2013_01
17
(Thu)23:23

18年目

1月17日。
今日で阪神淡路大震災から18年ですね。
もうすぐ20年。あの時生まれた子が成人するまで、もうすぐです。

今朝「あさイチ」を見ていて、震災当時お母さんのお腹の中にいた、高校三年の女の子が出ていました。
お母さんは何度もその時のことを伝えたけれど、やっぱり彼女にはピンと来なかったそうで。
そうですよね。彼女はまだお母さんのお腹の中。意識なんてない。
自分の身体とお腹の中の彼女を守ったお母さんの苦労は、話で聞いても実感までは得られないでしょうね。
でも、彼女は防災センターでの記録を目にして、初めて災害を身近に感じて防災を学ぶことを決めたそうです。

一年一年と時間が過ぎて、風化していくものがたくさんあって。
忘れてしまって、新しく塗り替えるべきものはあるのだけれど、逆に残して行かねばならないこともあって。
その分け方が難しいですね。
3.11でも、東北の廃墟のようになった震災建築物を、記録として残して行くべきという意見もあれば、辛い想い出だから壊して欲しいという意見もありますし。
思う気持ちは、人それぞれ。
そして、その人々の気持ちこそが、一番大切な復興支援であるのだと思います。

ものを作り直すにも、新しいものを作り出すにも、そこには人の手が必要。
前を向いて歩き出せる人が、一人でも多くありますように。
18年前に震災に遭われた人たちのためにも、ずっと何年たっても続けて行かなければいけない。
それは、絶対に風化してはいけないことだと思います。
そしてそれは、被災者ではない私たちも一緒に、考えて行かなければいけないことですね。
2013_01
15
(Tue)23:24

大雪パニック

yuki.jpg
これ、どこですか…。
会社の目の前です…。

いやー、先日の大雪は大変でしたね!
三連休の最終日、成人の日の14日。
お天気が荒れ模様だとは聞いていましたが、まさかこんな大雪になるとは思わなんだ☆

14日は友人と買い物に出掛けていて、出発した11時頃はまだ雨でした。
お店を見て回って食事してお茶して…午後2時過ぎ頃ですね。
地下駐車場に向かうと、あちこちの車のバンパーに白いものがこんもりと…。
「えええ?もしかして雪、そんなに降ってんの?」
地下なもんで外が見えないものですから、目で確認は出来なかったんですけれども、地上に出てみるとフロントガラスに横殴りのみぞれ。
形になりつつあるみぞれで、でもまだ水分が多かったので溶けやすい感じでした。

自宅に戻るまではそういう状態でしたが、そのあと友人が「トイザらス」に行きたいってんで向かったわけですが、そうしたら…もう大変なことに。
R50号バイパスは渋滞、道路はシャーベット状態、雪は完全に形になって横殴り。
先が雪けむりで曇って見えないような感じになりまして…
「やばい!オイラたち遭難するぞこれは!!」
と危険を感じ、結局途中で諦めてUターンして来てしまいました。

が、自宅方面に行ってみると、やっぱりここらは雪はまったくなし。雨に近いくらいのみぞれ。
うち、駅から一応徒歩圏内の地域なんですけどねえ。
駅の反対側は結構形のある雪が降っていたのに、どうしてここらだけ降ってないんだろう。
結局その後、夕方になって数時間本格的な雪になりましたが、それもわずか2時間程度だったので積もることはなく、次の日の朝はどこにも白い雪はなかったです。
ただし、雨で路面が濡れていたところは凍っているところもあり、恐怖を抱きつつ出勤。

予想していましたが…県庁あたりからまったく車が動かなくなりましたorz。
会社は市内のハズレにあって、割と田舎道が多いんで林や竹薮もあったりして、路面に日が当たらない道が多いんですよね。
そこらを通れば近道なんですが…
怖いでしょうそんなところ走るなんてっ!!!!

なので、出来るだけ大通りの車が通る道を遠回りして、会社に向かおうとしたんですよ。
その方が路面が溶けている可能性大だから。
しかし…そう思っているのは私だけじゃなかった…。みんなそうでしたwww
仕方なく道をはずれて、おそるおそるいつもの近道ルートへ。
でも、またこれがですねえ…会社の前に続くT字路が延々渋滞。左折出来ない☆
ここでまた待たされ、やっと列に入れたと思ったら、また動かない。
あのー、既に目の前に会社が見えているんですけどー。
会社の隣のアパートの前で、5〜6分動かないままだったという★
結局私は15分遅刻。
でも、会社には殆どの社員が到着してませんでしたwww
全員揃ったのは11時近くですねえ。それでも午後まで会社の前は車がつながってました。

一日良いお天気だったので路面は割と乾きましたが、それでも帰り時間にはアイスバーンになっているところもあちこちに。
事故も多発していたようで、ホントにこういうとき関東は雪慣れしていないので、大パニックになりますね。
しばらくは雪模様はなさそうですが、まだまだ雪の影響は広がっているようで、運送関係の方も大変そう。
こどもの頃は雪が珍しくて楽しかったですが、今はもう…勘弁してください★
積もるほどの雪は、どーかひとつ!これっきりにしてもらいたいもんですー。
2013_01
15
(Tue)11:01

拍手お返事です>ナントカは風邪を引かないといいますが

01/12 09:19の方へ

こんにちは〜。あけましておめでとうございますv
今年もWeb&100遙の方でもよろしくお願い致します(笑)。
おかげさまで、風邪は殆ど完治しました。が、油断すると誰でも体調を崩しやすい時期ですしね。
ぶり返さないように今のうちから、生活改善しなきゃ!と思った矢先に連休…となるとまたサイクルが狂い出すダメ人間です★
それにしても…昨日は予想を越える大荒れの天気でした。
やっぱり雪を滅多に体験しない関東は、こういう時に大パニックになっちゃいますね。
しかし、北海道で生まれ育った方さえも驚いてしまう、内地でのマイナス14度( ̄▽ ̄;)。
何だか年々寒さが厳しくなって来る気がしますね…。
まだまだ春には遠い時期ですが、最低気温の記録更新はストップして頂きたいですね★
2013_01
09
(Wed)17:29

ナントカは風邪を引かないといいますが

さて、ミュージアムめぐりの続き…と思いましたが、うっかり風邪をひいてしまったようです。
扁桃腺持ちなんですが、意外と小さい頃から高熱とか出したことはなく、ナントカは風邪引かないという言葉通りに、滅多に風邪はひかなかったんですけれども、ちょっと異常を感じてしまいました。
昨日、朝起きた時から頭痛がひどく、身体もだるい。節々も痛い。
仕事中もしんどくて、食欲もあまりなくて、どうも身体が火照る感じ。
「これはもしや、熱あるかも…」と、さっさと帰宅したらやっぱり微熱。
まあ、微熱くらいだったので、早めに寝たら今日は熱っぽさは全然ありませんでした。
でも、まだ関節とか痛いですねえ。
風邪やインフルエンザはこれからが本番でしょうから、ぶりかえさないように気をつけねば。
どうぞ皆様もお気を付けて!

そんな感じだったので、昨日は普通の食事じゃなくて、さっぱりめのうどんを夕飯に食べました。
薄めの昆布だし醤油のつゆに、ねぎをいっぱい、ホウレン草とたまごとえのき、そしておろししょうがと柚子の皮を刻んで。
風邪のときは、やっぱりネギとしょうがです!
小さいころからうちでは、風邪をひくとねぎとしょうがを入れたお味噌汁を寝る前に飲みます。
これを飲んで一晩寝ると、大概治っちゃうんですよね。
作り方は簡単。煮込んだりしません。
細かく切ったネギとおろししょうがを、お椀の中にいれてかつおぶしとお味噌を入れて、お湯を注ぐだけです。
おろししょうがはチューブのものを常備しておけば、それでOK。
我が家の風邪の特効薬みたいなもんですねv。
普通に飲んでもオイシイですよ〜暖まりますしおすすめですv
2013_01
05
(Sat)17:38

新春ミュージアムめぐり

突然ですが、正月休み最後の昨日、またも上野に行ってきました。
数年かけて耐震工事のため休館していた東洋館が、ようやく工事を終えて1/2よりリニューアルオープンと聞きまして。
それに、毎年お正月の松の内時期には、色々特別なイベントもあるんですよ。
獅子舞や和太鼓やコンサートとか、いけばなや干支にまつわる作品が公開されたり、お正月特別公開の国宝とかもあったりします。
これまでお正月には行ったことなかったんですが、何となくどこにも行かずダラダラ家で過ごしているだけってのもなあ…と思いまして、それなら東博行っちゃおう!と突然決めてしまいました(笑)。

今の時期はさほど目玉な特別展はないので、会場内は人の流れもスムーズ。
ああ、なんてのんびりした雰囲気…♪
常設展のみで入場したのって、久々でしたわ。
本来はこんな感じで、自由にゆっくり見て回れるのが最高なんですがね。

まずは、門をくぐって右手のリニューアル東洋館へ。
正面の本館は常設展、左手奥の平成館は特別展がメインですが、東洋館は中国、ガンダーラ、クメール、アンコール、エジプト等の東洋からインド方面の古美術が展示されているところ。
外観は殆ど変化がないように見えましたが、実はいろいろと手の込んだ作業をされていたみたいです。
例えば壁のタイルとか。
建築時と同じタイルを作れる業者さんがいないので、一からオリジナルのタイルを見本にして、そっくりに作ってもらったとか。
あとは耐震補強工事ですよね。何せ東洋館は、建てられたのが40年以上前ですから。
元々はこの耐震工事がメインで、2年ほど前から閉館してたんですけど、その最中にあの3.11が来ましたでしょ。
本館の方にも被害がありましから、こっちはどうだったのか心配してましたが、耐震工事は全て終わったあとだったので、建物の被害はなかったそうです。
不幸中の幸いでしたねー、良かった良かった(ってことは、少なくとも震度5弱には十分耐えられたんですね)

続きを読む »

2013_01
02
(Wed)05:51

あけましておめでとうございます

えー…既に1月2日なってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。
今年の元旦は、とても良いお天気でした。
まさに快晴!と言ってもいいくらいに雲がなく、青空が広がっていた気持ちの良い天気だったのですがー…年明けてすぐに始まったBSフジの新海誠さん特集を朝まで見てて号泣しっぱなしという新年の幕開け(笑)。
途中ちらっとDlifeのNCISシーズン2を覗いてみたり…と、ああ…年明け早々和彦さんの声がザッピングだww
これで2013年はまたこんな調子なんだろうな、と悟りました(こんなって何ww)

元旦は明け方まで殆ど寝ていなかったので、午後近くになってむくりと起き上がって来たという(汗)。
その後、近所の神社へ初詣に出掛けたのですが、例年に比べて結構な混雑で2時間くらい掛かってしまいました★
おそらく明治神宮や川崎大師とかと比べたら、全然空いているレベルなのでしょうけどね。
やっぱり毎年のことなので、初詣を済ませたら元旦の行事を終えた、という気になりました。

神社でお参りをするときに心に思う願いごとは、ここ数年どこに行っても同じです。
「なにごとも穏やかでありますように」
あれもこれもと願掛けを唱えたら切りがないけれど、どんなことでも穏やかであれば全て上手く行くんじゃないかな?と思うようになりました。
気合いを入れることも大切ですけど、穏やかに保つことも大切なんじゃないかな。
自分の気持ちも、人に対する気持ちも、仕事にしても、もっと大きな国の問題や世界的な規模のことでも、穏やかであれば問題は起こらないような、そんな気がします。
意外にそれが、難しいのでしょうけれどねー。
だから、そうお願いしたくなるのかもしれませんが。

と、新年なので結構真面目なことを書いてしまいました(笑)。
なんてまあ、自分らしくないことをσ( ̄∇ ̄;)
何はともあれ、新しい一年がスタート致しました。
昨年までお世話になった皆様、これまでお付き合い頂いた皆様に、これからも見放されないように、適度にマイペースで2013年も行こうと思います。
どうぞ、今年もよろしくお願い致します。