2011_10
29
(Sat)21:07

ナビスコカップ!

とくに書く事もなくて…とか言っていましたけれど、そうでもなくなりました(笑)。

ナビスコカップ優勝しちゃいました!!
おめでとう!!


今、帰宅してBSの再放送を見ているところ。
後半で10=10になったところです。
イマイチ青木くんのファウルがどういうものだったのか、分かりかねたんですがー。
まあそういう判定なら、仕方ないんですが。

実はそれほど、期待はしてなかったです…(笑)。
決して今期は良い調子とは言えない状態が続いているし、既にリーグ戦じゃ優勝争いから落ちてしまったし。
気持ち良い試合より、何とかかんとか引き分けとか、やっと勝った感じの厳しい試合ばかりだったから、この決勝もどうかなあって思ってました。
でも、勝てて良かった!

常勝、常勝というけれど、そんな簡単に勝っているわけじゃないです。
単独4度目のタイトルとか言うと、とても強豪に思われるかもしれませんけど、そんな楽な環境でここまで来たわけじゃないです。
3月11日のあの日、チームは静岡に移動中震災に遭って、試合中止を受けて千葉に引き返し、そこから6時間半もかけて鹿島に戻って来たんです。
普通なら1時間もかからない距離の千葉に、6時間以上も掛けて。
クラブハウスも震災の被害を受け、あるいは被災者の給水場所になったりと、しばらく練習さえ出来ない状況だった。
ホームスタジアムも被害を修復するのに、数ヶ月掛かった。
故郷が岩手のオガサ、嫁さんはしかも陸前高田出身。
チームのことを考えながら、それと同時に車に水や食糧やらを詰め込んで被災地の故郷に度々帰ったり。
そんな数ヶ月を費やした環境で、戦ってました。

google Mapの航空写真を見ると分かると思いますが、今でもあちこち屋根には青いシートが掛かってます。
まだ修復さえ進まないところが、山ほどあります。
そんな被害の大きかった地域で頑張ってた彼らが、こうしてまたタイトルを手に出来た。
きっと今までよりも大きな意味のある優勝なんじゃないかなと思いますですよ。

リーグは無理でも、天皇杯はこれからだ。
さて、こちらはどこまで行くかな。
いやいや、この力でもうひとつタイトル取るつもりで、頑張ってほしいなと思います。
2011_10
29
(Sat)13:52

nano

また随分とこちらを放置しておりましたがー…、まあ公私共にドタバタしながらも、特に書くようなこともない毎日だったんですが(笑)。
気がついたら、1ヶ月近く放置してるしΣ(゚д゚;)
CMが入っちゃうのはちょっとアレだと思い…、むくりと起き上がって来ました

そういえば、今日と明日は横浜のお祭りでしたね。
私の周りは殆どネオロマイベントに参加される方ばかりなので、この時期とても孤独です(苦笑)。
いや…行ったことないんですよねー、イベント。
最初のネオロマイベントから知ってはいますが、内容を聞いている限りだと…何となく自分とはちょっと毛色が違うイベントのような気がして…(もー、ジャンルだけじゃなく、こういうところまでアウトローすぎなワタシ)
だから、この時期に皆さんの楽しそうなTLのやりとり見ていると、交流が弾んで羨ましい気もします。
イベントに参加しない人は、交流とか全然広がらなさそうな感じも…。
まあ…こればっかりは仕方ないですねえ、好みなので。
それに、キャラソンも歌えませんもの!(笑)。
それに、私には全国に優しい友あかスキーな読者様がいますから、寂しくなんてありませんわ♪
(いやコレは本音

と、ちょいと空しげアウトローのぼやきを書いても仕方ないのでー(^^;)、何か変わったネタはないか…。
そうそう!つい昨日なんですけど、iPod nanoを買いました!!
新しいやつです!ジョブズが亡くなる前日に発表されたnano。
とは言っても、姿形は去年出たものと全く変わりませんけど(笑)。

実はちょっと前から、nanoが欲しいなあと思ってたんです。
ええまあ、確かに今年のお正月にtouchを買いましたけどねっ。
バリバリ毎日使ってはいるんですけどー…それとは別な使い道で、コンパクトなものがもうひとつ欲しかったんです。
その別な使い道とは……
ドラマCDを聞くためのiPod(笑)。
何というマニアックな使い方(@`▽´@)

アンジェとか遙かとか(遙かはそれほど持ってないですが←無印のみなので)、あとはVitaminとか雅恋のショップおまけCDとか。
ああ、ガンパレとかGS1stもあったかな~。割とジャンルは偏ってますが、結構な量があります。
とにかく、アンジェが一番年期入っているので、CDの量が多いですね~。
多分3/4くらいは、揃っているんじゃないでしょうか。
それらをたまに聞きたいと思うんですけど、今までは寝る時にCDウォークマンで聞いていたんですね。
しかし、いちいちディスク換えるのが面倒くさい★
1枚なら良いですが、たまに2枚組だったりするじゃないですか。あとはシリーズものとか。
その時に、続きを聞きたくなるたび、ディスク交換が面倒なんですよね。
何枚もあるとかさばって、ベッド周辺ちらかるし。
で、それらを全部iPodにまとめられたら、ボタンひとつで何でも聞けるなあーと思いまして。
iPodに移してしまえば、CDとかも収納しておけますしね。

Shuffleも持っているんですが、あれは完全にシャッフルというかランダム演奏を楽しむプレーヤーなので、iPodまかせになってしまい、選曲が出来ない。
ドラマ1からドラマ3に飛んじゃ困りますよね、話が繋がらない
じゃ、やっぱりnanoだなあ。
ちょっと新しくなって値段も更に少し下がって、10000円ちょっとで買えちゃう。
次の給料日に買っちゃおう~と決めてたのでした。

が、買うことを決めたとはいえ、更に悩むことがワタクシにはあったのでした。

(以下、明日に引っ張ります←ブログネタがないので
2011_10
06
(Thu)23:46

Thank you

なんかもう…ですねえ、今年は本当に訃報が多い。
しかも、自分にとって結構大きな存在の方が、天に召される運命にある。
ただでさえ大きな震災で、気持ちが↓↓な状態にあるというのに、度々こんな訃報を聞くと…ぽっかり胸に穴が空いてしまう気分です。

今日も、私にとっては大きな存在の人が天に召されました。
私にとってもですが、おそらく世界にとって。
たくさんの人たちにとって、大きな存在だった人です。
大きな影響を与えてくれた人です。

私が始めて自分のPCを持ったのは、もう10年以上前のこと。
最初に購入したのは、Win95のNECバリュースターでした。
10年以上前のマシンだから、スペックはもう貧弱だし、ネットもモデム別売りで接続しなきゃいけないという。
今から思うと信じられないパソコン環境、インターネット環境でした。
でも、それが普通だったんですよ…あの頃は。
仕事に就くためにPCを覚えようと、購入したのですが…実は当時から、Winではないマシンに憧れていました。
当時は絵が主流の趣味でしたので、絵をMacで描くというのが憧れで。
本当はそちらが欲しかったんですけれど、やはり仕事として応用出来るのはWinであって、Macはまだまだ限定された職業しか使えないもの、という感じでした。
だから、それらを使えるというのは本当にプロのクリエーターという印象があり、当たり前のようにイラストレーターさんたちがMacを使うのを、羨望の目で見ていたものです。

しばらくして仕事をいくつか転々としたあと、現在のDTPの仕事に就く事になったのですが。
そこでようやく、Macで仕事をするという環境になりまして。
当時、本当に嬉しかったんですよー。とにかく、Macを使える、Macをいじれるということが嬉しくて。
残業も休日出勤も何のそので、自分じゃ好きに使えないMacから離れられませんでした。
そうやって、操作を覚えて行くのも、とても楽しかったんです。
仕事も慣れて来ると、そろそろ自分でもMacが欲しいと思い始めました。
しかしですね、当時のMacはとんでもなくバカ高!
今はかなりリーズナブルになりましたが、やはり当時は需要が狭いこともあって、Winから比べるとかなりの高価になってしまったもので、やっぱり思い切りがつかなかった。

そのうち、父が脳梗塞で倒れて入院という事件がありまして、残業を出来ない状況に追い込まれたんですね。
その時、「もし家にMacがあれば、ちょっとした仕事なら持ち帰って家でも出来るかも」と思い始めて。
思えばこの父の入院がきっかけとなり、ついに自分だけのMacを購入することになったのでした。
はじめてのMyMacは、PowerMac G3 MT266というマシン。
当時ではかなりのハイスペック、プロ向けのマシンで……お値段もびっくりでした。
モニタ別、ミニタワーのみで40万以上はしましたっけ。
それにモニタを別購入でしたから、なんのかんので全て揃えて50万程かかったかと。
Macはお値段を下げることをしなかったんですが、その分各店舗ではサービスをプラスαしているところが多くて、私が買ったG3も、本体価格は定価でしたが、メモリとHDDの容量を倍、更にMOドライブを組み込んであるというオプションが無料で着いていたので、まあお得ではありましたか…ね。
プリンタやスキャナも購入しましたけれど、これらはお店のポイントで十分賄えたので、そこは0円で。
はじめての、自分だけのMac…。
はじめてのPCバリュースターよりも、思い入れが深いマシンです。

続きを読む »

2011_10
05
(Wed)11:51

探偵はBARにいる

そういえばですね、先週の土曜日がお休みだったんです。
で、10/1だったので、映画が1000円の日だったもので、午前中に狂言のチケットを買いに行ったあと、時間がうまく釣り合ったので、久々に映画を見に行ってきました。
見たのは、コレ。

「探偵はBARにいる」

にょういずみさんと松田龍平くんの映画です。
他にも派手めな映画はやってましたけど、どう考えても私が見るならコレだろう!と(笑)。
いや、どうバカじゃなくても、間違いなく好みなのは他の上映作品よりコレだな、と出演者の顔ぶれやストーリーを見て確信した次第。

でもって、見たのでありますがー。
面白かったですよ!
一応そこそこハードボイルド気取ってるつもりが、どうやっても三枚目が抜けきれていないにょういずみさんのキャラとか(笑)。
龍平くん演じる運転手を兼ねた助手の大学生・高田の、終始ぼーっとした(でも空手師範だから敵を軽くやっつけちゃう)キャラとか。
何より、にょういずみさんが雪に埋められたり、ヤクザに絡まれて逃げ回ってたり、怪我して包帯でぐるぐる巻きになってたりとか、そーいうところがツボでした(笑)。

ストーリー的には、まあそれほどどんでん返しがあるわけじゃなくて、想定内の展開とラストかな。
でも、それがうまい演出とかで面白く仕上がっていて、変にかしこまったりせず、肩肘張らず気楽に最後まで面白く見られた映画でした。
ハードボイルド…という言葉どおり、劇中のアクションはかなりハードなところが多く、PG12指定であるため結構残虐なシーンも多々あります。
だから、バランスが崩れると重くてキツい作品になってしまいそうなんですが、そこらはやっぱり調節が上手いんでしょうね。良い所でコケるシーンや台詞が出て来て、力を抜いてくれるというか。
多分龍平くんのぽけえっとしたボケキャラの存在が、良い味を出してくれたんじゃないかと。
あとまあ、どうバカにとっては、にょういずみさんがカッコつければカッコつけるほど、こっちとしては笑ってしまうとか(笑)。

2時間ちょいの映画でしたけど、面白かったー。
1000円で見たけれど、1000円以上の価値は十分ありました、満足しました♪
既に、第二作目の製作が決定しているらしいですけど、これは続けて見たい。
昔、永瀬正敏がやっていた「濱マイク」みたいに、シリーズ化されていったら良いなー(^^)。
2011_10
02
(Sun)15:31

拍手お返事です>避難所

10/01 20:34の方へ

ご心配頂きましてありがとうございます!
実際水位はちょこちょこ見に行っていたのですが、過去と比べて全然余裕的な感じだったので「ホントに避難が必要なのか?」と思ったりしたんですが、「勧告」が「指示」になってしまったので、さすがに少し不安があり今回はおとなしく避難しました。
結局まったく堤防が決壊するとか浸水などの被害はなかったんですけど、これまでに各地で酷い被害が出ていたので、それを思うと…何事もなかったとはいえ、起きてからでは間に合わないこともありますし、避難して良かったのかなとは思います。
…精神的にかなり疲労しますけれど…(苦笑)。
本当に今年は、自然に対しての人間の無力さを感じさせられます★