館主の日記帳

Category page - アート/舞台

Categoryアート/舞台 1/18

古典芸能への招待

毎月最終日曜日の夜は、Eテレで古典芸能の放送があります。歌舞伎だったり能だったり文楽だったり…と様々な古典芸能が楽しめるので、私にとってはプレミアムサンデー的な感じです。昨日の放送は、能と狂言。「柿山伏(狂言)」「附子(狂言)」「葵上(能)」の三演目。後ろの二作品は、能狂言では定番中の定番のタイトルですね。「附子」は学校教育で触れる機会も多いと思います。いやー、懐かしかったです。私も最初に生で見た狂...

  • Comment 0
  • Trackback -

「縄文ー1万年の美の鼓動ー」

(注:とんでもないテンションで書いているので、生暖かい目で見守ってください…)いやー…日本列島異常な暑さが毎日続いていますね…。「命に関わる暑さ」とテレビでもよく言っていますが、そんな中ワタクシは東博に行ってきました。当日の都内の予想気温37℃…。朝4時に仕事を終えて、帰宅して風呂って支度して8時の電車で上京。ハードすぎる…。でも、そんな疲れは館内に入って完全に吹っ飛んだ!縄文じゃー!縄文じゃー!♪(o=゚▽゚)人...

  • Comment 0
  • Trackback -

仁和寺と御室派のみほとけ(2)

前回『三十帖冊子』について熱く語りましたが、その他の展示物も素晴らしいものばかりだったので、今回はそちらについて書きます。この特別展のもうひとつの目玉は、仁和寺観音堂の完全再現!観音堂は中門をくぐって五重塔の逆側、金堂の手前にある建物。ここは僧侶の方々が修行をするための場所なので、基本的に外部には非公開になっているのです。それがですね今回改修工事に入りまして。しかも半解体での大規模な工事なもので、...

  • Comment 0
  • Trackback -

仁和寺と御室派のみほとけ(1)

本当に久しぶりに東博へ行って参りました。特別展『仁和寺と御室派のみほとけ』展を見るためです。京都旅行記を見ても分かるとおり、仁和寺が大好きなワタクシ!すっかり旅行とは遠ざかってしまった現在ですので、あちらから来て下さるのであれば是非行かなければ!と、昨年の開催予定を見て決意しておりましたのです。ああ、懐かしい…。ここに来ると、我が家に戻ったような気がしますな(笑)。今回の特別展は、仁和寺所蔵のもの...

  • Comment 0
  • Trackback -

野村万作抄24

黒の紋付袴は良いぞ !!(」°ロ°)」と、夜のくねくねタワーに向かって叫ぶ(定期)。というわけで、今年も春の狂言鑑賞会がやって参りました。24回目ですが私にとっては12回目の春(秋を含めたら倍くらいですが)。久しぶりに今回の前説は萬斎さんだったので、24年前の初演の頃の想い出などを話して下さいました。当時は今のような能舞台のセットを組んでおらず、円形ステージに布を敷いて本舞台を作ったり。橋掛かりがないので、後ろ...

  • Comment 0
  • Trackback -