2011_04
30
(Sat)12:07

と、東北復興支援ですっ!

昨日は久々にケーキを食べていたのですが、実はとある和菓子を先日通販で頼んでありましてね…。
それも昨日届いたんですよ。
何を頼んだかと言いますと、まあ…東北復興支援をしよう!と思いまして。
そうなれば、東北で売っているものを買おう!というわけでね…。
ずんだ餅を買ったわけですよ。しかも、コレ↓
110429_1915~01

…いや、どうせならと思いまして…(←苦しい言い訳)。
冷凍保存も出来るよ、って書いてあったから…「じゃあいっそ主従セットを…」ってんで…。
すいませんね、相変わらずこんなヤツです(笑)。
中は普通の枝豆のずんだと、黒ごま餅とつぶあん餅がハーフで入ってるセットです。
取り敢えず小十郎の方を先に食しようと思い、筆頭は今…新しい冷蔵庫のフリーザーの中でお休みになっております…(笑)
110429_1915~02
ああ、そういえば袋の中開けたらば、ステッカーがおまけで入ってたよ…(^^;)。
ありがとうございます…嬉しいわ、かなり(笑)

そうそう、実は温麺なんかも買ったのですよ。母が好きだというので。
温麺ってね、白石の名産なのよ…宮城の。
白石っていうとね、小十郎の土地なのよ…。
で、いろいろ探して買った温麺がこれだ。
110429_1856~01
どーんとパッケージに「片倉小十郎の白石城」とな(笑)。
そして中を開けてみますとね……
110429_1855~01
…ちょっと笑いました(笑)。
でも、温麺はいろいろ用途もあって美味しいのです!
汁物と一緒に暖かくして食べても良いし、そうめんや冷や麦みたいに、冷たいつゆで食べても良いし。
中に入ってたレシピによれば、コーンクリームスープに入れて、スープパスタみたいにしても美味しいみたい。よし、どんどん食べて東北の経済復興に協力しようと思います!
ええ、個人的な萌えの勢いも加えて!(笑)
2011_04
29
(Fri)23:06

久々スイーツ♪

今日は父の命日だったんですよ。
4/29は祝日なので、カレンダー通りの休みである私は、いつも必ずお墓参りに行けるので有り難いです。
…って、命日なのに祝日とか、有り難いっていう言葉も変ですけど(笑)。
でもまあ、ちゃんと命日にお墓へ行けるだけでもね、良いと思います。
毎年、夕飯は父の好きだったお店に出前を頼んで、オムライスを食べます~。
昔ながらのオムライス。ふわとろじゃなくて、デミグラスソースじゃなくて、チキンライスに薄焼きたまごにケチャップが乗っかっているヤツ。
おしゃれなオムライスも好きですが、やっぱりこの洋食!って感じの味が大好きですわ♪
ええ、私はヒヨコさんとニワトリさんのためにも、ちゃんとオムライスを美味しく頂きますよ!
そうじゃないと可哀想ですからねっ♪(分かる人には分かるネタ…笑)。
とはいえ、肉はあまり好きじゃないですが(爆)。

で、父はチョコレートも好きだったので、ケーキなんかも買って来ちゃいましたよ。
110429_1858~010001
真ん中のはオーガニックショコラを使ったケーキで、すっごい濃厚でした。
左はマンゴームース。母が好きなので。
私は右のフロマージュ。
foodpic1142772.jpg
低脂肪フレッシュチーズとレモンクリームで、さわやかだけどコクもありました♪
ここのお店は昔からよく気に入って通ってたお店で、しばらく行っていなかったんですけど、やっぱり好きだなあ~。甘さ控えめなんですけどね、全体的に。でも味はすごくしっかりしてる。
普段御用達しているところはちょっと甘めなので、それはそれで美味しいんですけども。
うーむ、久々にケーキを食べました♪
2011_04
23
(Sat)01:04

2011年の桜

すっかりこちらでは桜も散ってしまいましたが、今年も綺麗に咲いた桜を見に行ったので、写真を通じて春のお裾分け~。

DSCN1254.jpg DSCN1269.jpg
お花見に行ったのは、4月10日。
ちょっと早いかなあと思っていたのですが、桜は一週間でも遅れると散り始めちゃいますからね。
お天気もよかったので、お墓参りも兼ねてお寺に行って来ました。
咲き具合は思っていたよりもいい感じ♪
こんな震災に遭ったというのに、今年も相変わらず綺麗に咲いていた桜に心がほっこりしました♪
DSCN1252.jpg DSCN1251.jpg
毎年思うのだけど、こんな風にしだれ桜の下から青空を見上げるアングルが、私は好きなようで…。
いつもこんな感じで、ばしばし何枚も撮ってる(笑)。
青空に桜の花が、雪のように浮かんで見えるのが良いんですよね♪
DSCN1274.jpg DSCN1279.jpg

ホントに綺麗に咲いてました。
でもね…毎年こんな風に桜が綺麗に咲く時期は、ここは駐車場が満車になるんです。
たくさんのお花見客がやって来て、5枚目のしだれ桜の前ではみんな記念写真を撮ってる。
だけど今年はお客さんもちらほら。
こんな風にしだれ桜の前もガラガラで、人もほとんど並んでないなんて…見たことないです。
屋台とかも普段なら出て賑やかなのに、それもない。
ひっそりしている寂し気な客足だったけれど、それでも綺麗に咲いてた桜が愛おしい…。

ここからふっと右手に目をやれば、墓地が広がってて。
そちらはもう…散々。あちこちの墓石は崩れて倒れて、灯籠やブロックの囲いはぼろぼろに砕けて。
墓石がほとんど倒れているから、見晴らしが良いったら…(苦笑)。
うちのお墓は奇跡的に墓石も位置がズレた程度で、あとは古い灯籠が壊れてましたけど、まあ無事な方でした。
石材店の人たちがひっきりなしに工事してましたが、全部直るのはいつになるやら…。

来年こそは、また賑やかな中で桜を愛でたいものですねえ。
2011_04
20
(Wed)00:18

上を向いて歩こう

あの震災が起こったあと、テレビのCMはかなり自粛されてしまって、ほとんどがACにすり替わってしまってました。
でも半月くらい経ってからかな。
企業はそれぞれに、売り込みっていう意味ではないCMを作って、流し始めましたよね。
いろいろなパターンのCMがありますが、最近評判が高まっているのが、サントリーのCMなんだそーです。

◆上を向いて歩こう/見上げてごらん夜の星を

同社の商品のCMに出演していた芸能人を中心に、71人の方がノーギャラでワンフレーズずつ、バトンリレーしながら唄って行くやつです。誰でも一度は見たことあると思いますが。
この原曲を歌ってらしたのは、坂本九さんという方です。
早くして事故で亡くなられてしまったため(82年の日航航空機事故)、最近の方は坂本九さんを知らないかもしれませんが、昭和を代表する国民的なタレントさんだったのですよ。
そして、この「上を向いて歩こう」という曲は、1961年に日本で発売されてヒットした後、63年にはアメリカのビルボードチャートで3週連続、キャッシュボックスチャートで4週連続の第一位を続け、翌年64年には外国人で初めての全米ゴールドディスクを受賞したという、ものすごい名曲なのです。
この歌を知っている外国人の方は、たくさんいらっしゃるし。
今でも日本はもちろん、世界各国でカヴァーしているミュージシャンはたくさんいます。

こうして今は、サントリーのCMが流れているおかげで、今回の震災復興のテーマソングのようになっていますが、不思議とですね、これが流れる前からラジオでこの曲を聴くことが多かったんです。
リクエストで掛かる時もあれば、番組で独自に掛かった時もある。
リクエストのコメントにあるのは、みんな「上を向いて歩こう」を聞いて心が癒された、ということ。
それは、投稿者のご両親であったり、またはご本人であったり。
年齢は様々で、お年を召した方もいれば、若い方もたくさんいるのですよね。
みんな自然とこの曲を、求めていたのかもしれません。
だから、サントリーのCMでこの曲が選ばれたのも、必然だったのかも。

で、改めて聞いてみてもね、本当に良い曲なんです、どちらの歌も。
メロディーも歌詞を聞いていても、静かだけれど、優しくて。でも悲しくはないのね。
聞いていると、本当に小さくてささやかな良いことでも、とても幸せなことに思えてくるというか。
そんな、気持ちのゆとりとかを与えてくれるような、不朽の名作なんだなーって。
だから何度リバイバルしても、いつ聞いても、誰がカヴァーしても、この曲は衰えない。
ずうっと時代を超えて、日本に息づいている歌なんだなあと感じます。
この震災で傷ついた人は、たくさんの年代の方がいる。
でも、その全世代の耳に届いてくれる曲は、なかなかないんじゃないかなあ。

先にも書きましたが、たくさんの方がカヴァーして、今まで歌い継がれて来ました。
私はiPodを3台持っていますが、全部に誰かのカヴァーが一曲は入っています。

○見上げてごらん夜の星を/槇原敬之
○見上げてごらん夜の星を/押尾コータロー(インスト)
○上を向いて歩こう/スターダスト・レビュー
○SUKIYAKI/4PM
いつも入っているのは、この4曲かな?

この中で、最後の4PMだけは海外のグループです。
初めて聞いたのはいつ、どこだったかさえ分からないんですけど、彼らのカヴァーを聞いて「これは良い!」と思って、即CDを購入したんです(日本盤がまだ未発売だったので、わざわざ輸入盤を買ったのだ)
彼らは4人で結成されているR&Bのアカペラグループ。
彼らの「SUKIYAKI/上を向いて歩こう」は、今まで聞いた中で一番好きですね!
すごく丁寧に歌ってくれていて、全体通して優しくて透き通った、聞き心地の良いカヴァーなんです。
文句なしのオススメです♪
2011_04
17
(Sun)22:26

アイタタタタ…(><)

かなりの痛手を受けてしまいました。
とは言っても、別に身体に関することでも精神的なことでもなくて。
出費です、出費!
しかも結構な高額……。
いやー…冷蔵庫が壊れましてね。

まあ、怪しい状況は数年前からあったことはあったんです。
ドアのパッキングが悪くなったり、急に中が冷えなくなってしまったり。
今回も、この「中が冷えない」という状況でした。
これ、同じことで数回修理受けているんですよね。
だったらもっと早く買い直せって感じなんですけど、やっぱほら…冷蔵庫って高いし?
どうせなら去年買えばエコポイントが…だったんですが、去年は地デジテレビとBRレコーダーで精一杯で。
そういうわけでだましだまし使ってはいたんですけど、また同じことが昨日起こりまして。

「もうそろそろ潮時じゃないのかね」と、母と話しまして。
買い替えなくてはならないだろうな、とね。もう10年以上使っていますから、かなり使い込んではいると思いますし。
高い買い物だけど、仕方が無いか…。
いや待てよ。
今、この地震が落ち着かない毎日の中で、そんな高いものを買って大丈夫なのか?
もうしばらく様子見して、取り敢えずまた修理を頼んで今はやり過ごした方が良いんじゃないか…と。
またそんな迷いを考えていたわけなんですけどもね。
しかし、まあ家電やらPCやら、そんなことを悩んでいたらいつまで経っても買えないわけで(笑)。
地震だっていつまで待てば良いのかも分からないしねー。
ってことで、母と電気屋に行ったのでございます。

しかし、それにしても。
困ったことにうちのキッチンの冷蔵庫幅が狭くてですね。
今の冷蔵庫って主流が巾60cmなんですけど、今まで使ってたのが58cmなんですよ。
60cmの巾を作れないわけじゃないんですが…出来れば今のスペースにぴったり入れたい。
けど、なかなかないんですわね、これが。
お値段がアレだったり、逆に容量の小さい冷蔵庫だったり。
いくら母と二人だとしても、それなりにねえ…容量は欲しいですからねえ。

で、お値段やら機能やら色々品定めをして、結局これを買う事になりました。
SANYOの4ドア冷蔵庫です。

これ、ちょっと今までのよりも背が低いんですよ。
私も母も背は高くないので、今までより楽そうだったのと(笑)、製氷が自動じゃないんですわ。
製氷皿に水を入れて氷を作るタイプのもの。
今までは自動で氷が作れるシステムだったんですけど、あれってフィルターを掃除したりとか、結構手入れも面倒で…。
それと、夏場にジュースとかを凍らせてシャーベットとか作りたいんですけど、自動だとそれも出来ないし。
逆にこっちの手動の方が良いなって思って、決め手にもなりました。
一番下じゃなく真ん中にフリーザーがあるのも良いし、そのフリーザーがふたつなのも良い。
いろいろ冷凍して保存したいものとか、ありますしねー夏場は。
全体的に、母も私も納得した機能の冷蔵庫に出会えました。

唯一欲をいえば、カラーバリエがシルバーのみってことくらいかなー。
数年前にリフォームをした時、アイボリーと白木系のキッチンにコーディネートしたので、今まで白やパイン材とかに統一していたんですけど、いきなりここだけモダンなカラーだわ(笑)。
うん、まあ嫌いじゃないですけどね、個人的には。
でも、真っ白もまた浮きすぎててね~…って、ホントに色にこだわりがある五月蝿いワタシ(笑)。

納品は今週土曜。
それまでは何とか、クーラーボックスに氷や保冷剤をぶちこんで、何とかその場しのぎです(^^;)。
ああ~、それまでに家の中も片付けないと!
まだまだ地震にかこつけて、片付いてないところが多くて大変だ!

そうそう…実は母が「ついでだから」ということで、同時に洗濯機も買っちゃったんですよ…。
洗濯機については、また次の機会に(笑)。
2011_04
16
(Sat)00:48

復興の狼煙

昨日だったかな、Twitterをいじっていた時、トレンドキーワードで気になるものを見つけ、あちこちのTLを見て回りました。

このイケメンに、ときめいてしまいました(笑)
私、それほど面食いではないんですが(いやマジで)、このイケメンには心奪われますな♪
隣で寄り添うツレが羨ましいです

…って、そのネタじゃなくて(笑)。
もうひとつ、気になったキーワードがあっていろいろ見ていたんですが、何かもう会社だというのに涙が出て来てしまった。
それは、岩手の方が作ったポスターの画像でした。
どんな方が作っているのか、まったく分かりませんけれど、おそらく広告やデザイン、写真などを生業にしている方々であろうと思います。
けど、一切外には彼らの素性は明かされてません。

そこにあるのは、ポスターだけ。
被災した岩手県釜石の、傷ついた景色を背景に地元の方々が写っていて、シンプルなキャッチと短いコメントが記されているだけのもの。
これがね…もう、何と言うか。
見て頂けると分かるんですが、力強いんです。
確かに背景は津波や地震の傷跡が残る瓦礫で、それだけを見ていたら悲惨な印象しかない。
でも、そこにいる人たちには、生きる力がみなぎっているのね。

「前よりいい町にしてやる」って。

彼らの顔から、その言葉が本当に伝わってくるんです。
そして、彼らが本当にその未来のために、歩き出しているのを感じてくるんです。
ものすごく強い力。
シンプルな言葉と写真だけで、こんなにも訴えるものがある。
何度見ても、胸にずんと来て涙が出てしまう。
そして、間違いなく私の住むところよりも酷い被害にあったであろう釜石の人たちに、すごい勇気とパワーをもらった気がしました。

素敵だな…うん。
確かにまだまだ、いろんなことで困っていたり悲しんでいたりと、復興に向けて立ち上がれない方々はたくさんいると思います。
それでも、ほんの少人数であっても、こんな気持ちで歩き出す人たちがいる。
悲観的なことばかり、考えていてはダメなんだよね、と気付かされる。
ダメでしょう、支援する方が狼狽えていては。
がんばらないといけないのは、支援していく私たちの方。
私も被災地に住んでいるけれども、こうして普通の生活が戻りつつある。
やらなきゃいけないことが、それぞれにあるんですよね。
うれしー(嬉野D)がよく言うように、「各自の持ち場で各自のやるべきコトをやる」
被災地であっても、被災地じゃなくても。
自分が出来ることをやっていくことが、一番大切なことなのですよね。
それはきっと自分のためにもなるし、人のためにもなる。国の復興にもつながる。間違いなく。

正直、政治家にはこの国を任せてられないので(情けないケド)、自分の持ち場で頑張って行きましょう。
そうすればきっと「前よりいい国になる」と思います。
うん、がんばろう。
釜石のみなさんに続いて、私たちも。

「復興の狼煙」ポスタープロジェクト
2011_04
14
(Thu)02:11

一ヶ月後のこと

またまた時間が過ぎてしまいました。
何だか、あっというまに日が経ってしまいますね。
あの地震から一ヶ月。少しずつ余震も治まって来て、さあこれからは復興に向けて立ち上がらなきゃ。
あちこちでそんな風に、忙しさが戻りつつあった4月11日。
2時46分に黙祷を捧げ、午後5時も過ぎて定時が近くなったため、仕事を片付けようと思ったその時でした。
震度6弱の余震。
余震という規模じゃないですよね、震度6弱ですもの。
定時前でしたが、社長に「帰った方が良いから」と勧められ、5時半頃に帰宅の途へ。
空は真っ暗でどんよりした雲。
「一ヶ月前と同じような空だ…」と感じました。
大きな揺れが来た3月11日の夕方の空と似てる、と直感で感じました。
(母の知人がその日「空がちょっと変な感じだったんだよ」と言ってたらしいですが、地震雲なんでしょうかね)

帰り道、ガソリンが半分を切っていたのでスタンドに立ち寄ると、結構混雑してて。
ああ、前回のガソリン問題がまだ記憶に新しいから、今のうちに入れておこうと思ったんでしょうねえ、みんな。
ガソリンを入れて道路に向かうと、そこから雨、風が強くなって、しかもゴロゴロと雷鳴。
ラジオでは津波警報が出た、と。大洗方面は避難命令が出ていると。
走っている途中にも、緊急地震速報がけたたましく鳴り出す。車は小刻みに揺れている。
その後帰宅しても、震度3~4が一時間に何度も起こり、8時過ぎにまた震度5弱の余震が。
その夜は県内には津波警報の他に、大雨、洪水、強風、津波、雷、波浪警報に加えて、霜注意報というオンパレード。

母が出勤前に「誕生日なんだから、ケーキでも買って来たら?」と言っていたのですが、そんな余裕はありませんでした。
一刻も早く帰りたい。もしお店に立ち寄って、そこでまた地震が来たら…と考えてしまい、そんなものどうでも良くて、まず家に帰らねばと。
家に帰って、幸い友人が誕生日プレゼントにケーキを贈って下さったので、それを美味しく頂いて。
あとはせいぜい、ピザを取って食べたくらいですか。
まあそれくらいで良かったんですけど…でも、気持ちはずっと落ち着かなかったです。
夜になっても寝られない。ずっとこわばっていて。
最悪の誕生日でした。
ただでさえあれから一ヶ月ということで、しんみりすることの多かった日なのに…ここでまたその恐ろしさを思い出させるなんて。

サイトの更新情報にも書いたのですが、当日は本当にちょっと気持ち的に辛くなってしまって。
気丈にいようと、しっかりしなくちゃと思い続けて、自分でもそれほど気弱な人間じゃないと思っていたのですが、珍しくかなり追いつめられてしまいました。
一ヶ月前と、本当に同じ状態なんですよ…。
空のおかしな様子もそうですが、あの日も歯医者があるので早めに帰ろうと、帰宅の用意をしていた時で。
今回もそうです。定時が近かったので、帰る用意を考えていたときでした。

続きを読む »

2011_04
05
(Tue)01:01

春ですね

早いもので、あれから一ヶ月が過ぎようとしています。
少しずつでも立ち上がって、また歩き出そうと頑張っている方々のパワーには、見ているこちらにも勇気をくれますね。
でも、まだまだいろんなことがあって落ち着かない被災地や被災者も数多く…。
穏やかな日常が戻るまでは、長期戦となることは誰もが既に理解してはいると思いますが、それが少しでも短く、早くなってくれるに越した事はありませんね。

そんな風に思っているうちに、気付けばもう4月。
ああ、4月ですよ…。新しい風が吹く清々しく晴れ晴れとした季節ではありますが、まあ個人的にはいろいろと複雑な時期でもありますねえ(笑)。
ま、そんなことはおいといて
ともかく、少しずつ暖かな日が増えて来たり、すっきりと綺麗な青空が広がったり…。
やっぱり春がもうここまで来たんだな、って感じます。
うちの庭もそんな兆しがあちこちに。
チューリップはどんどん伸びて、つぼみが顔を出し始めました。
バラの枝には新しい葉や芽が、ブルーベリーのつぼみは色づき始め、花の季節が近付いているようです。
110319_1117~03 110403_1542~02 110314_1247~02
左のはクロッカス。震災した数日後の写真。あんな状態の中でもこんなに綺麗に咲いてくれました。
真ん中のは、数年前に私が買って来て植えた、ピンク色のユキヤナギ。
小桜模様みたいで、とても可愛いんですよ。普通の白いユキヤナギもありますけど、これも春らしくて良い感じ。
右のは小さめのアネモネ。
実は地震で植木鉢がひっくりかえって、苗も崩れかかっていたんですが、土を足して整えてあげたら…ちゃんと咲きました。植物って強い!
そういえば、私が育てていた観葉植物も殆どひっくり返されましたが、割となんとか持ち直しています。
ただし、一番大きく元気に育っていた「幸福の木」がイマイチ元気がないかなー。
枯れる感じではないのですが、根ごと放り出されていたから…。
名前が名前なので、なんとかして元気にしてあげたいもんですが。

うちの母が育てていた多肉植物も、ほとんどがダメに。
でも、唯一この子だけは何とか生き延びたようです。何て言う種類なんだろう?
ちょっと面白い形をしてますけど、割と元気そうです。
110405_0025~01

小さい頃から何かを植えて育てたりするのが大好きで。
こういう時だからこそ、そういうものに触れたい気分になるのですよね。
特に何の理由もないのだけれど、安いから…ってこんな風に花を買って飾ってみたりね。
やっぱり花が一輪でもそこにあると、心が和むんですよ。
それが例え造花であっても、花の形や緑の葉があったら気持ちが安らぎそう。
そういうささやかな癒しの時間が、今は大切なのでしょうね。
110321_1359~01

そういえば、こんな可愛い多肉植物の寄せ植えがあったので、買ってみました。
ひとつしかなくなっちゃったからね。
新しいお仲間を追加です。
110405_0023~01