2013_04
24
(Wed)15:17

野村万作抄20

何なんでしょうか…この、春とは思えない寒さは!!!
昨日は会津で雪だそうですよ。
桜の咲く鶴ヶ城が雪化粧ってまあ、どういうことですかねこれは。
2月下旬位の寒さですって…。おかげで風邪引きましたよ本格的に<(; ̄ ・ ̄)=3
胃腸やられているので、しばらくはやわらか〜なシンプル煮込みうどんとかで栄養を摂ります★
今週末からGWだっていうのに、もう…暖かくなってくださいよホントにねえ。
皆さんもくれぐれもお気を付けて。

そんなこんなで。
先週の事になってしまいますがー、今年も春の狂言を見に行って来ました。
今回は以前にも書いたとおり、1FのK列9番です。脇正面の3列目。
能舞台についてはこちらを参照。
ですが芸術館は正式な能楽堂じゃないので、白州、キザハシはありません。
屋根はもちろん地謡座もありませんし、橋掛かりに1〜3の松が添えられ、本舞台が剥き出しになったシンプルな造りです。
この図で言う白州部分が、舞台と客席の通路的な部分になっているので、多分能楽堂で前の方に座るよりずっと舞台が近いはず。
こういうところは、簡易舞台だからこそのメリットですネv。
脇正面9番は、図で言えば(ウ)の角柱の辺りの3列目です。
完全に真横ではありますが、A席3,000円では全然良いお席ですよね!
S席4,000円の席を確保していたら、あわや2F席に回されるところでしたwww

続きを読む »

2013_04
18
(Thu)11:40

拍手お返事です>見つけました!

04/12 22:33の方へ
「水晶彫」素敵ですよねーv
小花模様もありますが、やっぱりこの桜のような模様がイチオシです♪
波佐見焼工房の方とご主人がお友達とは…!
私が見た猫の湯呑みは違うブランドでしたが、こちらの猫の後ろ姿も可愛いですね〜(≧∇≦)
波佐見焼って有田焼の影に隠れてしまっていますけれど、庶民的で親しみがあって良いなあと思いました。
派手さはないですけれど、日常に溶け込んだ暖かい味わいのある陶器ですよねv

04/13 12:09の方へ
やっぱりこの器には、色つきのドリンクを入れて飲みたいですよねv
同じピンクでも、濃淡で色々な桜模様が楽しめそうです♪
新しい職場でお仕事スタートは、慣れないことも多くて大変ですよね。
お仕事内容がこれまでと違うとなると、また一から覚えることもあったりと日々お忙しいと思います。
是非休日前にでも、一杯楽しんで疲れ癒してくださいねー(´▽`)
2013_04
12
(Fri)01:34

見つけました!

確か去年の春頃だったでしょうかね。
アロマショップに行った帰り、通り過ぎようとした食器コーナーで、国内各地の窯で作られた和食器のセールをやってたんです。
ふと何気なくその前で立ち止まって、ちらっと手に取ったりしていたんですが、その中にひとつ惹かれたものがありまして。
「良いなあ」とお値段を見ると、サイズにしては割と良いお値段(自分的金銭感覚w)。
その時はアロマで散財しちゃったあとだったので、結局スルーして終わったのです。
…が、家に帰っても妙に頭から離れない。
しかし、期間限定のイベントセールだったものですから、お店に行っても既に置いておらず…。
ネットで探せないかな?
いや、問題はその器がどこの窯のもので、どこの産地のものか分からない!
作者の名前でも分かればいいのですが、それさえも不明。
これではどうやって探せば…( ̄Д ̄;)。
仕方ないので、その器の特徴をあれこれ検索しまくると……やっと見つけたのでした!

hanaimg001.jpg
長崎の波佐見焼の窯元「丹心窯」さんの製品で、「水晶彫」という製法で作られたもの。
その中の「水晶花詰」というシリーズのビアカップです。
見てお分かりですよねー。
真っ白な陶器の表面に桜のような花の形がくりぬかれていて、中の飲み物が透けるようになってるんです!
この表面のシンプルな純白といい、光を通す桜の小花模様と良い…もうツボ♪
一応ビアカップなんですが、女性の手に馴染む小ぶりなものなので、普通にコップ代わりにも使えます。

これに、ハーブティーを注いでみます。
hanaimg02.jpeg hanaimg03.jpeg hanaimg05.jpeg
コレですコレ!こういう使い方をしたかったんですwww
注いだ飲み物の色によって、花の色が変わる。
外側から見ると、純白のカップ表面に色の着いた花の模様が浮き上がる。
縁から中を覗くと、飲み物の中に外側の光を取り込んで白い花の模様が浮き上がる。
中と表では違った色合いで目を楽しませてくれる♪
最初お店で見たときは、中の飲み物の色が浮き上がってキレイだろうな〜と思いましたが、内側からもこんな楽しみ方があるとは知りませんでした(≧∇≦)。
他にもぶどう柄や、既に色付きの花模様になっているシリーズもあります。
でも、私はこの透明なシリーズが良いな〜。
飲み物によって色々な花の色になって楽しいじゃないですかv。

ところでこの窯元さん。
有田焼で紹介されているところが多いですが、公式サイトを見ると正確には波佐見焼のようですね。
私はこの商品で、はじめて波佐見焼という名前を知ったんですけれども、よくよく考えたら縁が深い。
まず、私の好きな森正洋さんデザインで有名な、白山陶器。
実はここも波佐見焼だったのでした。知らなかった…!

先日見に行ったARABIA展では、デザイナーのカイ・フランクと森さんの交流を知り。
その中でこの水晶彫と同じ技法の、ホタル焼のARABIA食器を見つけたり(元々中国にホタル焼という技法があるのです)
この間は、見かけた猫模様の湯呑みが可愛いな〜と思って調べたら、これもまた波佐見焼だったり。
国内外問わず、陶器や焼きものはたくさんあるのに、良いなと思ったものが何故かつながっている。
全然意識はしていませんでしたが、知らず知らずに何となく引き寄せられているのかもしれませんねv。
2013_04
02
(Tue)16:52

2013の桜

DSC02119.jpg

あっという間に、気付いたら4月です。
しかし、桜が咲いたというのに…何なんでしょうか、この冬のような気温★
先日の日曜なんて、日中でも8℃〜9℃だったらしいですよ。東京で!
私もこの日曜はお墓参りに行ったのですが、あまりにも寒かったので、仕舞い込もうとしていたモッズコートを引っ張り出してしまいました。
ファーつきのフードまで被ってましたよ、寒くて…。
それでも、今年の3月は歴代2位の暖かい3月だったそーで…。
確かに25℃とか27℃とか、5月下旬の初夏みたいな日もありましたが、それさえも遠い記憶に思えます…。
更に、お天気まで不安定。
梅が咲いた〜!観梅しにいこうかな、と思ったら連日の強風。
風が治まったと思えば雨だったり。お天気になれば風がジョジョの擬音みたいな音で吹きすさぶし。
気付いたら梅も随分と風で散ってしまい、ゆっくり眺めることも出来ませんでした。

そして桜は…いきなりの気温上昇で、平年より2週間近く早い開花★
水戸では4月になってから桜まつりがスタートだったんですけれど、あまりに早く咲いてしまったもんで前倒し。
3/21から慌てて始まりました。
今はようやく、市内の桜はどこも満開状態…なのですが、お休みの日に限って悪天候(泣)。
せっかく写真を撮っても、やっぱり青空じゃないとイマイチ映えない…。
光も足りないので、桜色がうまく映りません。う〜ん、もどかしい…。
しかし、やっと咲いた満開の桜。
梅が春を知らせるのであれば、桜は春爛漫を表してくれる景色。
十分綺麗に今年も咲いてくれたので、ざざっとUPしてみます。

続きを読む »