもWEBよりもっと明るいな。蛍光が入ってる感じなので、夜に紙袋持ってたら交通事故防止になりそうな(え)。
中身はこんな感じ。中は毎年あまり変化ないですが、バラのチョコはパッケージによって違います。
今回はライトグリーンだったので、パッションフルーツ味。
cho16-03.jpeg
それにしても、このシリーズの缶のデザインはホントに好きですv
紙の箱じゃなくて缶なのもポイント高し。
cho16-07.jpg
去年一昨年の缶と並べてみました。
ジュエリーボックスのようなレリーフのデザイン、乙女チックすぎな感じもありますけど可愛いものはやっぱり可愛い。
こういうものくらい、可愛いの持ってたっていいじゃないっすかw
皆無に等しい女子力が、すこーし上がったような気分になります(あくまで気分だけですがww)。

この2つを食べただけでも、日本のメーカーのチョコは美味しいと思います。
変に凝ったところがなく、日本人の口に優しい味を保っている。
日本のメーカーだから当然ではあるのだけれど、いつ食べても普通に「美味しい」と思えるのって消費者にとっては有り難いです。安心できるから。
個人的には、ショコラティエの作るショコラはスイーツ。
メーカーのチョコはお菓子という感じに捉えています。
ええ、スイーツもお菓子も大好きですよ!