2007_04
27
(Fri)00:40

実は…

発売してしばらく経ちましたが、こんなニュースが。
かなり評判良いみたいですね。
ええ、もちろん私も発売日に買ったクチですが…実はまだ開封していなかったりして★
やろうと思っているんですが、GW前で忙しくて大変で…。
布団に入って始めたら、きっと明け方まで眠れなくなりそうですし、これはGWにどっぷりハマるのがいいかな!と思っております。

その際は、やっぱアレですかねー。せっかくもらったんだから(予約もしてないのに)、オドロキヘッドフォン、ちゃんと使った方が良いっすかね(笑)。
2007_04
26
(Thu)03:36

久々に

DSCN0640.jpg


料理なんか、作ってみました。
にんじん、こんにゃく、しいたけ、ごぼうと、大豆の水煮を炊いたモノ。
いわゆる煮物、ですかね。
ネットで見かけたレシピだと、炊飯器を使うみたいでしたが、うちでは圧力鍋で少し薄味に仕立ててみました。
ヘルシーでも栄養はしっかり摂れるので、こういうのを常備食にしておくと良いですよね。

とは言っても…普通、お菓子とかの写真ならかわいげがあるものの、やっぱこーいうのじゃ地味さが増しますねえ…
まあ、お菓子作るのも好きなんですけどねえ…
2007_04
24
(Tue)17:31

おっかしいなあ…

私、このDVDを既に予約してあるんですよ。
B000MQ51XS虹の女神 Rainbow Song
市原隼人 熊澤尚人 上野樹里
アミューズソフトエンタテインメント 2007-04-27

by G-Tools


で、書いてある通りに発売日は4/27なわけで、当然私の手元には届いていないわけですよ。
しかしですね、先日TSUTAYAに行ったんですけれども、何気なく見ていた新作DVDの棚に、何故か既にこれが置いてありましてですね。
思わず
うち、まだ届いてないやん!!と焦ったわけです。

でも、やっぱ発売日は4/27だし、それなら届いてないの当然だし。

……結局、レンタルの方が早かったみたいですね。あ、そうなんですか…。
4/20に、先にレンタルを開始してたみたいです…そーですか、そーなんですか。
無駄に焦っちまったじゃないですか。
明後日、ちゃんと届くのを待っております……。
2007_04
24
(Tue)02:45

レイトン教授と不思議な町

レイトン教授と不思議な町(特典無し)

さんざん過去にも書いていましたが、クリアしましたー!
………一応。

一応、というのは、クリアしたあとも、まだ解けていないナゾや、見つけていないナゾとかがあったりして、それによって追加おまけとかが、増えて行くのです。
なので、ストーリー的にはおしまいですけれども、まだまだお楽しみは終わらない!
こりゃ楽しい!飽きない!

で、率直なゲームの感想。

続きを読む »

2007_04
20
(Fri)15:51

行こうと思っているのですが

まだはっきりした日時は決められず…。
久々に、見てみたいなと思った洋画。

■ブラッド・ダイヤモンド
ディカプリオには特別な執着はなかったんですが(なので「タイタニック」も見ていないワタシ)、これはちょっと見てみたい気がします。
こーいうシリアスドラマが好き…。結構評判も良いみたいなので、近いうちに時間を作って見に行くつもりです。

それと、コレ。
■クイーン
ダイアナ妃の死の際の、イギリス王室での裏事情みたいな。その時のエリザベス女王のこととか、そーいう黒いお話。こういう、リアルか推測かわかんないような話も好き…。
実際、真実なんて本人しか知らないことですから(本人が何を口にしても、嘘ついてりゃ真実じゃないし)、真実はあってないようなものってことで、ひとつの映画として興味津々です。

あと、さっき映画館の上映スケジュールを調べていて見つけた、コレ。
■秒速5センチメートル
アニメーションですけどね。4/28~5/18まで、3週間だけ地元で上映するみたいです。
以前、ここでも書いた、新海誠さんの新作。
CGと3Dと女の子とメカと宇宙と…そんな世界観なのに、すごく切なくて優しいストーリーを描かれるのですよね。
なんか、5/3には舞台挨拶とサイン会もあるそうで!珍しい…こんな田舎で…(笑)。
でも、ギャラリーってやっぱり男性が多いのかなー……どーなのかしら…。
男性ばっかりだと、ちと見に行きにくいかなあ…
2007_04
18
(Wed)13:10

予約しておいたので

とりあえず全部在庫あるだけ、見てみました。

金色のコルダ~primo passo~1〈完全生産限定版〉 金色のコルダ~primo passo~2 金色のコルダ~primo passo~3

全部、TVで見た話ばっかりでしたよ

一ヶ月8枚までレンタルの予定が、既見のもの3枚で消えてしまっただ(泣)。
うーむ、一体どこからTVで見るのを放棄したんだっけ…?と記憶が曖昧。
多分年末くらいだったと思うんですけどね(特番とかの時間のズレが原因だったから)。
2007_04
17
(Tue)01:54

困っちゃいました

「レイトン教授」が楽しすぎる。

あまりに楽しすぎて、こないだの「トップランナー」をすっかり忘れていた私(←ダメでしょう、それは)。
ついつい、謎解きハマッちゃうんですよね。やめられなくなっちゃう。
おかげで「逆転裁判4」に着手できないー★

そういえば、久々に「蟲師」のアニメを見ています。
テレビ放送時に録画していたものをDVDに焼いてあるので、それをもう一度見ています。
もう、何回見たかなあ…。
映画でも何でも、くりかえしくりかえし見ることって、あまりないのですけれども、この作品は何回でも見たくなります。
ここ数年で、最高レベルのアニメです。ある意味原作を超えていて、原作に敬意を表している作品です。
2007_04
16
(Mon)13:43

Simple is Best



知っている人は知っている、長崎の陶器メーカー「白山陶器」の、しょうゆさしがずっと欲しくて探していたんですが、意外と近くにあるセレクトショップで扱っていると知り、先日買ってきました。
小さいのが1155円で、大きいのが1260円なので、だったら…ってことで大きいのを二つ。
お醤油入れと、ウスターソースを入れるために買いました(ポン酢でも良いかな…私がよく使うので)。

40年以上前に発売されて、1961年にグッドデザイン賞を受賞し、1977年グッドデザイン賞ロングライフ賞を受賞。今見てもこのデザイン、全然古さを感じないのが凄いと思います。
なんてことのない、シンプルなフォルムです。真っ白な陶磁製。
でも、そのシンプルさが本当に美しいなーって思わせるデザインだと思います。
シンプルだからこそ、どんな環境にあっても違和感を感じさせない。
和室でも、洋室でも、アジアンな雰囲気でも、都会的な部屋でも、その空気に馴染んで邪魔にならず、なのにとってもスタイリッシュ。
余計なものをそぎ落として、シンプルを追求したようなデザインですよね。
元々、日本の文化って西洋のデコラティブな感じではなくて、減らして行くという感覚がありますから、それを思うととっても日本的なデザインなのかもしれないです。
だけど、こういうものが、センスがいいっていうんだろうなあ…としみじみ思う代物です。

それでいて、機能性もある。ふたのてっぺんに穴が開いてて、そこを押さえたりずらしたりすると、注ぎ具合が調節できたり、止めたり出来るそうです。
デザイナーの森正洋さんは、この他にもたくさんの陶器デザインをされていて、その作品すべてがホントにシンプルで、洗練されていて美しいのです。
でも、お値段はそんなにびっくりするわけでもなく、あくまでも庶民の陶器。
だからこそ使いやすくて機能的なものが、ホントにたくさんあります。
「無印良品」のボーンチャイナシリーズも、森さんとのコラボシリーズなので、その商品を思い出すとイメージが掴めると思います。

このしょうゆさしは、白以外にも色があるんですけれど、敢えてやっぱり白をオススメ。
白ならどんなところでも似合いますしね。
ウェッジウッドのカップ&ソーサーも持ってますし、Afternoon-Teaのティーセットも持っているんですが、何だかこのシリーズを揃えたくなってきました…。
シンプルって、やっぱり良いな。

リビング兼用のダイニングテーブルなどに置くなら、こういうのもすっきりしててオシャレでいいなー。見た目も綺麗で何となくオシャレ。
木のトレイがまた、ナチュラルでいい感じですねー。

2007_04
15
(Sun)05:37

野村万作抄15

今年もまた、春の狂言の鑑賞をして参りました。
何だか今回はやたらにチケットの売れ行きが早くて、初めてB席2000円なんて安い席にならざるを得なかったのですが、3Fとはいえどそれは舞台専用の円形ホール。3Fの一列目で、見下ろせば舞台が真正面に見える位置。
ちょっと高くて怖いけれども、鑑賞するには全く文句のない見やすい席でした。
ホントにこういうところが、いいなあ芸術館…。

さて、今回の演目は「隠狸」と「六人僧」というお話。
最初の「隠狸」は、主人に隠れて狸を捕って市場に売りに行っている太郎冠者を、白状させてやろうという主人との掛け合いが面白く、大笑いできるお話。
後半の「六人僧」は、「百人坊主」という落語の元になった作品で、騙されて仲間に髪を剃られてしまった男の、いたずらを兼ねた仕返し話。男3人、妻3人の6人と言う大人数で演じます。
狂言らしい面白さもありつつ、謡や舞も入ったり、場面展開が多かったりという内容なので、少し難しめかもしれませんが、それでも充分楽しめる面白い作品でした。こちらはあまり演じる機会のないものらしいので、見られて良かったです。

公演の最初に役者さんから作品などの解説があるのですが(←前説みたいなもんです)、何人かのお話を聞いていますが、やっぱりいつも「野村万作抄」で解説をして下さる、石田幸雄さんの解説が一番いいな。堅苦しくなくて、フレンドリーで面白くて分かりやすくて。
で、今回石田さんが「今日はじめて狂言を生で見られる方はいらっしゃいますか?」と尋ねたら、結構いるんですねー。
ふと、そういえばもう私もこれで6度目の鑑賞なんだな、と思い返しました。
2004年に能と狂言を見てから、その後は毎年春と秋の二回。最初に見た演目は、定番の「附子」。
幸いこれまでに、演目のダブりはありません(同じ会場で同じ和泉流or野村家だから、もしかすると重ならないように調節しているのかもしれませんが)。
テレビで録画して見る狂言も、まだ演目の重なりはないかな。流派の違いで重なることはありますけれど、また流派が違うと言い回しとかも違うので、それはそれで楽しいのでOK。
演目はまだまだたくさんありますから、これからもいろんな作品を見られたらいいなー。

それにしても…こうしてあちこちでの公演を続けながら、主催の公演やったり、演出の舞台をやったり、どこまで多忙なんだ…萬斎さんて
2007_04
14
(Sat)12:36

更新情報にも書きましたが

ただいまのワタクシの傍らソフト陳列~!

まず、一番のワタクシの心意気が入っているソフトはコレ(笑)。
ちなみに、発売日に店頭に買いに行っただけなのに、ヘッドフォンもらっちゃいました。
しかも定価で。
B000BQYJGO逆転裁判4(通常版) 特典 オドロキヘッドフォン付き
カプコン 2007-04-12

by G-Tools

そしてコチラ。うちのドラマCDはこの特典とは内容違いますが。
B000HDLV0Iときめきメモリアル Girl's Side 1st Love 特典 「Amazon.co.jpオリジナルストーリー入り ドラマCD」&「メッセージカード」付き
コナミデジタルエンタテインメント 2007-03-15

by G-Tools

でもって、勢いで購入してしまったコチラ。
B000N3PKEKレイトン教授と不思議な町(特典無し)
レベルファイブ 2007-02-15

by G-Tools


完璧なほど関連性の無いバラバラジャンルですね!!

続きを読む »

2007_04
13
(Fri)02:58

買っちまいました

DSCN0627.jpg


昨日、出勤したら社長より↑を頂きましたです。
毎年お花をもらっていたんですけれど、今年からはケーキだそうですー
ケーキというか、タルトですね、いちごのタルトをホールで♪
めいっぱい大きないちごがどっさり乗っかって、さらにブルーベリーやラズベリーも乗っかって、ウママママー!です


で、それとは関係ありませんが、結局買いましたよ…これ。

DSCN0632.jpg


予約も何にもしなかったんですが、ヘッドフォンもらっちまいました(笑)。
amazonでさえ、すでに特典終了してるってのに、無欲なのにもらってすいません。
いや、もちろんくれるっていうのでもらいますけど!

まだ封は切っていません。取り敢えずDS/GSをどうにかしようと思ってまして、さっきまで王子と付き合っていたんですがー、駄目だった。
うーん、イベントはほぼクリアしたんだけれども、好き以上の好感度にもなってたけど、まあいろいろと違いもあるんでしょうね。
これから少しずつ攻略して行こうと思います。

あ、上の写真にもう一枚、ソフト写ってますね。
はい、ついでに買ってしまいましたよ、「レイトン教授」も(笑)。
しばらくDSソフトには不自由しないなあ~。
2007_04
12
(Thu)10:34

昨日のこと

誕生日だったのですが、運良く休みをずらして頂いたので、一日中のんびりしてました。
長いおつきあいをしているお友達からプレゼントを頂いたり、久々に岩盤浴に行ったりして終始のほほーんと、サイト模様替えの最終チェックをしてました(今週中になんとかします)。

で、「大人の常識力トレーニング」のお姉さんと「川島教授」におめでとうを言われ、久々にいじったのみんなにもおめでとうを言われ、プレゼントをもらいました(笑)。

しかし、何よりも驚いたのは…勢い余ってついにこの日に封を切って、プレイしたとたんに
に「ハッピーバースデー」を言われたことです(笑)。

続きを読む »

2007_04
09
(Mon)23:43

あーあ…

明日は有休のはずだったんですが…流れました…。
あーあ。一ヶ月前から決まってたのになあ。別に用事というものはないんですけれども、〆切終わったあとですし、次の日はお休みだーって思ってたから、気分的に疲労が倍増です。

でも、ですね。
居ない時に面倒なことが起こると嫌なんで。でもって、他の制作スタッフに任せて、ごたごたさせるのも申し訳ないし(←彼だって自分の仕事で大変だし)。
他人を巻き込むくらいだったら、もう休みいらないっすよ…という感じでございます。
ええ、あとでゴタゴタするくらいなら、休みなくて結構です、と本気で思っている春日さんでございます。
ってことで、明日は通常出勤するよ……はあ……

あまりに暇だったら、途中でバックレて岩盤浴とマッサージ行っちゃおうかしら(笑)。
どーもここんとこ、左肩と首がじんじんしてて辛くって仕方ないっす(泣)。
2007_04
05
(Thu)01:14

大停電の夜に

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)

ひっきりなしにDVD三昧をしている、最近の私でございますけれども、今回見たのはコチラの作品です。
上映当時、何となく見てみたいなあ~ってくらいだったのですが、今回予約リストに入っていた作品の中で、回ってきた2枚のうちの1枚だったのです(あと一枚は…ちょっと微妙だったのでリストアップなしよ)。

何かこう…いいわ。大人のファンタジーって感じがして、ほわーっとしてきます。
クリスマスに大停電に襲われた東京で、個々の場所で起こる人々のお話を、オムニバスのように、それでいて最後にみんなが一つにつながっていくのです。
昔、「大失恋。」って映画があったんですけれど、知っている方います?あんな雰囲気もあるけれども、みんな過去の恋に戸惑いを抱き続けている人たちだから、年齢層は高いのです。だから、とても落ち着いた雰囲気なんですよね。
大停電の夜に、ふと偶然巡り会った他人同士が恋の話をしながら交流を作る。それが男女であっても、そこで恋に落ちるわけじゃなくて、お互いに昔話を共有しているというのが、何かほんわかして良いなあ…。
映像もすごくファンタジックできれいだし、とっても雰囲気のいい映画でした…何か、これもクリスマスに見てみたい、そんな映画だなあ。

バーのマスターである豊川さんと、向かいのキャンドルショップの店員の田畑智子ちゃんの関係がねえ…すっごく良いんですよー、可愛いのです
多分彼女は、豊川さんにほのかな気持ちがあるような気がするんですけど、ラストが二人はハッピーエンドってわけじゃなくて。女の子と大人の男性だけど、男性の方は昔の恋をふっきれなくて、それをおせっかいする女の子の関係がほほえましくて可愛い~

何か…友雅さんとあかねちゃんもこんな感じかもなあ、とかね。そんなこと、ちょっと思っちゃいましたよ(笑)。
2007_04
03
(Tue)00:35

桜日和




うーん、夜桜撮影ってムズカシイです…。どうしても、ライトアップの照明とホワイトバランスが上手く噛み合ないので、ぱきっとあの桜色が写りません…しくしく
写真はうちの会社の近所の桜トンネル…というか桜通り。数キロに渡って桜並木が続いて、今の時期は夜になるとあちこちのお店が桜をライトアップして、そりゃあ綺麗です。
この通りを帰宅する際に、のんびりと車を走らせます。
BGMは、もちろんMYプレイリストで作成した「桜ソング集」
今夜はコブクロの『桜」と中島美嘉の「桜色舞う頃」、そしてやっぱりスキマスイッチの「桜夜風」は外せません~。まさに、ここの通りが”桜通り"という名なので。
締め切りあとで苛ついて疲れている気持ちも、何だか癒されますよ~。

昨日はまさに桜日和だったのですが、夕方からはまたまた天気はどんよりしてきて、今日になったらすっきりしない曇り空。
そういえばお寺で植木を売っているおじさんがいて、しばらく眺めていました。
植木とか盆栽とか……。蜜柑だったりサツキだったり、シャクナゲだったりコデマリだったり。
ふと、思いました。

盆栽が欲しい…。

いや…あのですね、うちの庭には梅と杏と柿と紅葉とコデマリと椿と…いろいろあるんですけれど、桜ってないんですよ。
やっぱりね、春に桜っていうのは日本の風景じゃないですか。その景色がないのって寂しいなあ…と思ったんですが。
でも、うちの庭はこれだけの木々が植えられているんで、地植えってのは厳しい。
だったら…やはり盆栽ではないか!と。
小さな桜を盆栽で育てるっていうもの、なかなか良いんじゃないかなーとか思ったりして。
何か、小さな鉢なのにそこにひとつの景色が出来ているようで、盆栽って良いなあとか思うようになったんですが、お、おっさん(おばはん)くさいですかっ!?
2007_04
01
(Sun)18:34

今年の桜も

良い感じに満開です。



in 六地蔵寺(水戸)。
うちのお墓のあるお寺の枝垂れ桜は、樹齢170年の大木ですが、こんな感じで春になると満開の花を咲かせます。
本数は25本程度しかない、お寺の桜の木ではありますが、それでも毎年この時期は一面が桜色に染まり、そして桜の花びらが雪のように舞い降ります。
いつも、お墓参りがてらにお花見

DSCN0584.jpg

DSCN0618.jpg

DSCN0610.jpg

DSCN0607.jpg

DSCN0603.jpg