2006_11
30
(Thu)01:11

アジア大会

今日からアジア大会。男子サッカーはvsパキスタンで第一戦。
なんとかかんとか、3-2で勝つ事が出来たのだけれど、後半での気の緩みと疲れでの2失点は勿体なかったですね。
それでも、一点目の本田くんのゴールはキレイだった!谷口もスゴいね、得点力。
A代表にも見習ってもらいたいくらいさ(苦笑)。

でも、でも、相変わらずアジアのファウルはどうしようもなくひどいっすよ!
後半で青山が2枚黄色で退場になったけれど、そんなのよりもずっと相手のファウルの方が汚いじゃんかよ!
って…毎回アジアでの試合って、こういうことで愚痴ってる気がします…。
審判のレベルも、ファウルにしても、ほんとに駄目です…汚いファウルっていうよりも、危険すぎる行為が多過ぎますですよ。
後ろから足を狙うなんてのは非紳士的行為で、赤出されたっていいくらいなのよーっ(怒)。
ちゃんとファウルとってよっ。

そういうわけで、こういうのは今始まったことじゃなくって、アジアでの大会では必ずこういう文句が一つは出ます。
なので、こちら側も気をつけないといけないっすね。
もう一人の青山も負傷退場しちゃったし…そして黄色二枚の青山は赤なので次回の試合出られないし。
そんでもって、家長と細貝はJ最終節の直接対決のために、合流が遅くなるっていうし。
うー…大丈夫かなー(焦)。

明日は女子サッカーvsヨルダンだよ!ガンバレ女の子~!

※どうでもいいが、2点目を入れたパキスタンの選手の名前が、「アクラム」だった。
お面はつけていなかった。金髪でもなかった。美形でもな……(ごにょごにょ)。
2006_11
26
(Sun)16:32

うーんどうだろう…

レッズの自力優勝が消えて、ちょっとがっくりな春日さんです。
でも!でも!試合としては素晴らしい展開なんじゃないかと。
0-0で浦和が終了し、ロスタイム試合中のガンバは2-2。このままガンバが終われば優勝だったのが、
ギリギリでのマグノアウベスの追加点!
ガンバが勝ったのでレッズは優勝お預け。そして、最後はこのチームが首位を目指して一騎打ち!
…サポとしてはイライラするかもしれないが、試合としては緊張感漂う素晴らしい攻防戦。
最後の試合が楽しみですね!(うちのチームは、もういいや★)

って、サッカーの話じゃなくって。

前回の日記で書いてから、いろいろ考えていたことがありまして。
「Les Freres」のライブ行ってみたいー。スケジュールを見てみたら、3/31の東京フォーラムが行けそうかなと思ったけれど、土曜日じゃ仕事なんだよなあ。
それに便乗して押尾さんとかも見たら、同じく東京フォーラムで2/28&3/1というのがあったけれど、平日ど真ん中じゃ無理。
お、3/25&26の土日が追加で入ってる(Tフォーラムで)!
うわ…Les Freresと週代わりだ…でも、安心して行けるのは押尾さんだなあ。
でも、両方とも行きたいけどもなあ。
DEPAPEPEは、何かあのー…客層が若そうなので付いて行けるか不安で(笑)。

音楽のネタでもうひとつ。

「コルダ2」が来年出るそうだけれども。
あのー……やっぱり、今回も演奏出来る楽器は限られるんでしょうか。
一つしか駄目なのですか!自分で演奏する楽器は選べないんですか!
ピアノやりたいんスけど!駄目っすか!
2006_11
23
(Thu)22:24

買っちゃった♪

11/13の日記でも書いたのですが、CD買ってしまいました。

ピアノ・ブレイカー(初回限定盤)(DVD付)

あのあと、ちょっとしたところで別の曲を聴く機会があって、これは「もっと聞きたい!」という衝動がわき上がってしまいまして、
通販でDVD付きのものを購入してしまいました。

全曲聞いて、DVDも見て…買って正解!
自分の直感に万歳!です(笑)。

続きを読む »

2006_11
21
(Tue)03:21

BASARA

突然ではありますが、友達からオンラインレンタルサービスにて、「Legend of BASARA」のDVDを借りてもらいました。

LEGEND OF BASARA D-1

全国ネットじゃなかったため、見る機会がなかったもので。
っていうか、当時はまだ私自身は「BASARA」を読んでいなかったんですけどね。改めてしっかり読破したのは最近。
文庫になってからですよ…だって巻数長過ぎるし(苦笑)。

原作はですね、好きなんですよ。
結構世界観とか表現とか過酷っていうか、ハードじゃないですか。女に対しても男に対しても、容赦ない仕打ちを真っ向から描いてて。
でも、大切なところでは少女漫画らしいところもあったり。
そのバランスが絶妙で、大好きなんですよねー。
読み終えた時は読破感ってありましたからね。そういう作品って、読んで良かったーって思える。
面白かったとか、良い話だった、っていう感想とは違うんですよね。
今までそう感じたのは、この「BASARA」と「トーマの心臓」と「BANANA FISH」かな?(最後に大泣きしたのはBANANA FISHだけですが)。

で、アニメをちと見てみたいなあと思ったわけです。店頭では見当たらなかったんですけど、オンラインではあったから。
まず1枚目を見てみました。

……噂に聞いたが、すげえわ声優陣の豪華さが(笑)。
ずらっと挙げただけでも、和彦さん、塩沢さん、速水さん、立木さん、佐々木望さん、石田彰さん、結城さん、伊藤健太郎さん、小杉十郎太さん、玄田さん、石井康嗣さん……。
もったいないじゃないか、このキャスト!今時、全国ネットでさえこんなキャスト揃えられないって!(焦)
ちなみに、揚羽が好きなのですよ、私。

続きを読む »

2006_11
19
(Sun)23:39

修羅場のない月曜日

毎週そんな感じなので、いつも日曜日ってすっきり休めることってないんですよね。
ああ、明日は締切日だなあ、また××の会社がぐずぐずやって、遅くまでかかるんだろうなあ、なんて考えたりすると、休日でものんびり気を休められないのがいつもの状態なのですが。

今回は、23日が祝日なために繰り上げ行程で、土曜日が締め切りだったために月曜日は何もないのです。
すっきりした月曜日!週のはじめからわたわたはしなくないっすよねー。
だから今日の日曜日もすっきり気分。のんびりできました。

で、月1のカラオケに行ったのですがー、またiPodのシャッフル機能を利用しての選曲だったため、すごいのが出るわ出るわ(笑)。
80年代の音楽が出たと思えば、メリージェーンが出て来たり(笑)。松田聖子が出て来たと思えば、レミオロメンが出て来たり…履歴すごいです(笑)。
そういえば、「ほぼ日」のiPodコンテンツで書いてあったけれど、”iPodの曲リストを見られるのが恥ずかしい”という人が結構いるそうな。
……うん、多分私も結構恥ずかしいかもしれない(笑)。
とにかく、好きな曲しかないのは当たり前なんですけど、あまりにジャンルがとりとめのないものばかりなので、親しい人ならともかく、あまり深い付き合いのない人に見せるには「こんな曲聞くんだ」と思われるのが…確かに恥ずかしいっちゃあ恥ずかしいっす(笑)。
プライベートな感じですもんね、曲の趣味って。

06-11-20_00-28.jpg


オイラのiPod mini。お気に入りのブルーです。
買って一ヶ月足らずで、nano発売により生産終了になりましたが(苦笑)。
でも気に入っております。まだまだ使えますよー。ちなみに現在475曲。4GBモデルです。
まだ2GBは容量残ってますから、もっと追加出来まっせ。

続きを読む »

2006_11
17
(Fri)15:01

おそろしい…

何が恐ろしいって、年末年始の行程について。
ガラッと方式が変わるっていうのに、上層部は暢気な状態が続いている…。
作業をするのは私なんですけど!?急に「○を×に変えます」とか言われても困るんですけどっ!?
何かなあ、仕事の密度はどんどん負担が多くなっているのに、多分収入なんか全然変わりそうにないしなあ。
張り合いないよなあ、って、別に今更他の仕事なんて探す気力もないので、惰性でこの仕事やっているような感じですけどもね(苦笑)。
ま、でも長年勤めている会社のツボはわきまえてあるさ。こっちにも手があるさ(フフフ)。

そういうわけで、ストレスたまるので、年末はお台場まで行くことにしましたですよー!
腐女子なイベントに参加してきますですよー(買い物で)。でもって、ストレス発散するために、「ホテル日航東京」のレインボーブリッジ側の部屋をリザーブしちゃったですよー!
無意味なほどにゴージャスな…。気分転換です気分転換よ。
腐女子イベントは久しぶり。何か、読むのも楽しいけれど作る楽しさも懐かしくなってきたなあ。
ふらっと印刷所HPを覗いてみたら、当時ハイレベルだった印刷所が更にプライスダウンしていて驚いた。
こんなに安く出来るんだ…と思ったら、何か作ってみたくなってしまいましたよ(笑)。

イベントに参加するには、やっぱ何冊か作らないとスペースが寂しいので、そこまでやるつもりはないんですが。
でも、これまで期間限定で発表して、それっきりだった作品とかもいくつかあるし。
そういうの集めて一冊くらい作ってもいいかなあ、なんて思ったりもしました。
(あくまで思っただけですけど★)
2006_11
14
(Tue)16:47

ちょっと欲しい

金色のコルダ~primo passo~クラシック・コレクション-第1セレクション編-

ここんとこ、ネオロマ関係のCDは全然買っていなかったのですが、録画していた「コルダ」のCMに出ていた、このCDはちょっと…欲しい気がしないでもないです。
以前「のだめ」のCDブックも買ったりして聞いていたのですけど、元の作品を知っていれば、それだけ曲をすんなり理解出来るメリットってあると思うので、こういうCDって画期的ですよね。
クラシックって、ちょっと取っ付きにくい雰囲気があるから、こういうのがあるとスムーズに聴けるようになるし。

キャラボイスとかは別に求めていないのですが、まあそれは良いとして(笑)。
ただ、仕方が無いけれども、土浦しかピアノ弾く人がいないもんだから、ピアノ曲は…少ないっすね(泣)。
でもまあ、個人的に借りて来て聴いているのは、ほとんどがピアノ曲ばかりなので、他の楽器の演奏曲に触れる良い機会かな。
ホンットにピアノ曲ばかり聴いているため、生誕250年のモーツァルトでさえも、あまり馴染みが無いという現実でございます…(逆にショパンとかベートーヴェンの曲は豊富です)。
2006_11
13
(Mon)12:00

気になる音楽

最近気になっている音楽。

下北沢南口下北沢南口
甲斐名都 皆川真人


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


有線で聴いて、イントロから始まるメロディーの懐かしい雰囲気が耳に残って、ちょっと調べてみたら、甲斐よしひろさんの娘さんだということで。
音楽の英才教育ですね。七光りというと言葉はあまり良い印象にならないけれど、でも私は全く知らないで気に留めたのだから、お父さんの力だけではないハズ。
これから彼女は、ちょっと期待したいところです。


B000IJ7KCOピアノ・ブレイカー(初回限定盤)(DVD付)
Les Freres

ユニバーサルクラシック 2006-11-08
売り上げランキング : 29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちら、兄弟でピアノの連弾演奏をしている二人組。
例えて言うなら、ピアノ版吉田兄弟みたいな感じでしょうか?(笑)。
二人ともルクセンブルグの国立音楽学校への留学有り、という本格派でありつつも、クラシックに捕われない幅広い音が個性的。
お兄さんの繊細な音と、弟さんのリズミカルな音が上手く調和されてるのは、やっぱり兄弟の絆があるからかなー。これからが頼もしい二人です。
2006_11
12
(Sun)20:36

箏演奏会

今日は、箏(お琴)の演奏会に行ってきました。
母方の叔母がお琴のお師匠さまなので、招待を受けて母と鑑賞に出かけてきました。
私は用事があったので、1時間半くらい聞いて退席しましたが、琴線の響きは優雅で良いですねー。
最近は生田流が多いのですが、叔母は山田流なので、演奏しながら謡曲を歌うというのが多く、尺八や三味線が入って、とっても風流(逆に生田流は現代的な演奏が多いので、馴染みやすさがありますよね)。
うちの母も、かつては叔母と一緒に習っていたことがあったので、古くからの知りあいが多く懐かしかったようです。
私はといえば、叔母の教えているお琴教室の子供たちが、「さくらさくら」を演奏していたのが微笑ましかったです。そういや私も、「さくらさくら」だけは弾けるように教えてもらったんだっけなーとか(笑)。
今もうちにはお琴がありますが、全く弾いていませんですね。もう覚えていないかも★。

ピアノは電子ピアノが発達し、ギターやバイオリンでさえも電子楽器が登場して、音をおさえて演奏する細工の施された楽器が増えてきましたが、やっぱり楽器はそのものの音の響きを、生で聞くのが一番いい音。
お琴とかはそういうものがないので、実際に音を出して奏でるしかありません。
家元が最後に「最近はお琴を習う子供も少なくなっていて…」という話をしましたが、最近の住宅事情では大きなお琴を持つのは大変ですからね。
それに、ちょっとした楽器の音でも「うるさい」とか言って、文句を言うような人も多くなってるから……。
花火の音や楽器の音とか、そういう風流なものさえ「うるさい」と思ってしまうなんて、悲しいですよねえ。
音を楽しむ豊かな感情っていうものだけは忘れたくないものです。
2006_11
08
(Wed)09:26

新しいお店

TSUTAYAに返却に行った際、シーズン5の9巻目が1枚残っていたのですが、「12まで出ているのに、9だけ借りるのも心寂しいやんけ」と思い、10~12がすっからかんだったので、何をする事もなく帰ってきました。
ああもう、一気に見せやがれ(苦笑)。がーっと一気見したいぞ!

ところで、昨日映画を見に行った帰りに、美容院に行って来たのですが。
初めてのお店で、カットとカラーリングをしてもらったのですけれど、初めてここで気付いた事があった。
私……ロング料金取られるくらい長かったんですね、髪の毛!
カウンセリングの時に「お客様の長さだと、ロングになりますね」と言われて、驚いた。
自分的には、まだセミロングだと思っていたのです…Webとかでヘアスタイルとか見るときも、セミロングしか見た事なかったんです…そうか、私ってロングだったのか!
新盆前に髪を切ったきりで、結構伸びないなあと思っていたけれど、そうでもなかったんですね。

続きを読む »

2006_11
07
(Tue)18:11

虹の女神

rainbow.jpg


本日、休みをもらって見に行ってきました。

虹の女神~RainbowSong~



原作は桜井亜美さんですが、プロデューサー及び、この企画を立ち上げたのが岩井俊二さんなので、見ないわけにはいかない!ってことで、見てまいりました。

何かねー…良かったですよ。
表現しづらいんですけど、「良かった!!」と大声で叫びたいんじゃなくて、しみじみぽつり、と「良かった」って言いたい映画。うーん、意味不明でしょうか(ニュアンス分かっていただけると嬉しい)。
正直なところ、これまで岩井さんと映画を撮り続けて来た、篠田昇さんが二年前にお亡くなりになっていたので、他の撮影監督で、岩井さんの映像を作る事ができるだろうか…って不安があったのです。
確かに、今までのような感触はないのですけれど、それでもところどころに、あの映像美は残っているし、ラストなんかの夕焼けは、やっぱり岩井さんの映画だ、と感じさせてくれた。良かった…。

続きを読む »

2006_11
04
(Sat)13:10

別に驚くことでもなく

ナビスコカップでジェフが優勝しました。おめでとう。
若手がしっかりと育っている証拠だね。経験に実績が伴えば、自信は自ずと付いて来る。
それがいずれは日本代表の力になるよ。これから期待したいところです。

で、問題はうちのチームだ。

続きを読む »

2006_11
02
(Thu)16:38

コルダ

アニメはずっと見ているんですけども。
すいません、原作っていうかコミックスの方、全然読んでいないんで分かんないんですが……。

公式的には「土浦×日野」推奨なんですか?
いや、まだ今週分まで見ただけなんですけども、何かねー…ちょいと今回を見てて、そんな雰囲気がしただけでありまして。
これ、コミックスに忠実なんでしょーか。なかなか機会がなくて読めないのですが。
まあ別に、だから何だってわけじゃないんですけれど(苦笑)。
いやいや…まあ私もEDを両方クリア出来たのって、土浦のみなので…別に土×日で結構なんですけども★
火原は最初っから日野ちゃんラブ♪な感じですなあ(彼の性格かもしれないけれど)。

OPの曲が好きです。何か、声優さんのボーカルじゃないのが、ちょっと新鮮で。
久々に「コルダ」やろうかなあー。

…「エトワール」は、チャーリーを落とそうとしましたが、最後の最後でどうしても正統派EDが出来ませんでした…。何故…(泣)。
ちゃんと攻略通りにやったのに…。オスカーなんか、攻略見なくたって両方EDあっさりクリア出来たのに(泣)。
なんで告白してくれへんのやー!!
遠慮しなくていいのよ!先輩の守護聖に遠慮しなくたっていいのよ!(苦笑)。
2006_11
01
(Wed)11:25

昨日レンタルしたもの

昨日DVDを返却に行ったところ、レンタル半額セールだったので、またいくつか借りてきました。
しかし、オンラインで在庫チェックをしたにも関わらず、どういうジャンルに置かれているか分からず、その3枚をさんざん探しまくり、結局店員さんに見つけてもらいました。

その1枚は、コレ。
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

丁度昨日はハロウィンだったので(笑)。
っていうか、どちらかというとクリスマスの話なんですがねー★
「ナイトメア~」大好きです♪ディズニー系では「美女と野獣」に並んで好きです。
ホラーチックなのに、みんなキャラが可愛いし。ああ、ランドのホーンテッドマンションに行きたいっすよ。
以前はまだランドとかでも「ナイトメア」が浸透していなかったので、グッズなんて殆どなかったけれども、今はたくさんあるんだろうなあ…。

2枚目は、コレ。
ほしのこえ

新進気鋭のアニメ映像作家、新海誠さんの作品です。
以前にNHKの「トップランナー」で拝見してから、気になっていたので借りてみました。
何がスゴいって…この「ほしのこえ」、殆ど新海さんがお一人で制作したってこと。たった30分程度の小作品なんですけれど、とんでもない出来です…。
確かに個人制作っていうことで、荒い部分もなきにしもあらずだけれど、いやあ…今はPCだけでこんな作品まで作れちゃうんだなあ、という現実をに呆然★
「トップランナー」では、実際に制作方法の一部をスタジオで実践されていたんですが、はあ…使ってるMac、私のMacと同じだよう!同じPCでそんなものが作れちゃうんだ!フルCGアニメが、この機械で制作可能なんだ!とますますびっくりです。(この作品だって、私と同じG4(400MHz)1台で作ってるそうで…。公式サイトでそれぞれの作品の制作環境を見ると…個人で賄える範囲のソフトばっかりなんですよねえ…それでこんな物が作れる…はあ~★)
作品は30分程度だから、逆にまとまっていていい感じの流れでした。メカニック好きな男性ファンから見たら、ちょっと微妙かもしれませんけれど、私としてはストーリーの綴り方は良いなあと思います。
この他に「雲のむこう、約束の場所」という劇場用アニメもありますが、そちらは次の機会に見ようと思います。

そして3枚目のレンタル作品は…内緒です(笑)。
これからの執筆の資料として借りたものなので…。果たしてちゃんと、活かすことが出来るだろーかー★