2006_06
30
(Fri)17:40

本日ついに

夏のご祝儀が出ました。まあ…こんなもんだろうという中身ですが。
ええ、期待するほど高給取りじゃないんで、こんなもんです。
そういうわけで、やはり何かお買い物をしたいぞーと思いまして、あれこれと通販しちゃったりなんかして。
京都にある大好きな和菓子屋さんのお菓子とか、日曜日に墓参りに行くために花束注文したりとか、まあ日常的な服とかも人並みに買いまして…。
そしたら、さっきネットでこんなの見つけちゃったのだわ!

DSLite藍布堂・和カバー『梨園染(団扇)』DSLite藍布堂・和カバー『梨園染(団扇)』


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


DS Lite専用のケースだ!か、可愛いじゃないか和柄!
4000円くらい…欲しい、とっても欲しいのです。
今はもう適当に100円ショップとかのクッションバッグに入れているわけですがね。だって、あまりかわいげのあるものがないんだもんさー!
でも、これは……!
他にもバリエーションは多数。

こんなんとか。
DSLite藍布堂・和カバー『梨園染(歌舞伎紋-赤-)』DSLite藍布堂・和カバー『梨園染(歌舞伎紋-赤-)』


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



こんなんとか。
DSLite藍布堂・和カバー『各地の木綿(伊勢木綿)』DSLite藍布堂・和カバー『各地の木綿(伊勢木綿)』


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さらにこんなんとか。
DSLite藍布堂・和カバー『梨園染(市松文様)』DSLite藍布堂・和カバー『梨園染(市松文様)』


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


で、こんなのも。
DSLite藍布堂・和カバー『梨園染(金魚-小-)』DSLite藍布堂・和カバー『梨園染(金魚-小-)』


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



みんな可愛いじゃないかあああああ!
迷う、非常に迷う…でも、金魚が一番可愛い感じ…。
本気で欲しいです。
2006_06
29
(Thu)19:08

いつのまにか茨城上陸

starbucks.jpg


ちょいと前から首都圏のコンビニのみで、「スタバ」のコーヒーが売っていたのは知っていたんですが。
で、「さっさと茨城にも売り込め」と思っていましたが、今日ファミマに行ったら売っていた。
いつのまにか関東全域で販売開始となったらしい。
せっかくなので、買ってみた。
写真はエスプレッソだけれど、一応ラテも飲んでみた。

……えーと。あまり他のコーヒーとの違いが…よく…分からな…い…すいません☆
支払いはスタバカードを使うくらい、「スタバ」好きな私なのに…味が分からん…。
と、いうかですね。私あまりアイスって飲まないんですね。
いつも「カフェモカ/ホット」が定番で、アイスの時は「モカフラペ」が多いんですね。
モカ系ってチョコシロップが入るもんで、ショコラ風味が有るんで…その味になれてしまったせいかなあ。
「ラテ」も結構飲む方ですが、ホットでしか飲んだ事がないんで、アイスだとやっぱり少し味が違うのかも。

あと、やっぱ入れたてとは違うんだろうなあ……。
うーん…また飲みたくなってきた。「スタバ」行きたくなってきた!
そういや郊外のSCでバーゲン始まってるし、「スタバ」のシーズンメニューも美味しそうだし!
行くか!近いうちに!
2006_06
29
(Thu)14:55

これ、いいなあ…

ちょっとカテゴリーは違うんですけど。

B000F6IMPEMZ-RH1 S Hi-MD ウォークマン

ソニー 2006-04-21
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



PCとUSBでつないで、今まで録音していたMDをPCに移すことが出来るウォークマン。
これ、Macにも対応してるんですよね。そのせいか、最近のSONYにしてはかなりの大売れで、入荷が追いつかないという話です。
でも、私もちょっと欲しいなあ。今はiPodで音楽を携帯出来るけれど、それまではMDにダビングしていたので、レンタルとかで借りたものがたくさんあってね。
特に、極悪非道な「コピーガード」や「レベルゲート」みたいなCDは、Macのオーディオ機能での動作保障をしてくれないので、仕方ないからMDへのダビングしか出来なかったのです。
だから、もう随分とMDがたまってるんです。
それがホラ、これを使ってPCにデータとして取り込めば、改めてCDとして保存する事も可能だし?
iPodで聞く事も可能!いいなー、ちょっと欲しいなあと思った。

でも、40000円近くは厳しい。ちょっと辛いお値段だ。
何せうちのiPodminiだって、1000曲入る4GBで21,000円程度だった。今のメインであるnanoだって、4GBで28000円くらいなのに。
もーちょっと音楽携帯システムってことで、安くならないかなあ。
それじゃなければ、同じようなシステムでのMDミニコンポとかでも良いや。ないかな?
そろそろコンポも古い型になってきたので(親のカラオケ趣味のため、Wカセットダビングシステムがあるので、捨てるわけにはいかないが☆)、そういうのがあれば、もうちょっと高くても良いから欲しいんだけど。
2006_06
28
(Wed)15:54

ちょっと…それはどうなの

先日、顧客である派遣会社の方に、サンプル写真を数枚メールで送信したのです。
ちなみに私、相手の方とは一切面識も会った事もないのですが。
その後、しばらくしてメールのお礼の返信が来たんですよ。

……それが。ギャル文字(焦)。
"ぁりがとぉござぃました。"……って。
これ、アリなんですか☆
いや、営業さんならね…。営業さんが相手の方と親しくしていて、もうなあなあな関係でメールをやり取り出来るという環境なら良いけれど、
あのー…こっちは会った事も無いんですけど?
会った事も無い人に、こういう文章で送るのって……どうなの、それ?

普通、個人のホームページとかでも、ギャル文字は辞めて下さいとか言われてるの当たり前だし。
まさか仕事のメールで、相手からそんな文章を送って来られるとは思わなかったさ…。

っていうか、これ…そういう礼儀とかマナーにうるさい相手宛だったとしたら、信用問題に発展するんじゃないかと思うんだけど…。
それよりも何よりも、これが当然のような相手の姿勢に驚きます。
ギャル文字を使うなとは言わないけれど、でもビジネスでのメールでは不謹慎だと思うし、マナー違反だと思うんだけど?
それがもし、誤字みたいな形で入力されてしまったとしても、チェックするのは当然だと思うし…。

思えば以前も、どんな内容だったか忘れてしまったけれど、営業さんに「この人っていくつの人?」って尋ねるようなことがあった気がする…。
それは確か同じ会社で、別の人だったと思うんだけれど。ちょっと、社会人がやるようなメールじゃなかったってことで聞いたんだと思う。
そうなるとここの会社ってみんなそういうのが常識で成り立ってるの?
って思うと…ちょっとアイタタな会社だなあと思ったりした。
2006_06
26
(Mon)11:36

初歩的ミス

奥さん、私昨日ですねえ、予定通りお出かけしたわけですよぉー。(←どうでしょう班風)
絵画はそれはそれは美しくて、感銘を受けたのでございますけれども、その後にお買い物に立ち寄ったわけです。
目を付けていた「4℃」のピアスもショーケースの中に見つけて、「よし、帰りに買ったろう!」と決意してから、あちこちを見て回っていたわけですが…かなり初歩的なミスをおかしてしまいましたのでした。

………カード忘れた。しかも車の中に(そういう危険なことをしたことが、また初歩的ミスだと思われ)。
運が悪く、停めた駐車場がタワー型なもんで、ちょっくら車に戻るなんてのが出来ないわけで。
何も買えなかった…(泣)。
デパ地下で母とあれこれ買い物したくらいだ☆

「4℃」のシルバーピアス! 「ウェッジウッド」のブループラムC/S!! 「HOUSE OF ROSE」のコスメ、「CRABTREE & EVELYN」のソープとローズウォーター!!……ああ、全部買えなかった(T_T)。
火曜日の午前中にでも、ふらっと出かけて来ようかな、もう一回☆
2006_06
24
(Sat)15:14

お絵描き依存症

結構頻繁に起こっている、この症状。
元々が絵描き野郎(…って女なのに☆)だったので、現在文章メインの人間になっても、無性に絵を描きたい衝動にかられる時があります。
絵で(というかビジュアルで)表現したいものっていうのもありますし。

思いっきり気合いを入れて、根気入れた絵を描いてみたいと思います。
下絵もデザインも資料もぞろっと集めて、あれこれと下書きから気に入るまでラフ描いて。
でもってきちんとペン先とインクでペン入れをして、スキャナ取り込んで、とことんまで着色やら加工に力を入れて…飽きるまでやってみたいっすね。
だからって、良い仕上がりになるかっていうのは……それはアレなんですが(泣)。

シャーペンの下書きだけ、またはピグマやロットで主線をペン入れ、という簡易的な下絵をしばらくやっていましたが、先日久々にちゃんとインクとペン先でペン入れをしたら…やっぱ違うわ。
自己満足でしかありませんけれど、やっぱり自分の筆圧によって線を変えることが出来る。
ペン入れは必要だなあ…面倒だけれど、それでも少しはマシになると思えば、やらなきゃいかんなあと思います。(ええ、自分でそう思っているだけですが…)。

いいかげん心細くなりましたんで(T_T)トップ絵をね…変えなくちゃですね。
気に入っているブランドのコレクションとかを見て、「あかねちゃんに似合いそうかな~」とか考えたり。
昔、アンジェ(オスリモメイン)サイトをやっていた時&アンジェオフラインをやっていた時(漫画)は、ピンクハウスやらのカネコイサオ系のファッションをチェックして、めいっぱいリモージュを飾って楽しんでたっけな(笑)。
自分では全く着ないというか、縁遠いブランドですけれど、金色ふわふわ髪のリモージュには似合うので、描いていて楽しかったのを思い出します♪

(自分の好みはアニエスとか組曲とかUNTITLEとかコムサとかのシンプルナチュラル系)
2006_06
24
(Sat)11:30

本日はお天気ですが

明日も晴れるといいなあと、思っている土曜日です。

明日は、昨年亡くなった親戚の遺作展を見に、ギャラリーへお出かけ致しますです。
洋画を趣味で描かれていましたが、遺作集を発行する記念にと、明日から開催するそうなのでお邪魔してこようと思ってます。
親戚と言っても結構遠いので、面識は殆どないし絵も見た事はないんですけれども、招待状のポストカードの絵は渋くて良い絵だったので楽しみです。

ついでに、春にリニューアルした百貨店に寄って、お買い物の予定です。
母も新しくなってから行くのは初めてなので、楽しみなようです。
私は、丁度良いタイミングで「4℃」からキャンペーンのお知らせが届いていたので、是非チェックに♪。
シンプルで可愛いピアスがあったので、買ってもいいかな~と思ってます。

キャンペーン用のチャーム&ネックレス&リングセットは、お値段も安いし可愛いんですけども、いかんせん私…指が太くてサイズがやばげなんじゃ(泣)。
ピアノをやってると指が太くなる、っていう話は昔から聞いていましたが…少なくとも私の場合はビンゴしてしまったぜ…しくしく(T_T)。
「黄昏~」シリーズの友雅さんの指が、長くてしなやかなのは私の理想です(相手は男なのに)。
しかも指まで長くないってんだから、ピアノ弾くのも大変だ…オイラの指は☆。
2006_06
23
(Fri)09:46

これで

気が楽になりましたぞ!
これからはのんびり気楽にW杯を楽しむことが出来ますですよ!
ちょっとばかし負け惜しみもなきにしもあらずですが…。
個人的にはブラジルがそのまま二連覇するのは面白くないんで(別に負けたから言うんじゃなくて)、今回は他の国にトロフィーを持って帰ってもらいたいっす。

個人的にはイタリア支持なのですが、何かこうイタリアも微妙な展開なので(あーもー…アメリカに1-1って!!)、決勝迄行けるかは不安だ…。
期待しているのは、アルゼンチンがどこまで踏ん張るか。というより、どこまでメッシが活躍するか、かな?
チームの雰囲気が今回はとても良いらしいし、しかも全員のコンディションがベストに近いのが好調の理由かもしれませんですね。
やっぱ、チームの雰囲気がすべてだよなー、サッカー。

続きを読む »

2006_06
22
(Thu)16:05

眠いです…

さて。
どうでしょうさんのヨーロッパ21カ国の旅を楽しく見ておりましたが、さすがに時間も遅くなりまして、3時過ぎからうとうとしながら2枚目…半分のところで、くかーっと寝てしまいました…無念。今日は見るぜ!

でもって、まさにリアルタイムでミスターは、今ドイツにいるのでございますが。
……ええ、勝ち目がないと断言できるほど、厳しい試合だと分かってます。
しかし、私はこれまで全ての代表の戦いを、何代にも渡る代表の試合を見てきた身です。
W杯の盛り上がりに便乗して、知ったかぶりであーだこーだ言っている人間とは違います(きっぱり)。

冷静に見る目を持ってます。そういう目を養ってきました。
これまでの多くの試合で、試合の意味を捕らえる・考える事を学びました。
だから、どこかいつでも客観的に見るようになっています。
勝てば嬉しい。だけど、嬉しいだけじゃ先に進まない。

そういうわけで、そんな私から見ても今日の試合は、辛いです…厳しいです。
勝てる確率は、例え相手が手を抜こうとも、簡単ではないと分かってます。
でも。それでもどっか捨てきれない、わずかな「もしも」を抱いているんです。

「奇跡」っていうものが本当にあることを、1996年のアトランタ五輪で目にしました。
ロスタイムの怖さを、1993年の夜「ドーハの悲劇」としてリアルタイムで見ている。

だけど、そのあとに「マイアミの奇跡」の瞬間を、今でもしっかり覚えてる。

1997年の「ジョホールバルの歓喜」の夜を覚えている。

だから、「奇跡」がおとぎ話の物語じゃないことを知っているから、まだ前を見ていられるんだと思うのです。
「奇跡」はいつだって0%じゃないこと。それだけを信じて戦ってもらいたいと思うのです。
2006_06
21
(Wed)11:39

何か忙しい

と思っているのは、きっと自分だけです…。

昼になったらセブンに振込に行って、そのあとコンビニ移動してローソンに討ち入りに行って(@どうでしょう)、多分今日はずっとDVD見ているに違いねえ。
明日はブラジル戦だってのに…(正確に言えば明日の深夜、明後日の朝)。
公式のご開帳コメント見たら、あらまあ本気でミスター、ドイツに向かってんのね(笑)。
そんな最中にヨーロッパ縦断を見るというのか。
関係ないけど、大泉さんのねずみ男って、ハマりすぎだと思われる(スチール見たら更に)。

で、先日テレビを見ていたら、土曜日に「ロード・オブ・ザ・リング」やる~。
見たい~…見ればいいじゃん、自分で。しかもノーカット・スペシャルエクステンデッド・エディションを。
揃ってんだから好きな時に見りゃいいじゃん…と自分に突っ込みを入れます。

で、amazonに行ってみたらですね、わわわ!8月に「24-Twenty Four」のシーズン5が発売に!!
……多分、これだと発売前後になったら、CXとか地上波でシーズン4をやるよね、きっと。
……録画したい。でも、シーズン4だけ録画したって、しょうがないじゃないかと。でも、録画してみたい。
どうでもいい葛藤に悩まされています。

シーズン4がオンエアしていた頃は、「24」なんて一度も見ていなかったってのに…。
今じゃ全てクリアしてやんの、私☆。
何て言うか「ダ・ヴィンチ・コード」にしても「24」にしても、短時間リアルタイムでどんどん進んで行く臨場感ってのが通じ合いますね。
そういや「24」も映画になるらしいですよ。わおー…。
2006_06
20
(Tue)15:04

疲れたなー

ホントにですね、友雅さんのお誕生日ってことで書いた話。
何でまた、あんな長いことになっちゃったんでしょうねえ…書き下ろしっていうか、こりゃもうただの連載になってんじゃないのか、って感じですね(6ページって…)。
こう、どうでもいいことをダラダラ表現しすぎだーと思いつつも、何かあのー…さーっとその場だけを書いて終わってしまうのが、味気ないような気がしてどうも。
だから、あれだこれだと余計な部分まで、細かく書いてしまうんですね。

こないだ見た「ダ・ヴィンチ・コード」の映画にしても、一番しっくりこなかったのが展開の早さでしてね。
本は長いから、(1)から(2)に行く迄の間、インターミッションがあるんですよ、その説明をする時間が。
だから素直に(2)に進めるんだけど、直行で(1)から(2)に行くとね、早すぎて大変なのです。○○は○○でした。それは○○が昔○○であった時に、○○という出来事があり……なんて、そういう感じですかね。
まだるっこしいと思う人も多いかもしれませんが、書いている本人がそういうのが好きなので、どうも難しいところです。

そういえば明日はローソン屋敷、討ち入りの日ですね。夜中に吹っ飛ばして行って参ります。
ところで、ミスター(どうでしょう)、本気でこれからドイツに乗り込むの?
2006_06
19
(Mon)09:56

何て言うか

別に騒ぐほどでもなかったクロアチア戦が終わりまして。
それほど意外なこともなく、予想通りの展開っていうか何ていうか。
ただ、ブラボー川口くん!ってことで。
でもって、強いクロアチアに無失点に抑えたのは良かったと思います。

が、だったら何でそれを前回の試合で出来なかったんか!と思うと、今回の試合に対してではなくて、前回の試合に対して腹が立ってきます★
あきらかに、あきらかに!今回のクロアチアと比べたら、オーストラリアは落ちる。たいして強いとも思わなかったし、今でもそう思ってます。
そんな相手に、何であんな結果になっちまったんか!クロアチアをこれだけ制止できたってのに、何故オーストラリアを抑えられなかったんか!と。

まあ、FWは……最初から得点が取れるなんて思ってませんから。
4年前から、圧倒的な得点力を持っている選手なんて、見た事ないですから。
期待してませんから(←もちろん嫌み含)。
逆にこの際だから、FWいらないからFWの分MFを起用しちゃえば良いのに、とかまで思いましたが、それも冗談ではなくなってきました。
FWって得点を取るポジションなんだが…。

続きを読む »

2006_06
17
(Sat)14:28

うーん…

「勝てば官軍・負ければ賊軍」。
「所詮この世は弱肉強食。強ければ生き、弱ければ死ぬ」←by志々雄真実(Fromるろうに剣心^_^;)。

今、何だかそういう言葉が、頭の中をぐるぐる~っと回り続けています。
結局のところ、どんなことをこれまでやって来ようが、勝てばその場で罵声がころっと賞賛に変わる。
そう思うとですね、何だかねー、単純なもんなんだなあ、群集心理って。
だけどその中で、心の中だけでも絶対に揺るがない真実を冷静に見極めることが出来る人が、一人でもいれば良いんですけど…。(真実とか冷静とかとは別に、あまりに同じ意見がどどっと出ると、逆説を考えたくなるひねくれものもいますけどね、ええここに★)
例え表面上で流されてしまっても、己の中でそんな目と思考が出来れば良いんですけど。

ヒートアップするだけの情熱は、時としては楽しくて嬉しさもあるけれどもね。
どっかでやっぱり、じっと黙って見つめる冷静さを忘れないでいたいもんです。
ただ盛り上がって終わるだけじゃ、答えを弾き出すことさえ忘れちゃいそうだから。
2006_06
16
(Fri)11:30

歌姫又はミューズ(音楽の女神)

あのー…今さらなんですけども、友雅さんのお誕生日創作なんですけどね。
何かこう、相変わらず長くなっていてまとまりが付かないんですけどね…。
これじゃ誕生日一週間過ぎてしまう公開になりそうな(焦)。
あー…別にたいした内容じゃないんですけれど、うーむ…取りあえずもうちょっとお待ち下さい。頑張ってます。
今週中には!ええ今週中には!
…何だか、借金の取り立てに平謝りしているような感じですが☆

ところで、ここんところ気になっていたアーティストがいたので、先日アルバムを購入してきました。


B000F8O5N0Home (通常盤)
アンジェラ・アキ 松岡モトキ 河野伸
ERJ 2006-06-14

by G-Tools



もう充分売れているから、知っている人も多いでしょうね。
「FF12」のテーマソングや、「BLOOD+」の現EDを歌っている彼女。この曲が今売れているところですね。
何か、もう彼女の声の力に惹き込まれてしまって、衝動的に「もっと聞きたい!」って思ってしまって、発売日に買って帰ってきました。
しっとりしたバラードの中に、声の持つ強さを表現出来るシンガーって、多くはいないと思っているのですけれど、彼女はまさにそういうシンガーなんだと思った。
その声の力に、自然と涙出てきますよ。本場のゴスペルとかのソウルなんかには、その力を感じることが出来るので好きですが、彼女の場合は奏でるピアノの音にまで力が宿っているみたいだ。
『歌を歌う』のではなくて、彼女自身が『歌』そのもののような、ピュアで混ざりっけのない高級な宝石の原石みたいな。
磨く必要も無いくらい、その存在自体が輝いているっていうか。
そういう人の声は、無条件に涙が出るくらいに本質に響いてくるもんだな、と彼女の声を聞いて思いましたです。
とってもステキなシンガーです。

続きを読む »

2006_06
13
(Tue)17:53

ダ・ヴィンチ・コード

昨夜の悪夢のあと、相方と電話しながらも、お互いにもやもやした怒りなのか悔しさなのかわかんない、こう…何とも言えない感覚に陥っていたので、今日はお休みだったために朝っぱらから気分転換も兼ねて、やっと見に行ってきましたよ…ええ。
ダ・ヴィンチ・コード

えーと…感想ですが。
はっきり言いますが、原作がもしも100点だったとしたら、映画は50点が限界です。
ただ、悪い出来じゃなかったことだけは断言しておきます。
私が原作を読んでしまったので、その原作の記憶を照らし合わせて見てしまうと、半分程度しか満足は出来なかったということです。
逆に原作を読まずに見に行った方が、映画としては楽しめたかもしれない。
でも、ちょっとスピードが早過ぎな気もしますね。展開が早過ぎて、ただでさえ日本人にとっては一般的とは言えないキリスト教などの宗教や伝統・伝説などに関して、説明がされていてもそれを理解しようとするうちに先に進んでしまってる。
これが一番、見た人を戸惑わせる原因だったんじゃなかったかなあ。
ただし、悪い出来ではなかったんですよね、何度も言いますけど。これがオリジナルだったなら、原作がなかったら…原作を後に読んでいたなら面白かったかもしれないなあ。
うーん、それでもやっぱ、原作を読んでいてある程度の知識がある私でも、内容を追いかけるのが大変だったくらいだから、作品としては微妙かなあ。
トム・ハンクスとロン・ハワードのコンビは安定しているし、イアン”ガンダルフ”マッケランもジャン・レノも良かったけれど、それでも原作を知っている立場からしたら50点くらいが良いところだと思った。
っていうか、原作と比べると原作の半分程度しか描かれてないんだからしょうがないんだ!

ディレクターズカットとかで、未公開フィルムを合わせてDVDとか出ないかな?
もうちょっと…長くして、描いてほしいところがたくさんあるんで。

続きは、原作を読んだ方のみどうぞ。

続きを読む »

2006_06
13
(Tue)00:41

あー…うー…

なんて言うかな。
別に何もいうこともないか。
それか、言い出したらきりがないかってことか。

ただ、3点目は無駄だったよね。必要のない失点だったと思うよ。
ホイッスルが吹かれるまでが試合なんです!ロスタイムが何分あろうが、終了の笛が吹かれるまでが試合!
絶対に緊張を解いちゃいけないわけですよ。
あきらかに3点目はやる気がなかった。少なくともそんな風に見えた。そんなプレーで勝てるわけないじゃん!
そんな状況を作っちゃいけないじゃん!それが基本じゃん…。

他にもいろいろ言いたい事はあるけれど、言ってもしょうがないくらいなんで。
とにかく文句があるのは3点目。負けるならせめて2-1くらいにしなさいよ。無駄な失点はしないでくれよ。
それだけがもう…不満だ。

ま、これでなんて言うか気が抜けてしまったので、あとは適当に見ます。緊張感なくなったので。
これからは好きな国の試合を見て楽しむさっ。
2006_06
11
(Sun)02:55

すいません

まだ執筆中です…。
W杯見ながら書いてます……。
それにうつつ抜かして執筆が遅くなっているわけじゃないっす!
すいません、今日は四十九日なんで執筆の余裕ないんです…明日以降のUPになったらすいません…。

それにしてもスウェーデンが、一人少なくなったトリニダード・トバゴに無得点&無失点0-0。
トリニダード・トバゴのGKの好プレーが印象的でした。
うーん、でも番狂わせだなー。それがでも面白いのですよね。
さて、これからはアルゼンチンとコートジボワール。どうなるかな?
イングランドもちょっと消化不足だったし。

そんな私の現在の愛飲水は、オーストラリアのミネラルウォーターです(←縁起担ぎ)。
2006_06
09
(Fri)23:58

World Cup 2006 in Germany!!

いよいよですー!ワールドカップ開幕!
もー、身体中がうきうきしちゃいますなー!
たった一ヶ月なのだけれど、毎日がサッカー一色になる日常というものが、ホントにサッカー好きにとっては幸せいっぱいなんですよ。
4年前も、毎日毎日が世界最高のプレーを見られることに、ホントに幸せ感じてましたもん。
もちろん前回は自国開催っていうのもあったのだけれど、それでも嬉しいし楽しいよ。

開会式で懐かしい顔ぶれが揃ってましたね。
私がリアルタイムで見ていなかった、又聞きのヒーローたちをはじめとして、リアルタイムでその勇姿を見届けたヒーロー、そして何人かは懐かしい顔ぶれ。
リトバルスキーやドゥンガみたいに、Jで活躍していた選手は親しみありますよね。
あと、レオナルドね。彼は鹿島にいたから、何度か近くで見たこともあるけれど、ホンットにルックスは良いし性格は良いし、家柄も良いし(←お父様は企業のお偉いさんらしい)、サッカーのプレーはすごいし(←名プレー集だと必ず出てくるもんね)、今はミランの副会長らしい(ブラジルからカカを呼んだのは彼らしい)し、そして頭もいいって、もー非がないんだよ~★
彼が笑顔で手を振りかえしてくれたとき、隣に居た友人は卒倒しました(笑)。オーラが違うんだ…。

ま、そんな風にいろいろなヒーローが、今回も生まれてくるんだろうなあ。
たくさんの記憶や思い出ができるのは、本当に楽しくて嬉しい。
ああ…幸せな一ヶ月がスタートだ!
2006_06
05
(Mon)13:42

薔薇様シーズン

ちょっと前に咲いた「マダム・ピエール・オジェ」も花を終えまして、昨日花がら詰みをしました。
四季咲きだから、冬までに何度かまた咲いてくれると思われます。楽しみ♪。
庭先では「イエスタデイ」と「スマ」が咲き出しています。一見バラとは思えない小さな小花ですが、愛らしくてとっても可愛い花です。
冬場に誘引作業を頑張ってよかった…綺麗に咲き始めています、山吹の隣で(山吹はもう終わってますが)。
それと、タワー型に誘引した「安曇野」が鮮やかに咲いてきました。
先日母にそれを話したところ、「あれ、安曇野っていうバラでしょう?」と言われてびっくりした。
何で知ってんだ!名前のプレートをつけたわけじゃないのに…しかも、見た目でバラなんて思えない花なのに。
……どうやら、近所の花屋で鉢植が売ってたらしい。でも、よく覚えてましたな~。
ちなみに、私は苗で買ったので、鉢植のお値段の半額以下程度でしたよ(笑)。小さい苗でしたが、今ではタワーオベリスクを使わないと、枝が伸びてしまって大変なくらいの成長です。

そうそう、そういえば…もう三年くらいになる「ロサ・カニナ」に、やっとつぼみが付きました!
やったよ静さま!(fromマリみて)。
とにかく元気な枝で、虫にも病気にも強くてどんどんつるを伸ばしていたのですが、いっこうに花だけが咲かずにいたのですが、ついに…花開きそうです。
つぼみは淡くてほのなかピンク色。黒薔薇様ではございませんよ。可憐な可愛いお花です。
巷で人気のローズヒップは、この「ロサ・カニナ」の実が殆どで、一番良い実が出来るんだそうですよー。
秋の実りも楽しみですな~。
そして、「安曇野」などと一緒に買った「のぞみ」も咲きそうです。たくさん可愛いつぼみがついてますよ。

「のぞみ」………。
春日さんが「のぞみ」を育てている………と考えると、何だか笑っちまいますね(笑)。
2006_06
05
(Mon)00:13

マルタ戦

追いつかれて2-2で終わった、前回のドイツ戦の方がまだ良い出来だったような気がするのは、私だけだろーか…。
1-0で勝っても、なんかこう……ねえ?
取り敢えず、うだうだやってる時間もないので、もっと精力的に気合いを入れ直してもらいたいっす。

……先日の日記で書いた、私のだいっきらいなパターンの映画CFやってますね……。
ああいうコメントを出入り口で言われると、本気で嘘っぽくてわざとらしくて、ヤラセCFくさくて映画を見に行く気が激減するんですけどー(怒)。
まあ、見に行くけれど…本気であのパターンのCFウザイですー★
2006_06
01
(Thu)13:57

6月ですなあ

って、タイトルとは全然関係ないんですけど。

昨日、能と狂言の本を読んでいて、何気なく「『船弁慶(能)』が見たいなあ」と思ったのです。
いや、別に弁慶さんと関係は全くないのですよ、ええ(笑)。ただ何となく、そんな風に思ったんですね…。
そしたら、6/10にBS2で「愛宕山薪能」の放送で「船弁慶」をやるってメールが!
ラッキー!これはもうチェックチェック!ちなみに観世流です。

しばらく前に、能と狂言の公演・放送スケジュールのメールサービスを登録しました。
もう、かなり重宝しています、コレ。
不定期での放送が殆どなので、こういうサービスで教えてもらえるとタイマーもセット出来ますしね。
あ、でも10日はお休みなんだった…(次の日が四十九日なんで)。