2013_12
31
(Tue)18:47

今年最後のご挨拶

あっという間に暦の上ではディセンバーになったとおもったら、あっという間に大晦日になりまして…。
何だかバタバタした状態で毎日が過ぎて行き、今年もあと数時間でおしまいです。
サイトの方にもご挨拶は書きましたので、若干重複するところもありますが、こちらでも改めて今年最後のご挨拶を。
2013年、私に関わって下さった皆様に心からお礼申し上げます。

サイトの方は相変わらずなペースでしたが、そんな私の更新にお付き合い頂き、その都度嬉しいコメントを頂いたりで例年通り楽しくサイト運営&執筆作業が出来ました。ありがとうございます。
執筆&更新スピードは以前のペースに追いついていませんが、それでもまだまだテンションが落ちるということはなく。
相変わらずいつものような一年、という感想が正しいですね。
でも、それが一番凄いことでもあり、嬉しいことでもあります。
既にコミックも終了して数年が過ぎて、モバゲーくらいしか新しい展開がないという10年以上前のコンテンツなのに、今もずっと活動していられることと、今も一緒に楽しんで下さる方がいらっしゃるということ。
来年も、来年以降も、出来る限り長くこんな楽しい時間が続けられたら良いなあ、としみじみ思います。
(作品の出来が少しはレベルアップしてくれれば良いんですが〜★)

自分的に今年はどんな年だったかな〜と振り返ってみると、6月までの上半期に幸運が頂点まで達して、その後ゆっくり下降気味となり9月頃にそのスピードが早まり、年末になってドーンと落ちたという、ハイ&ローな1年でした(苦笑)。
でも、上半期に一度でも幸運の頂点とも言える経験が出来たのは、幸せだったと思いますし。
運気が下降した理由も、薄々は予測していたことでもあり、それがいきなりやってきたのは困惑しましたが、いずれはこうなると思っていましたので、最悪の状態になるまえに退けたのも、不幸中の幸いかな〜と考えてみることにしました。
とは言っても、出来れば経験したくない結果でしたが…( ̄∇ ̄;)。
来年になったら色々また大変です、慌ただしくなります…。
それを思うと、今からちょっとアレですが…。

でも、悪いことばかりが続くわけでもないですし、どこかで良いこともあるでしょうしね。
物は考えようってこともありますし、逆の発想をすればマイナスもプラスになることもあるかもしれませんし。
そうやって進んで行くのが人生ってもんなのかもなあ…と、いきなり何言い出してんでしょう私(笑)。

ともかく、泣いても笑ってもあと数時間の2013年。
どうせなら笑って終わりたいものですね!
さて、私はあまちゃんコーナーの為に紅白待機です(←笑)。
お付き合い頂いた皆様と、ここを見て頂いた皆様が笑って新しい年を迎えられますように!
2013年ありがとうございました!
2014年もよろしくお願いします!

1231.jpg

2013_12
23
(Mon)18:33

萬狂言

22日の土曜日は、狂言を見に行って来ました。
例年だと10月〜11月なんですが、今回は結構遅かったですね。
芸術館の外でも、あちこちがこんな飾り付けが出来てました。
ATM02.jpg

今回の演目は、「文蔵」と「船渡婿」。
「文蔵」は初見ですが、「船渡婿」はどこかで見た気が…。
多分TVだと思うんですけれど、録画してあったかなあ。後で探してみようかな。
最初の解説でお聞きしたところ、どうも流派によってラストに違いがあるそうなんですね。
以前見たものが和泉流だったのか大蔵流だったのか分かりませんが、どんな風に違うのか比べてみたいものです。
同じ演目でも、そういう違いを楽しむのも良いですね〜。

「文蔵」は、おなじみ太郎冠者のお話です。
主に黙って旅行に行っちゃった太郎冠者にお冠な主。
戻って来た彼を叱りつけるけれど、実は京詣でに行ったのだと彼は答える。
京は主にとっても想い出深いところ。まあ今回はおおめにみて、懐かしい都の話を聞かせてくれと言う。
すると太郎冠者は、向こうで美味いものを食べたのだけれど、その名前が思い出せない。
こんなものか?あんなものか?と主は聞くけれど、まったくピンとこない。
しばらくして、主の愛読書である「源平盛衰記」の石橋山の合戦の下りに、それに似た言葉があったような?と太郎冠者が言い出す。
ならばと主が、その下りを語り始めるが、太郎冠者がなかなか思い出せないので、延々と長く語りを続けることに……。

この演目は、主の語りが一番の見所になっています。
目立った立ち回りもあまりがなく、主の臨場感溢れる石橋山の合戦の語りを見聞き楽しむのがメイン。
なので、パッと見は派手な印象はありません。
語りも講談のようなもので、しかも昔の言葉遣いなので聞き慣れていないと分かりにくいかも?
また、主が太郎冠者の食べたものを聞き出そうと、色んな食べ物の名前を挙げるんですが、それも昔言葉なので想像がしにくいかもしれませんね。言葉遊び的な箇所も多々ありますし。
解説の山下さん曰く(余談ですが、この山下さんものすごく良い声w。アナウンサーのようなはきはきした分かりやすい話し方で、しかも声がよく通る!ちょっとトーンも高めで狂言師にしては珍しいかも…)、室町時代当時に存在した食べ物の名前が出て来るので、そういった時代の風刺・風俗などをかいま見ることが出来るというのが、この演目の面白さでもある、とのこと。なるほど〜。
話の流れを知っていれば、笑うツボが理解出来るんですけれど、全体的にややレベルが高い演目のような気がしました。狂言を初めて見る人にとっては、とっつきにくいかも。
十年以上見ている私でさえ「難しいかも?」と思うくらいなので…(単に私の頭のレベルが、理解出来ない低いからいうのもあるw)

続きを読む »

2013_12
14
(Sat)02:02

ニベア

ここんところ、毎日乾燥注意法が出ています。
部屋の湿度計もどんどん下降し、このままじゃ大変なことになる!
加湿器使ったり、タオルを濡らして部屋に干したりしていますが、それでもなかなか上がりませんね〜★
あまり乾燥していると、風邪やインフルエンザ予防にもならない…だけじゃなく、肌がカッサカサになる!
いつも使っているローションも、この時期になるとつっぱるようになってきます。
きっと保湿成分がこれまで以上に必要になっているんでしょうねえ…。
でも、クリームを肌に塗るのは、あまり好きじゃないんです、べたつく気がして。
オイルもごく少量くらいなら良いんですけど、やっぱりオイル=油なので使いにくいと感じるときもありまして。

何か良いものがないかしら〜と思っていたんですが、ちょっと前からネットでよく見かける「ニベア」を使ったスキンケアを思い立ちました。
■話題のニベア青缶スキンケア みんなのレシピまとめ【NIVEA】 - NAVER まとめ

高級コスメクリームと成分がよく似ていて、使うと肌がしっとりするとかなんとか…。
だけど、ニベアって顔に使うよりハンドクリームとか、身体に塗る印象があったんで、「ホントに良いのかなあ」と思いつつ、試しに顎のところだけちょっと使ってみました。
……ら!これがすごく良い!
肌がしっとりして、朝起きるとそこがもちもちしてるんですよー。
一旦止めてみたりもしたんですが、使ったときと使わない時だと全然違うんです、肌の感じが。
もちろん個人差があると思いますし、万人にOKだとは思わないんですが、ワタシとしては大正解なケアでした。

ちなみに、使い方は上記のまとめを見ても分かるように、人それぞれのようですね。
ベビーパウダーを使う人もいれば、拭き取る人もいる。マッサージをする人もいますね。
私はごくシンプルに、洗顔してから多めにローションをつけて、ごく少量のニベアをローションで濡れた手に伸ばし、肌にパッティングするだけ。
塗るというより、ローションで湿った肌にニベアで幕を作るという感じですね。
夜だけしか使わないので、1日に指先ほんのちょっとの量。
190円の小さな青缶でも、まだまだたっぷり使える量です♪何と言うコスパの良さ\(*^▽^*)ノ
昔から売っている二ベアが、スキンケアにこんなに優秀だったとは〜!
コスメって、値段が高いからって良いとは限りませんよね、ホント。
2013_12
12
(Thu)21:18

海外ドラマ

突然ですがワタクシ、普段からあまりドラマを見ない人なんですよね。
一昔前、『トレンディドラマ』というジャンルが流行した時期も、ちゃんと見た記憶は…殆どないですねえ。
最近でちゃんと見てたのは、去年の大河の『平清盛』と『ハンチョウ』と、来年またスタートする『医龍』と『あまちゃん』と、現在放送中の『猫侍w
ちょっと前に放送してた『ヨシヒコ』とか…は、ド、ドラマに入れて良い…のかアレww

そんな感じで、昔からドラマには縁遠いワタシなんですが、海外ドラマだけは別です別。
以前は海外ドラマと言うとNHKのBS頼りだったんですが、地デジ化以降にDlifeが開局して以来、デフォルトのチャンネルがここになりました(笑)。
ワタシの好みは、アメリカ系のサスペンスorミステリー系。
アメリカ系のドラマって、大概有料BSチャンネルが多いんですよね。無料BSはほぼアジア系ばかりで。
でもDlifeはそういうワタシ好みのジャンルが結構多く、しかも日本初放送のものや、あまり大々的には知られていない本国での人気ドラマとかも多いんです♪

オシャレ風味や恋愛要素が強いのは苦手なんですけれど(あんなベタ甘創作書いているくせにw)、FBIとかCIAとか出て来る内容だと、かなりツボな作品が多いv
今楽しみにして見ているのは、「クリミナルマインド」「NCISネイビー犯罪捜査班」「コールドケース迷宮事件簿」「CSI:科学捜査班」「ホームランド」…かな?
他に「LAW&ORDERシリーズ」や「ハリーズ・ロー裏通り法律事務所」「クローザー」とかもちょこちょこっと見てます…。
こうして並べてみると、海外ドラマ漬けだなワタシ!!

その中でも一番今気に入っているのはー、「クリミナルマインド」かなー。
FBIの行動分析課チームが、プロファイリングや色々な捜査方法を駆使して事件解決するドラマ。
まあ、よくある設定ではあるんですけどもね。
「NCIS」や「CSI」も設定では同じような、チーム体制のサスペンスドラマですし。
でも、それらの中でもこの「クリマイ」のチーム"BAU"のメンバーが一番好きなんですよねー。
何て言うか、シリアスな事件に向き合っているのだけれど、ものすごくメンバー同士の結束が固いというか。
それも仕事とかの面だけじゃなく、人間的な信頼で繋がってるような気がして、微笑ましいというか良いチームだなあーと思ったりするんですよね。
モーガンとガルシアの掛け合いは楽しいし、リードとJJの姉弟のような関係も良い(恋愛にならないのがまた良いのですよな!)
仕事に一途になっちゃうホッチを、さりげなくフォロー&サポートするロッシも良いし、プレンティスの硬軟ある性格も良いし。
初期の頃のギデオンは、BAUみんなの良き先生だったし。
それぞれに色んな過去やトラウマやプライベートを持っているけれど、それらをメンバーが全員でフォロー出来てる気がする。うん、良いチームだ!
「CSI」をもっと人情的にしたような感じですかねー。
まだまだシリーズは続いているらしいので、しばらくは楽しみが続きそうです♪

続きを読む »

2013_12
03
(Tue)17:59

拍手お返事です>クリスマス

12/02 01:12の方へ

こんにちは〜♪
クリスマスとかハロウィンとか、ディスプレイ見ていると楽しくなりますよね〜。
お正月前の落ち着いた和風の雰囲気も感じも好きですが、師走の慌ただしい中での賑やかな感じは良いですよね♪
コニファーといえば、以前うちでも寄せ植えにと15センチくらいのを2つほど買ったのですが、いつのまにかにょきにょきと大きくなってしまい…150cmちょいの私と同じ位の背丈になってしまいまして( ̄∇ ̄;)。
玄関先に置いていたので場所を取るわ、でも大きくなり過ぎて庭に運べないわ…と放置気味にしていたんですが、庭仕事のおじさん方に手伝ってもらって移動させました★
でも生憎と1本は寿命…もう一本はまだまだ成長中です(笑)。
そういえば我が家にも古いヒイラギの木が玄関先にありまして、以前100均で金銀赤の玉を飾ったりしました♪
通りがかりの人が「え、ヒイラギってこんな実がなるの?」と驚いていたりしてましたww
オリーブの木、良いですよね。シンボルツリーにしているお宅をよく見かけます。
私はユーカリの苗木を買おうかどうか毎回悩み中です。どこに植えるのか?が大問題でまだ決着が着きません(笑)。