2010_10
30
(Sat)21:45

ナッちゃん

それは、突然の訃報でした。
Twitterを覗いていたところ、小林Pが石野竜三さんのツイートをRTしていて。
その中で、初めて知りました。
声優である野沢那智さんが、今日の午後3時半頃、肺がんのために亡くなられたと。

一瞬、呆然としました。
信じられませんでした。
信じたくありませんでした。
もうこの世にいないなんて…信じたくありませんでした。
でも、残念ながらそれは真実で。
もう…ナッちゃんは天国に旅立ってしまいました。

考えるたび、それを確認するたび、涙が滲んできて仕方ありませんでした。
今でも、すぐにナッちゃんの声がちゃんと浮かんでくるのに。
それなのに、もういないなんて。
こうしてそれを思い返すだけでも、目が潤んできます。
それほど、私の中で重要な位置に存在していた人でした。
70歳を超えてもあの軽快な口調は変わらなくて、聞くたびに「ああナッちゃんの声だ」と懐かしくなったものです。

今やマルチな女優さんである戸田恵子さん。
彼女も最初は、ナッちゃんが設立していた「劇団薔薇座」の女優さんでした。
その他にも玄田さん、石塚さん、難波さん、そして…今は亡き鈴置さんも、ナッちゃんの劇団で頑張っておられた方です。
ナッちゃん自身だけではなく、たくさんのつながりも私に教えてくれました。

映画、アニメ、そしてDJやナレーション。
いつまでもどこかで、ナッちゃんの声は聞けるのだと思っていたのが…突然ここで途切れてしまった。
病気も何度かされているし、煙草も大好きだったから、どこかでいつも体調のことは気掛かりではありましたけれど…それでもあまりに、突然過ぎる訃報でした。
まだ私の手元には、PSPのクライシス・コアがあります。
宝条がしゃべれば、ナッちゃんの声が聞けます。
キングダムハーツも、起動すればナッちゃんの声が聞こえる。
だけど…今はその勇気がない。
聞いてしまったら、もうその場で泣き崩れてしまうことが分かる。
それくらい、今は辛い。

2000年の春に塩沢さんが急逝された時。
あの時もしばらくの間、塩沢さんの声を聞くことが出来ませんでした。
聞いてしまえば、また"もう塩沢さんはいない"ということを、思い出さなきゃいけないから。
その辛さに耐えられそうもなくて、一年ほどアンジェの何もかもに触れることが出来ませんでした。
ようやく5年くらい過ぎて、現実を受け止められるようになったくらいです。
今回も、そんな感じになりそう…。
うん、ナッちゃんはそれくらい大切な人だった。

出来ることは、やっぱりご冥福をお祈りすることしかない。
もちろん祈っているけれど、祈るたび胸がしめつけられる。
まだ、この現実を穏やかに受け止めることは無理そう。
でも…それでも、本当に…安らかにお眠り下さい。
心の中で、ありったけの献花を捧げます。

※心からの親しみを込めて、「野沢さん」じゃなく「ナッちゃん」と呼ばせて頂きます。
これからもずっと、私にとってはナッちゃんです。
2010_10
28
(Thu)23:40

魂が抜けています

まあ、仕事のことなんですけれどねー…。
今日締切だったんですけど、ホントに今回も厳しかった…。
午後7時半が入稿だというのに、5時になっても原稿の直しの連続で、最終のまとめが出来ず。
結局1時間もオーバーして終わりました。

何て言うかですね、お客さん→営業さん→ワタシという流れで原稿がやって来るんですけど、どーもお客さんと営業さんが理解しあえていないっていうか。
だから、「○○のように」と言われたのでそうしてみると、どうも営業さんの説明だと○○とは思えないデザイン要望になっていて。
そういうわけで、何度も何度も手直しになっちゃうですよね。
おかげで大変な手間と時間が掛かってしまって。

あとは、いつものことで面倒なお客さんがいて…。
実は入稿し終えたっていうのに、明日の朝ちょっと直しがあります。
もうー、自分のお店のことなのに、何でロゴを用意出来ないかなー!
同じフォントが揃っているわけじゃないので、何とか上手く似たように作ったものの、dの○の位置がもっと上だとか、Kの斜め棒がもう少し長いとか。
うるさいわーっ!名刺でも用意しとけー!
…と言いたいけど言いませんけどね(笑)。だからストレスたまりますけど。

いや、今回は本当にストレスっていうよりも…魂が抜けました★
ハロウィンまでに、魂もどって来られるかしら~。
誰か呼び戻してくれないかしら~(笑)。
2010_10
27
(Wed)11:45

どーしよーかなー

昨日もゲームのことで悩んでいたんですけど、今日もまた悩んでいます。
来年の春に、コレが出るらしいんですよねー。

VitaminXtoZ

XとZの組み合わせらしいんですが、実はワタシZをプレイしたことなくって。
あまり興味をそそられなかったんですけどー、どうしようかな。
中古とかで安くなってたら、やっても良いかなーとか思ってたりします。
ええ…単にXのB6&T6を見たいから、ってのが理由なんですけど(笑)。
だから、どうせ買うならZの知識も有った方が良いかしらーとか考えてたりして。
どんだけ好きなんですか、ビタミン(^^;)。

でも、いくら好きでも創作書こうとか同人やろうとか、そういうのとは違うんですよ。
単に好きなのね、純粋に。
プレイしてツッコンで笑って、そうしているだけで楽しいんです。
素直に好き、なんでしょうね。
GSとかも同じタイプでした。
ネオロマ…とは、そこが微妙に違う感じです。

それにしても、新作が出てもこれまでの作品を、公平に長く可愛がってくれるD3の態度が嬉しいなあ。
人気の差はあるかもしれないけれど、個々の作品を好きな人はたくさんいるわけじゃないですか。
だけど新しいものばかりに力入れすぎないで、一緒に前作の好きな人も楽しめるというのは、作品すべてを愛しんでいるんだなーとユーザーにも伝わって来て、いいなあ(ちょっと某会社に対して嫌味含んでるかな…笑)。
ふふふ、何はともあれ…来年が楽しみ(^^)。

続きを読む »

2010_10
26
(Tue)14:02

気になる…

ついさっき密林でおすすめされている商品を見ていたら、ひとつ気になるゲームを見つけちゃいました…。
ええ、乙女ゲーなんですけどね…ええ(笑)。
公式とかも見てみたら、何か世界観というかキャラクターの立ち位置とか、ストーリー展開とか面白そうで。
どうしようかな~、買ってみようかな~。かなり悩んでいます。
ただ、シリーズものではない完全な新作で、まだ発売もされていないものだから、クチコミとかの評判も皆無なだけに、ちょっとだけ尻込み中。
シリーズものであれば、前後のシリーズの評価を見れば何となく予測は出来るんですけど。
完全にこういう新作の場合は、バクチみたいなものですよね。
アタリハズレは運次第…。
いや、もちろんアタリじゃないと困るんですけどね、ユーザーとしては!

例えば、登場人物のボイスが好きな声優さんだったとか。
キャラデザが好きな絵師さんだったとか。
そういう個人のこだわりがあれば、例えイマイチな出来でも許せる…ところもあるのかもしれませんが、生憎そういうのが私はあまりなくて。
やっぱり自分がプレイして、「面白いじゃん!」って思えるゲームじゃないと、お金を払いたくない。
もちろんゲームの内容も、人それぞれの価値観があるでしょうから「良い」という人もいれば「イマイチ」という人もいるけれども。うーん…。

乙女ゲーもネオロマが誕生した頃から見ると、完全にジャンルとして完成していて、その分ソフトが乱立してますよねえ。いまや無料の携帯ゲームにまで浸透してますもん。
だから…数が多ければ、やっぱり「残念」な出来のソフトもあります。
だから、ハズレがないようにと慎重に品定めしてしまいます。
「遙か3」と「VitaminX」と「GS3」は、クチコミ評価で自分の方向性と合っているな、と分かったのでハズレはなかったんですが、新作はそれがないから難しいですな~。

実際、キャラは可愛い。映像は綺麗。声優さんも超ゴーカ!
でもシステムがイマイチで面白くなかった…ってのを、見て来ていますんで…ええ。
どうしてもそういう経験があるだけに、目が厳しくなってしまいますなあ。

さーて、どうしましょうかねえ、この気になるゲーム。
今のところ、最初に上げたように世界観・キャラ設定・ストーリーに加えて声優陣も完璧なのですが。
まあ…もしも買ったら、プレイレポでもしてみます(笑)。
そういえば友人からもらった「クロアリ」終えてから、どーも気になるところがいくつかあって。
やっぱり「ハトアリ」もやるべきかな~とか思ったり(^^;)。
2010_10
22
(Fri)12:08

ありがとうございました

DSC01407.jpg DSC01410.jpg

先日、参加させていただいた友あかアンソロを、送って頂きました。
既にイベントから一ヶ月近く過ぎていますが、現物を手に取ってみるのは初めてです。
執筆のお話を頂いて、『私なんか参加したら、売れ行き落ちちゃうんじゃないかしら…』と散々思ったものですが(今でも思ってます★)、形になったものを目にすると、何だか感無量ですね。

完成するまでの間、執筆された皆様と何度も茶室に集まって、内容の相談から細かい部分まで、いろいろと話し合いをしました。
でも、結局最後は主催のゆかりさんに、すべてお任せっきりになってしまって…
近場ならお手伝いも出来たのですが、関東と関西じゃ手も貸せず…。
更に、ワードが使えれば清書くらいならお手伝いも出来たのに、リンゴな私にはどうにもならず。
イベントもスケジュール上参加出来ませんでしたし、もう…最初から最後まで役立たずでした★
普段からお忙しい毎日なのに、更にアンソロの作業。
何も出来なかった私の分まで、こなさなければならない状態は、本当に過酷だったのでは…と思います。
もうこればかりは、普通の土下座ではおさまりきれない。
せめてジャンピング土下座くらいしなければ、申し訳ないと思うくらいです

そんなお忙しい中で頑張って頂いたおかげで、とても素敵な本に仕上がっておりました。
一発目にワタシの拙い作品が登場するのが、ちょっとアレではございますが…(笑)。
でも、それはもう扉絵を描いて頂いたともそさんのおかげで、十分見た目だけは良い出来になってます♪(内容は問わないで下さい…)
そして、私の駄文を完全にカバーして下さっている、他の執筆陣の皆様のおかげです

10年近く経って、まさかこうして「遙か1」しかも「友あか」本の一作として、発行される日が来るとは思ってもみませんでしたねえ。
「アンジェ」では数度経験がありますが、「遙か」では後にも先にもありませんでした。
おそらく今後も、個人で「遙か」として同人活動をすることは0に等しいでしょう。
だからこそ、今回のことは本当に良い想い出、良い記念となりました。
すべて、お誘い頂いたゆかりさんのおかげです。ありがとうございます。

私の作品はこの際おいといて(笑)、ゆかりさんをはじめとして、執筆されたみなさまのおかげで出来上がった素敵な友あかアンソロ本です。
年齢制限があるので18才未満の方にはお売り出来ませんが、お手に取って頂く価値はあるものに仕上がっていると思います!
ご興味がありましたら、どうぞよろしくお願い致します。

続きを読む »

2010_10
20
(Wed)14:27

機種変したい

しばらく前から、ずーっと携帯を機種変したいと思っていたら、いつのまにかauの冬~春の新機種ラインナップが公開されてました。

◆au NEW COLLECTION 2010WINTER~2011SPRING

うーん…ずらっとひととおり、春コレまで見たけれど…未だにコレ!というものがありません。
auがどうのってわけじゃなくて、他の会社でもそうなのですけど(いや、auから移るつもりはありませんが)
見た目のデザインが良いなーと思うと、ボタンが押しづらそうだったり。
(でも、iidaのX-RAYのデザインはかなり…気になる)
またはスライドだったり(スライドは一度、携帯が故障した時代替機として借りたのだけど、使い辛くて私はダメだった)
あとは…良いカラーがなかったりして(色にはうるさい)

正直なところ、今使っているコレが一番気に入っているんですよ、デザインも色も。
ただ…古いからいろいろとね、サービスも通用しないものが多くて。
災害速報とかも対象外ですしね。バッテリーの効きも悪くなって来たし。
来年の3月で、もう4年使っていることになるのですから…、かなり年期は入ったなと思います。

でもねえ…。これという機種もなかなかないし。
新しいヤツはバカ高いし。
正直、携帯を分割で5~6万でなんて、買いたくないんですよ…。
だって、ワンセグは家じゃ全然電波受信出来ないし、外で音楽聞きたい時はiPodがあるし、おサイフケータイとかは使いたくないし、そういういらないサービス…外せないかなあ。
そうしたら、かなり本体も安くなりそうなんだけど。
使わないサービスって多いですよね。そういうのが一人一人、オプションでカスタマイズ出来たらシンプルで良いのになあ~と。
まあ、そうは行かないんでしょうけど…。

でもって、なかなかピンと来ない機種ばかりが発表される中、ひとつだけ「これ良いかな~」と思っているのがありますです。
それは、去年の秋冬モデルのSH004
SBの頃からずっとシャープだったので、文字変換機能がいろいろ言われているけれど慣れているし、使い勝手も分かっているし、デザインがシャープですっきりしているところが良いな。
色は3つとも薄い感じだけど、店頭で見たら「ミントブルー」が洗練された綺麗な色なんですよね。
アクオスケータイじゃないけれど、カメラ機能とかも評判良いみたいで。
発売して一年過ぎたし、新しい秋冬モデルも出て2シーズン過ぎたし、本体価格安くなってないかな~。
っていうか、先日母の携帯を作りに行ったときでも、たまったポイントを使えば20000円くらいで機種変出来たんですけどね★
もうちょっと…安くなってないかなあ~(笑)。

2010_10
18
(Mon)13:36

医龍3をやっと見た

昨日の日曜日は地元のお祭りだったんですが、夜はずっと先週録り貯めていた番組とか、レンタルしていたDVDとかをかたっぱしから見てました。
レンタルしていた「さらい屋五葉」も見たんですけど…、どうしてここにもゲストキャラで中井さんが出ているんだ…。
土日でどんだけ私、中井さんのCV聞いてんのよ、アニバサ終わったってのに(笑)。
で、ごめん…実は「サムライチャンプルー」の続きを借りて来たので、更にまた中井さんの声を聞き続ける羽目になっているんだぜ(笑)。

ま、それは良いとして(良いのよ別に、中井さん好きだし)
先週一番帰りが遅かった木曜に放送してた、「医龍3」の第一回も見たわけです。
放送済んじゃってるんで、ばーっとネタバレしつつ思ったことですが。
番組冒頭で、嫌な予感がしました…。
「何だ、この…ERみたいな初回はっ!!!」
雨の中倒れた荒瀬を見て、思わずそんな事を思っちまいました★
嫌だ!あんな…最初からレギュラースタッフを殉職させるような展開は!!
そんなのERだけで充分だよ!!!
…まあ、ラストギリギリまで緊迫してましたが、何とか一命を取り留めてくれて一安心です。
(でも…冒頭で朝田がナレで"こんな形で仲間を失うとは"とか言っていたんで…まだ…不安はあるんですが…)

そいでもって、やはり私は藤吉先生だ好きだ♪と。
いや、基本佐々木蔵之介さんが好きなのですが(←かと言って何でもかんでも作品を見ているわけでもない)
夏木マリさんはカッコイイと。
ムキムキゴリマッチョはちと苦手だが、坂口憲二くらいの引き締まった筋肉質は合格点だと(笑)。
夜の屋上での彼の半裸は、いわゆる視聴者サービスだと思ったのでございます。
で、相変わらず野口はしつこいわねーと。
と言うか…日本の大学病院を腐乱させてぶっつぶしかけ、裏での悪事をさんざん国内で叩かれている男を、国家の医療推進チームに引き抜くなよアメリカ…と思ったりしたわけです★
そりゃまあ医療も綺麗ごとで進められない現状だけども、国内で極悪非道経営をしてた男を、いくらコネがあるって言ってもねえ?
…なんて思ったわけです、単純に。
でも、アメリカから連れて来たエンケンさんはカッコイイからOKです(何でだ)。

しかし、患者としてはやっぱり「信頼出来る医者」ってのが一番であって。
いくら腕があっても、患者と医者との間で信頼が出来なかったら、やっぱり…命を預けたくない。
これは、うちの父が亡くなった時に母も言っていたコト。
今でも「あの先生は大嫌いだ。顔も見たくない」って言う医者がいます。
例え最悪のことになったとしても、信頼出来る先生が懸命に治療してくれたなら感謝出来るけど、信用出来ない先生じゃ納得いかないものね、うん。
残念ながら医者選びは運だから、どうしようもないのだけどねえ…。

と、マジなことを考えながら、もっと現実的なことも見ながら考えていたり。
「いやー、ものすごい早朝ロケしてるな、明真(笑)」。
空が思いっきり明け方の天気ですもの。
で、車の行き来が多いしね、明真の前って。すぐ隣にホームセンターなんか出来ちゃったし(笑)。
でもって、建物と周囲はそのまんま使っているんだけど、屋上から見える景色が全く違うので笑っちゃいました。
あんな観覧車とか、たくさんのビルのイルミネーションとか、全然ないし!
ちょっと足伸ばせば田んぼが多いし(笑)。
やたら身近なロケ地だと、いろいろ現実との違いが分かって…笑える★
2010_10
16
(Sat)13:39

ハガレン

昨日は更に遅い帰宅だったのですが、寝る前にDISCASから届いていた、ハガレンのDVDを見ました。
えーと、11巻めだったかな?
しばらくDr.HOUSEを優先していたので、続きが回って来なくて。
おかげで…10巻はどんな終わり方だったのか、ど忘れしておりました

ハガレンを見始めたのは、本当に最近になってからのこと。
多分去年だったかな?
第一期のアニメをDVDで一気に見たのが始まりです。
原作も読みたいとは思っていたんですけれど、既に巻数が進んでいたし、終わりが近いと聞いていたので、「だったら完結してから一気に読もう」と思い、まだ手つかずのまま。
つまり、アニメしか見ていないのですが★

第一期と第二期で、結構メインキャストさん変更されてるんですよね。
個人的にはー、マスタングは第一期の大川さん派なのですけど、まあ三木さんもさすがに慣れました。
他にも「アレッ?」と思うところもありますけど、それなりに楽しく見ております。
でも、全く原作も分からないまま見ていますし。
せいぜい、第一期のストーリーでなぞることはできていますが、ほぼ白紙状態です。
だから、今後どうなっていくか全然見えて来ないんですけど(笑)。
出来れば続けて、12巻も早くまわってくるといいなー。

というわけで、昨日はハガレンを見終えたので、今夜はさらい屋五葉の三巻を見ます。
アニメばっかですか(笑)。
さらい屋五葉って、サムライチャンプルーを作ったマングローブの制作なんですよね。
そういえばBASARA無印のOPムービーも、マングローブだったんだよなー。
小林Pがサムライチャンプルーが好きだったんで、ムービーを頼んだらしいのだけど、良かったんだけどな。
一度、マングローブ作のアニバサを見てみたい…。

……ハガレンとタイトルを打っていながら、ラストはBASARAの話になってるって、どういうことだ(笑)。
あ、そういやハガレンにも中井さん出てたんだっけね(マイルズ)。
テガミバチにも出てたっけね(ジギー・ペッパー)。
BASARA終わっても、延々中井さんとの付き合い続いてるね(笑)。
ああ、実はBS朝日で土曜23:30からやってる「STYLE BOOK」って番組も、割と面白いんだぜ(←中井さんナレ)。
で、今度は何故中井さんの話になってるんだ?(笑)。
2010_10
15
(Fri)11:25

多忙は一気にやって来る

昨日と一昨日、2日続けて戸締まりをする役目になっています。
…まあ、つまり残業で1人取り残されているということなのですけれど。
そういえば先月も、同じ時期にこういうことが続いた時がありました。
何で毎回毎回、ドタバタするんでしょうねえ…。

普通に予定通り原稿が届いていて、それらを普通にこなしている最中で、突然「これ早急に!お昼までに!」とか、朝から飛び込んでくる原稿が多発。
そうなると、急ぐものを最優先しなきゃいけないから、最初に進めていた原稿をストップして、そちらに着手しなきゃいけない。
それが終わって、「さ、元の仕事に戻ろう」と考えていると、また他から「これ急ぎ!」とか言われて、いつまでたっても途中の原稿に戻れない★
しばらくすると、最初に急ぎで作っていた原稿校正が入って来たり。
折角早めに始めた原稿も、どんどん遅くなってしまう。
でも、締切は待ってくれないから、全部こなさないと…しょうがないわけで。
となると、やっぱ遅くまで時間を掛けてでも、まとめなきゃどうにもならないわけですよね…。

昨日は「『医龍3』は家でゆっくり見たいわー」と思っていたのが、数時間後には「この際『医龍3』は録画予約しているから、この際11時からの『ER』に間に合えば良い」という妥協(苦笑)。
結局会社の戸締まりをして、放送中であろう明真大附属の前を突っ切って(笑)、帰宅したのは10時45分。
まあ、『ER』には間に合ったけれども…見ながらまたモヤモヤしつつ、さっさと寝ちゃいました。

今日は…どうかな。締切近いので、まず早く帰れることはないだろうなあ。
早く締切終えて、すっきりしたい★
2010_10
14
(Thu)13:32

秋の京都

来月の末に、京都へ行きます。
いつも通りの二泊三日。飛び石連休なので、一日お休みもらって出掛けます。
年に二回も上洛って、はじめてだ…。
そして、秋の京都もはじめてです

……混雑してるんでしょうねえ…。
きっと、どこもかしこもハンパじゃない混雑なんでしょうねえ…。
観光客の少ない冬の京都に慣れた私には、しんどそうな環境かもしれません。
でもねえ、一度くらい色付きの風景を見たい(笑)。
まあ、以前GWに上洛したことがあって、その時期の青々とした新緑の京都も良かったですが、春の桜の時期と並んでやはり秋の京都は…一度体験してみたい。

で、いろいろと散策ルートを調べて、コースを組み立てているんですけど。
南禅寺とか嵐山とか、紅葉の名所はとんでもない混雑なんだろうな。
だからそこらは避けようかと思ったのです、最初は。

でも、せっかく紅葉に染まる秋の京都へ行くのに、一番綺麗なところを見ないのって、どうよ?と。
どうせ混雑はどこも一緒だし。
しょっちゅう行けないのに、わざとそこを外したりしたら、ソレこそ勿体無いんじゃないかなと。
…確かに、そうだよなあ…と、考えなおし、今もいろいろと悩んでいるところ。
例年通り来年の冬も京都に行く予定なので、2ヶ月置きに上洛…ってことになりそうなのですが、その分、今回の秋は無駄を省いて、出来るだけ自然の美しさとかに浸って、メンタル面を浄化させたい気がします。

続きを読む »

2010_10
13
(Wed)19:06

ザックJAPAN第二戦

昨日も忙しくて残業でございまして、日韓戦を家でゆっくり見ることは出来ませんでした
でも、会社に1人で取り残されていたので、この際!と携帯のワンセグを起動して、仕事しながら小さい画面ながら見ていました。
結局、最後まで見てました…(苦笑)。

試合結果は、0-0。
無失点だけど無得点。
結果だけを見た限りでは、何ともいえない出来ですね…。
でも、完全に負けていなかったところだけは、評価したいところです。
特にフィジカル面がね、随分と強くなったなあーと思いました。
前回のアルゼンチン戦での、試合修了間近の前田くんのプレーとか、今回ならやっぱり後半終了近くの、本田くんのシュートとか。
今までだったら、完全に競り負けてボールを奪われてしまったり。
ハードなマークで身体を寄せられたら、その勢いで気圧されてしまったり、というミスがたくさんあったけれど、そういうところが随分改善されたなあと感じましたです。

体力とか体格とかじゃ、日本人はどうしても負けてしまうけれど、それでもボールを離さないっていう意気込みが強ければ強いほど、ボールはキープ出来るものだし。
そういう意味で、メンタル的にもフィジカル的にも、強くなってきたんだなあと。
成長している姿が目に見えると、嬉しいものですよね。
もちろん、得点して勝たなければ、決して合格の試合ではないんだけど…。

しかし、駒野…大丈夫かな…
かなりヤバい倒れ方してたから、もしかしたらと思ったけど、右腕骨折かあ…。
岡崎も肉離れで全治3週間だって?
フィジカルだけじゃどうにもならない怪我や事故もあるからねえ。
とにかく、早く完治してもらいたいなあ。
後にも先にも、二人は代表に不可欠な選手だと思うので。
2010_10
12
(Tue)10:30

カプチーノ

先日狂言を見に行った時のこと。
お舞台が終わって会場を出たあと、「少しゆっくりお茶でもして帰りたいな」と思い、向かい側の百貨店に行きました。
ミュージアムショップで面白そうなアート本を買い、それを読みながらひと休みしたくて。
で、普段から気に入っているカフェに行こうと思ったら、外側のガラス窓から覗ける店内は結構人が多そう。
これじゃゆっくり出来ないかなあ~と諦め、1階下のカフェの方を見ていると…人もまばら。
「初めてだけど行ってみるか」と、そちらに向かいました。

お値段はリーズナブル。ちょっと可愛い感じの、それでいてオープンな明るい雰囲気のカフェ。
でもねえ、何か接客がイマイチ?
私と一緒に、お母さんと娘さんの二人組のお客さんが待っていたのです。
そちらの方が先だったんで、店員さんが彼女たちをお店にご案内して行ったのですけど、そのあと…全然店員さんがやって来ない。
いや、席は結構空いているんですよ。私以外にあとは待っている人いないし。
で、手の空いている店員さんもいるの。なのに、全く声もかけてこないのですよ。
カウンターに入っている店員さんは、否応でも私の姿が見えているのに、手の空いている店員さんに声を掛けるでもなく、ただ知らんぷりで自分の仕事してるだけ。
「1人の客はたいした売上にならないから、適当に接客してりゃいい」ってのかい
なーんかその雰囲気が嫌になって、店に入らずさっさと立ち去っちゃいましたわ。
メニューも外見も見た目は可愛いくて小綺麗なのに、見掛けだけなのね…って感じでガッカリ。
(そんなんだから、他のカフェに比べて空いていたのかも…と母が言ってた。確かに。)

で、気分を取り直して、今度は百貨店の裏にある小さな喫茶店に行ってみました。
ここも初めてのお店だったんですが…これが、かなりヒットのお店~!
コーヒー専門で、小さなテーブルがいくつかと、あとはカウンターだけの…20人も入らないくらいの小さなお店。
表通りの裏手にひっそりとあるんですけど、この小さなこじんまりさが逆に落ち着く~。
BGMはクラシック。ダークブラウンの家具と白い漆喰の壁。
割と若いお兄ちゃんが、1人でやっているお店でした。
お客さんも常連のおじさんとか、割と1人でのんびりお茶に来る人ばかり。
だから、一人カフェも気軽にのんびり出来ます。
店主のお兄ちゃんも良い感じ。

そして何より、ここのカプチーノ!これがもう、美味!
今はもう閉店してしまったけど、昔よく行っていた喫茶店のカプチーノが大好きで、あれと同じ味のものを探して、いろんなお店でカプチーノを頼んだけれど、未だにあれを越えるものどころか、再現できるものに出会ってないのです…(美味しいけれど、何か違うんですよね)。
でも、これは…!ここのカプチーノは…!
確かに、あのカプチーノと比べると、ちょっと足りない部分もあるのですけれども、味は…。
いや、似ているわけじゃないんだけれど、美味いのです!
丁寧に入れているのも分かるし、フォームがすっごいクリーミーで!

コーヒーは美味しいし、隠れ家みたいな小さくてのんびり出来る雰囲気も良いし。
今度また来よう!と心に決めました♪
2010_10
11
(Mon)23:48

萬狂言2010

今日は狂言のお舞台を見に行ってきました。
毎年春と秋、地元で公演がありますが、かれこれ…こんな風に狂言を年に2回見るようになって、もう7年目。
結構長く見ているんだなあ…。
同じ和泉流でも、春と秋とではガラッと雰囲気が変わって、演目もちょっと毛色が違ったりします。
春は本当に狂言らしい、賑やかで楽しい演目が多いのに比べて、秋はしっとりしたものもあったり、狂言らしからぬシリアスな雰囲気のものもあったりと、深みのある演目が多いです。

祝日だったせいもあり、今日の開演は午後1時からと随分早い時間。
そのうち頭の30分は、プレ・パフォーマンス・トーク。
今回は野村万蔵さんご自身が、いろいろなお話をして下さいました。
いつもより長めの時間があったので、必ず解説して下さる当日の演目についてのお話や、初めて狂言を見られる方への説明。
その他、先日奈良で行われた「平城遷都1300年記念祝典」で、藤原不比等を演じられた時のお話とかも。
また、狂言界の世襲の話から始まり、普段どういった稽古をしているのか…というのを、丁度お手伝いで同行していた長男くんを舞台に上げて、言い回しなどのレッスン風景を再現して下さったりしました。
ただし、「覚えてしまっているものをやっても、面白くありませんから」と、全く長男くんが聞いたこともない演目の節を、アドリブでやったものだから長男くんも大変なことに(^_^;)。
狂言の言い回しは独特ですからね、お父さんの節を繰り返しなぞっても、台本を見るわけじゃないし、まさに耳コピなのです。だから、大変。
かな~り緊張して、何度も突っ掛かって苦笑いしていましたが、それもまた微笑ましい光景♪
秋の狂言は、いつも子役が登場する演目が多いのです。
今回演目は大人だけでしたけれど、こういう形での登場も更に舞台を和やかにさせてくれて、良いですね。

続きを読む »

2010_10
08
(Fri)23:27

ザックJAPAN初陣

岡田JAPANが終幕し、早数ヶ月。
今日のアルゼンチン戦から、いよいよザッケローニ=ザックJAPANの船出です。
相手に不足はない!
というか、相手のプレーにも興味津々な初陣でした。

で、仕事があったのでキックオフには間に合わず、途中から携帯のワンセグを起動して、車の中で様子を見ながら帰宅途中でした。
岡崎ーーーーッ!!やったじゃないの!!
個人的にW杯から、岡崎を大プッシュしておりますので、ホントにここぞってところで決めてくれるな~。
しかも相手は、未だに日本が勝ったことのないアルゼンチンだぞ!
怪我で本調子じゃないにしても、メッシがいるチームだというのに!

後半になって、ちょっと攻められるペースが出てきたけれども、そういう時に憲剛は流れを変えてくれる。
W杯パラグアイ戦でも、彼が入って流れが変わったし、良い空気を作ってくれるなあ。
本田くんも森本くんも、最後まで引かずに攻める意欲がぐんぐん伝わってきたし。
香川は向こうに行ってから、どんどん強さが安定してきて、見ていて信頼できる。
後半ラスト近くの、前田くんが一人で長距離持ちこんだ時は、目を奪われましたな!
よくまあ、あの距離を一人で!
しかも後ろからカットしてくる選手を交わして、シュートまでよく持ちこんだものだ。

結果、初陣は1-0で勝利!
怪我していてもあの調子なんだから、本調子のメッシがいたらさぞかしオソロシイことになったかもしれないけれど、とにかく日本が初めてアルゼンチンに勝ったということで、新しい歴史が出来たわけで!
本当にね、最近の代表は面白い試合をしてくれる。
勝敗も大切ではあるけれど、やっぱり見ている方がゾクッとするくらいのゲームは、見ていて楽しいものです。
これからもそんな試合が見られるように、新しい4年後を目指してもらいたいもんですなっ!

ところで、ハーフタイムの解説で、久し振りにレオを見たよ~!
相変わらずイケメンだわな(*^_^*)。
どうやらカシマにもわざわざ顔を出したみたいよ…。
まったく、いつまでたっても何て律儀なの、もう
後光が差す笑顔を見たのは、後にも先にもレオだけだよ、私(←昔クラブハウスで会った)。
あと、通訳の鈴木さんもお久し振りでした♪
うちのチームでずーっと通訳されていて、そのあともずーっとジーコの通訳をされていたので、レオとともに懐かしいお顔でした(笑)。
って、まあ…TwitterとBlogの方は、時々拝見させて頂いているんですけどvv
2010_10
07
(Thu)23:52

第一話を見た

今日から「ER15」がスタートしたんですよ。
長々と続いていた「ER」も、今回のシーズン15でファイナルなのです。
何のかんのと、シーズン3あたりからずっと見ていたものですから、やっぱ最終シーズンとなると見逃せない!
最後まで見たい!と思っていました…ええ、思ってはいましたよ。
でもですね、前回のラストで何だか思いっきりテンション下がりまして。
「何だよ、このオチはよう」って感じで、せっかくの最終シーズンへの盛り上がりが、ドーンと低下してしまったのでした。
だけどね…やっぱ最後だし。
取り敢えず見ないと…ってことで、見ました。

第一話からレギュラーが一人いなくなりましたよ。
事故に巻き込まれて重傷を負って、そのまま悪化して…
あーもう、こういう展開が最近多すぎるから、「ER」への入れこみが薄まってるんですよね。
昔の刑事ドラマで、刑事が殉職するみたいじゃないですかー☆
死ぬわけじゃなくても、致命的な怪我を負って退職するとか…。
そんなゴタゴタモヤモヤばかりで、うんざりしてたんですよ、もう~。
それがまさか、第一回目でやられるとはっ!

最近は自分の好きなドクターが、最後まで生き延びてくれるかを祈ってたりしますよ(笑)。
プラットがいなくなった今、個人的に期待出来るのはモリスだけだ…。
正直、あまり楽しく見ていないんですが、これまでのレギュラーが顔を出すとかいうので、それにつられて、最後まで見てしまいそうですが…。

でも、来週から木曜は大忙しなのでした。
11時から「ER15」で、後半から「コサキン」がかぶって(笑)。
その「ER」の前には「医龍3」が始まるんですよねえ。
木曜の夜は、医療ドラマ連続2時間(^_^;)
2010_10
06
(Wed)14:12

お気に入り番組

相変わらず地デジな話題なのでございますが。
デジタルになってから、いろいろなBSチャンネルも見られるようになりましてね。
WOWOWとスターチャンネルは、既に無料お試し期間が過ぎて視聴出来なくなっちゃいましたけど、それでもいろいろと見るものがあります。

まずー、BS朝日の「どうでしょうクラシック」ね(笑)。
ほら、うちの地元は放送出来ない偏屈な場所だから、BSでどうでしょう見られるのは貴重♪
(↑そのくせDVD予約率は高いんだよね…以前藤やんがびっくらしてたくらいだ)
既にDVDで持っているものもあるけど、それでもつい見てしまう…。
どうでしょうバカというのは、そんなものです

それと、同じくBS朝日の「コサキンDEラジオ!」(笑)。
当初こんな番組やってるって知らなくて、見つけた時はもう…即録画予約ですよ
長い期間コサキンリスナーだった私ですから、チェックしないわけにゃいきませんわ~!
ラジオよりはセーブ効いてるけど(あれでも)、毎週「くだらね~!」って泣いて笑えるのってステキvvv
いやー、週に一度のこの番組、癒されますね(え)。

バラエティの他にも、毎週見ている番組がいくつか。
その中でも気に入ってる1つが、BS-hとBS2で放送している「猫のしっぽカエルの手」。
イギリス人のベニシアさんが、京都・大原で始めたエコライフを紹介する番組。
何かねえ、ベニシアさんの生活のすべてが理想?
春夏秋冬の季節に沿った、手作りの日常っていうのかなー。
こういう生活が出来たら、きっと気持ち良いだろうな~と毎回思いますです。

そしてもうひとつのお気に入りが、BSフジで放送している「京のいっぴん物語」。
実はこの番組、京都に行った時によく見ていたんですよ。
残念ながら本放送は、今年の3月に終わってしまったみたいですけれど、見られなかった分をBSで改めて見られるのは嬉しいです♪
実は来月の末に、初めて秋の京都へ出掛ける予定なので、今からいろいろ下調べ中。
こういう番組も参考になります♪