2014_06
27
(Fri)11:56

茨城県フラワーパーク(1)

一日明けて…ザック退任だとか、ウッチーが代表引退示唆したとか色々情報が錯綜しておりますが。

気を取り直して!また再開しますよ!
先月のバラ園散策記録、また書きますよ!
他にも行ってたんか…アンタ
とお思いでしょうが、行っていたんです。
これまでなかなか時間が上手く合わず、ずっと行きたくても行けなかった場所。
今こそ、行くしかあるまいな!
というわけで、最高の青空が広がった5月24日。
朝から車を走らせ、県内を南下。
四方八方緑ばっかりな、果てしないのどかな田舎道を突き進んでやって来たのは、茨城県フラワーパーク
この日から、春のバラまつりが始まっていたのでした。
0524-01.jpg
30ヘクタールの敷地内に、バラが750品種!3万株!
考えただけでも興奮する…(*゚∀゚)=3ハァハァ

いつか行きたいと思っていたフラワーパーク。
筑波山を背景に望む山のふもとに、それはありました。

続きを読む »

2014_06
25
(Wed)14:27

燃え尽きた…

第1戦コートジボワール(ゲン担ぎなし)1-2●
第2戦ギリシャ(タラモサラダとギリシャヨーグルト)0-0勝ち点1
第3戦コロンビア(コロンビアブレンドコーヒー)1-4●
ゲンかつぎ、効き目は分かりませんゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


というわけでー、最後のコロンビア戦に玉砕しましてー、日本GLで敗退です。
何と!イタリアやイングランド、スペインという強豪優勝経験国と同じです!
すごいなあ!強豪と同じだ!
……。・゚゚ '゜q(T▽Tq)(pT▽T)p'゜゚゚・。 ウワァーン!!

どーすんですかもう。
日本とイタリア揃って敗退って、応援する国がもう残ってません!!!
コスタリカが強豪国をなぎ倒してるのは面白いんですが、やっぱり応援している国がいなくなるのは盛り上がりに欠けます…。
良くも悪くも、これから緊張感のあるW杯ではなくなります。
それがあってこそ、ハラハラドキドキがあってこそ楽しかったのですが…仕方ないっすけど。

4年間をリセットする時期が、思った以上に早くやって来てしまいました。
リセットの後には、リスタートが待っている。
新しい4年間が、もう始まっているわけで。
4年後、どんな日本代表が出来上がっているんだろう。
期待と不安もありますが、取り敢えずザックJAPANはお疲れさまでした。

(ぐだぐだは畳んでおきます)

続きを読む »

2014_06
18
(Wed)22:49

中原淳一展

最近はなかなか、都内まで遠出して美術館や博物館に行ける余裕がないもので、少々フラストレーションが溜まり気味になっておりました。
そんな中、地元で興味のある特別展があると知り、「おお!これは!」と思いまして、昨日行って参りました。
nakahara-01.jpg
中原淳一は、昭和(戦後)に活躍された…えーと、画家とかイラストレーターとかデザイナーとか…。
とにかくひとつに絞れないほど、多才な活躍をされた、そう!マルチクリエーターという肩書きがぴったりな方です。
ポスターでも見て分かるように、レトロな絵柄がホントにカワイイ(〃∇〃)
生誕100周年を記念した特別展で、昨年から東京や大阪で巡回していたのですが、最後の会場が何故か!水戸の近代美術館ということで。
ネットで足を運んだ方の話を見ていて、「いいなあ〜行ってみたいな」と思っていた矢先だったのでびっくりですよ(笑)
(しかも近代美術館て、自宅から徒歩でも行ける距離…)

展示されているのは、殆ど挿絵やデザイン画などの原画中心。
その他に、デザイン画を再現したドレスなども飾られています。原画は撮影×だけど、これらはOK。
nakahara-08.jpg
ワンピースドレス2点。左はおよばれ用という感じでしょうか。
nakahara-07.jpg nakahara-03.jpg
ほんっと今でもオシャレだし通用する!ワンピースとか可愛いですよね♪
紺色の夏ドレスも上品で素敵。これ着こなせる人は、本当のお嬢様かな〜。

nakahara-06.jpg
これは、シンデレラのドレス。
デザイン画を元に、ファッションデザイナーの丸山敬太さんが仕立てたもの。
何かもう、女の子が可愛いと思うものを凝縮したような、夢いっぱいのドレスですよね(* ̄∇ ̄*)
小さい頃に童話で読んだお姫様のドレスって、こういうものだったんだろうなって気がします。
幸せの青い鳥がちょこんとドレスに着いているのも、お姫様のハッピーエンドを象徴しているようで素敵だな〜。

原画の方は、ほとんど白黒のペン画でした。
とは言っても当時は今みたいに画材がいろいろあったわけじゃないので、本当にペンに墨で描くもの。
カラーはそれに水彩絵の具を使って、というシンプルな画材で描かれていました。
でも、その描線の繊細さというか細やかさ、スゴイ!
ヘアスタイルのデザイン画とかは、髪の毛の一本一本、緩やかなウェープまで描き込んであって。
シルエット画とかでも、ベタ部分の他の書き込みが細かいったら。
時に夢二のように儚げな雰囲気もあり、ピアズリーのようなコントラストのはっきりした絵柄もあったりして、見応えありました!
修正液とかホワイトを、殆ど使ってないのもスゴイ!

…とまあ、そういう見方をしていたのは、多分会場内でワタシだけだったでしょう。
何せ平日の真っ昼間っていう時間だったもので、来場者は明らかに中原淳一リアルタイム世代の方々ばかりで…( ̄∇ ̄;)
そういう方々が展示品を見ながら、懐かしそうにおしゃべりしている雰囲気も良かったなあ。

童話や小説の挿絵、雑誌の発行、洋服のデザイン、ヘアスタイルデザイン、生活のアイデア、料理のレシピ、販促ポスター、芸能人の似顔絵、人形造形…とにかく携わっている世界が幅広い。
戦中〜戦後、贅沢なんて出来なかったご時世の中でも、お金とかを掛けずに家にあるものをアレンジしたりして、毎日の生活を楽しく美しく過ごしましょう、というアイデアを発信し続けてました。
nakahara-04.jpg nakahara-05.jpg
上記は、編集発行した雑誌に掲載されていた、インテリアの工夫を再現したもの。
余り布を使ってパッチワークのようにマットを作ったり、カーテンを作って吊ってみたり、壁に絵を飾ったり。
ねー、もう可愛いじゃないですか、今でも全然可愛い(* ̄∇ ̄*)
何十年も前のアイデアなのに、現代でも十分通じるデザイン。
他にも、自分で作る人形の作り方とか、花の飾り方、洋服の型紙…そして、料理のレシピまで。
何か高いものを買って作り上げる”充実”じゃなく、日常に存在しているもので”充実”を創作する。

高価な家具やインテリアなんて、お金で買ってしまえばそれでおしまい。
日常っていうのはその場限りで終わるものじゃなく、毎日毎日生きている限り続いて行くもの。
それらに楽しさを見出す方が、ずっと生活が充実していくんじゃないかな、と考えさせられますね。
森茉莉の「贅沢貧乏」にも通じるところがあります。

ワタシの子どもの頃、少女マンガ雑誌ではHOW TOものが内容に組み込まれた作品が多かったんですよね。
ストーリーの中に料理がアイテムとして出て来て、そのレシピとかが載ってたりしていたんです。
料理やお菓子のレシピ、ヨガのポーズ、手芸、そしてポプリとか…(これでピンと来た人は同年代ww)
そういうマンガを読みながら「こういうの作ってみたいな」と興味を持ったものです。
そのせいか、何でも「自分で作りたい」と思うことが多かったような。
下手で不器用なワタシですが、不器用なりにそういうことを楽しむような人間に育ちました★

そして現在、エコとか節約とかがブームになりつつあります。
例えばネットを見てみると、100均アイテムでいろんなアイデアを発揮している方が結構いますよね。
安いものでも素敵で便利な使い方をしていたり、下手すると商品そのものを買うよりずっと素敵だったりします。
そういう風に、工夫をすることやアイデアを働かせることの楽しさを感じながら、毎日を過ごして行く充実感。中原淳一が提案していた感覚は、今も昔も女性の根本で不変なのかもしれませんね。

それにしても…女子力高い展覧会でした…。
黒Tに黒デニムなんて格好でスイマセン、と謝りたくなりましたwww

続きを読む »

2014_06
15
(Sun)14:50

拍手お返事です>茨城県植物園

06/13 23:40の方へ

こんにちは〜。
5月はあちこちでバラが咲いていて良いですよねー。
バラ園だけじゃなく、町中や住宅街を歩きながら、個人のお宅の庭に咲いてるバラとかを見て「あら素敵〜」とキョロキョロしてしまいます(笑)。
うちのバラも今年は割と良い感じで、いくつかは二番花が咲き始めましたv
それにしても、剪定した枝に目を付けられたお母様、GJです!
「万葉」って綺麗なオレンジのバラですよね。
HCで見て素敵だな〜と思ってましたが、ちょいお値段がアレだったので買えませんでしたが…それが剪定した枝から育つなんて♪
なるほど、そうですよね。意外とバラって挿し木が簡単なので、ちょっとした枝一本あれば増やせたりしますよね。
うーん、確かに剪定する時期は分からないですよねえ。
でも、上手くタイミングが合えば、憧れのイングリッシュローズも手に入る可能性が…(* ̄∇ ̄*)
咲くまでどんな花か分からない…というのも、何だか楽しみがありますね〜v
2014_06
15
(Sun)13:39

コートジボワール戦

わーい!イタリアが勝ったー\(*^▽^*)ノ

…ええ、空元気です。


毎日毎日、見たい試合が多くて睡眠時間が取れません。
昨日も、うっかりギリシャとコロンビア戦を見てしまいました…。
そのあとのコスタリカとウルグアイも途中まで見てましたが、さすがに厳しいので寝てしまいました。
で、朝っぱらからイタリアとイングランド戦を見てました。
いや、だってワタシ一応イタリア応援してるし!
イングランドは…っていうか、ルーニーが本調子じゃなかったような感。
でもそれ以上にピルロが輝いていたというか、バロテッリがやってくれたというか。
ブッフォンの負傷はどんな感じなのか気になりますが、イタリア勝利で気分の良い朝でした。

……その数時間に、ドタバタなことが起こる予感はあったとしても。

勿体ない試合だったなーって思います。
先制しておきながら、同点にされて逆転された…という結果的な意味もありますが、チャンスを得点に繋げられなかったこと。
無駄になったチャンスが勿体なかったな、と感じた試合でした。
アフリカ勢の身体能力の強靭さは承知の上です。
それでも先制したわけだし、その後もチャンスはゼロではなかったし。
例えチャンスが1つや2つしかなくても、それを得点に繋げることは可能なんです。
そして、可能であるチャンスでもあったんです。
(特にウッチーのシュートは惜しかった…)
だけど全然、ゴール出来ませんでしたね。
結果、失点されてからは意志の疎通が出来なくなり、チームにたるみが出て来た。
そして、そこをまた突かれた。
向こうは逆に、ひとつのチャンスを得点に繋げられる力を持っているので、一瞬たりとも隙を見せちゃいけなかったのに。

良くも悪くもザックジャパンは、本田くんが中心になって作り上げられたチーム。
彼のコンディションが悪かったら、システムは最高な形に機能できないんですよね…。
それを今回の試合で、ひしひしと実感しました。
自分でも言っていたけれど、100%の仕上がりではないですね…。
得点はしたけれど、彼にしてはミスも多かったし、判断もちょっと遅すぎた。
まあ、残り2試合ありますから、それまでに復調してくれれば良いんですが。

次のギリシャ戦はどうなるか…。そして最後のコロンビア戦。
この2国の試合も見ていましたが、正直言ってコートジボワールの方が強いような気がしました。
何かこう、ギリシャとコロンビアは強いっちゃあ強いんだけど、何か物足りないような。
それと比べると、コートジボワールの方が強敵って感じでした。
日本にとって苦手なタイプのプレーなのかも>コートジボワール。
そう思うと、あとの2国はむしろ今回まで苦手なタイプではないかもしれません。
もしかしたらもしかするかも?って感じもしました。
ま、そんな甘っちょろい考えは通用しないのは分かってますがw

とにかく、終わってしまったもんはしゃーない。
残りの試合でどこまで建て直せるか、それでザックジャパンの底力が見えてくるでしょう。

もーしょうがないから、次はギリシャヨーグルト食べるよ!
タラモサラダも作るよ!
で、コロンビアコーヒーも飲むよ(笑)
だから何とか仕切り直しよろしく頼むわ★
2014_06
14
(Sat)17:51

2014 FIFA Worldcup BRAZIL

さて、開幕しましたねW杯。
日本代表の敵は、コートジボワール、ギリシャ、コロンビアです。
しかしサポにとっては、サッカー好きにとっては
時差が最大の敵です……!

早朝からの試合開始、深夜スタートの試合…
試合終了のホイッスルが午前7時とか…( ̄ω ̄;)!!

絶対に負けられない戦いがある
ブラジルとの時差。


開幕戦のブラジル×クロアチア、リアルタイムで見てました。
開会式は結構あっさりでしたが(五輪の開閉会式を見ちゃうとなー★)、やっぱり開幕戦は凄かった。
なんか、ワールドサッカーを見せつけられた感。
ブラジルのプレーなんて、コンフェデやコパアメリカなどで何度も見ているのに、W杯になるとそれまでとは違う熱を感じる。
他の国際試合は所詮練習試合みたいなもん。
すべてはこのW杯のためにある。って、そういう力の集大成みたいな何かを感じさせられる。
もちろんそれは、クロアチアについても同じことが言えますが。

やっぱすごいな、W杯。
2002年のさいたまスタジアムでの試合。
上空からのヘリが、真っ青に染まったスタジアムが夜の闇の中で輝いていたのを映し出したとき、思わず身震いするような気持ちだったことを今も覚えています。
サッカー好きにとってたまらない、W杯にしかない緊張感と、何かが起こりそうなわくわく感!。
さっそく今朝の試合で、スペインがオランダに大敗というびっくり展開がありましたが…。
いや、そう簡単に二冠は無理だろスペイン、と思っていましたが
そこまで失点されなくても。

強い国が強いまま結果を残せるわけじゃない、それがW杯。
その強さで運までも引き寄せられることが、最後の最後にあのトロフィーを掲げられる勝者なんでしょうね。

2014年、トロフィーにキスを出来るのはどこでしょーか。
時差と戦いつつも、4年に一度の祭典スタートです。楽しみ\(*^▽^*)ノ

続きを読む »

2014_06
13
(Fri)00:40

茨城県植物園

ちょっと間が空きましたが、先月のバラ園放浪記の続きです。

七ツ洞公園を散策した同日、その足で茨城県植物園にも行ってみました。
こちらは水戸市じゃなくて隣市の那珂市にあるんですけど、同じ道沿いをちょっと先に行けばある場所なのです。
そして、そちらにもバラ園があると聞いたので、ついでだし!と車を走らせたのでした。

image-25.jpg
あら、広々として綺麗。
入ってすぐの正面には噴水があって、その周りを幾何学に花壇が囲んでます。
パンジーやビオラやマリーゴールドなど、花壇の花も綺麗に手入れしてあって彩りが鮮やかですv
敷地内には外に植えられている植物の他に、熱帯植物館やレストハウス、水生植物園とか鳥獣センター、広大な県民の森は遊歩道になっていて、きのこ博物館なんてところも隣接してあったり。
お天気の良い日とか、家族で遊びに来ると楽しそうです。
この日も保育園の子どもたちや、ホームのお年寄りの方々が遊びに来てましたし。

で、肝心のバラ園は…それほど広くはありませんでした。
七ツ洞公園の花苑のようにデザインされておらず、敷地内に普通に植えられている感じです。
(ちゃんと手入れはされてますよ。でも…割と自然任せかなww)
が!品種が!結構多い!ちゃんと名前書いてある!
しかもワタシの好きな品種が多い!!
す て き\(*^▽^*)ノ


image-84.jpg

image-85.jpg image-80.jpg
あ〜、いっぱい咲いてる景色って良いわあ♪
でも、ここもまだちょっとつぼみが多かったです。

品種は七ツ洞公園のようにイングリッシュローズメインってわけじゃなく、いろいろな品種が揃ってました。
それらもみんな、それなりの名花。良い品種ばかりです。
小さいけれど、つるバラのアーチとかもあります。
image-79.jpg image-81.jpg
すごく広くて、静かで気持ちの良い場所。
入場料が掛かるので、そう頻繁には行けませんけれど(遠いし)、想像以上に良い場所でした♪

さて、今回も
「ワタクシが選ぶ茨城県植物園での美人さん」
image-83.jpg
「ブラスバンド」という品種です。
花びらのフリル、やわらかいオレンジ色…華やか〜で可愛くてキレイ!
実は以前HCでこの苗が売っていて、タグの花写真を見て「キレイなバラだなあ〜」って思ってたんです。
実際に咲いているのを見たら、やっぱりキレイ!
私の審美眼間違ってなかった!(笑)。

続きを読む »

2014_06
11
(Wed)22:42

こんな日なので

Bpx5T0sCEAAL3WM.jpg
抹茶のマカロンとフランボワーズのマカロン。
ピンクのハートがグリーンに寄り添う…(・∀・)ニヤニヤ

Bp0PoOeCAAARGeR.jpg
スーパーの茶葉売り場の棚にて。
橘と桜…(・∀・)ニヤニヤ

というわけで、一日中強引な妄想をしてニヤニヤしながら、去年うっかり衝動買いしたコレを開封します。
564ds.jpg
開封するなら今日が吉日だろうと!
(賞味期限2014.6…ギリギリ( ̄ω ̄;)!!)

友雅さんお誕生日おめでとーございますw
何年経っても31歳の誕生日を迎えるあなたが…羨ましいです(笑)

★おまけ★
懐かしの遙かグッズ発掘。
A7gtFlvCEAAm2vQ.jpg
ネオロマイベントに行かなくても、当時はメイトでいろいろグッズが買えたんだよな〜…。
2014_06
09
(Mon)00:25

私の白雪



何故か我が家のアイスバーグ、今年は絶不調でした…orz
2014_06
06
(Fri)15:56

七ツ洞公園

水戸市に「七ツ洞公園」というところがありまして。
8haほどの広さがありまして、東京ドームがおよそ4.7haと言われていますから、結構広大な公園です。
敷地内には広々とした池があり、いくつもの装飾的なダムがあったりします。
一応イギリスの造園コンサルタント会社が設計したそーで、あちこちに点在している東屋やフォリーもイギリスからの輸入品だったりして、なかなか風情があります。

が、遠い。
一応住所は水戸市ですが、水戸市の外れも外れ、郊外も郊外、一旦隣市を通過してかろうじて水戸市のはしっこに敷地が入ったんで水戸市になってるって感じの所です…。
水戸市民でも知ってる人は、あまりいないのではなかろーか…。
だって、行ってみて分かりましたけれど、周りは田畑ばかりでコンビニさえもないし、人通りも交通の便も良くないし。
ホント、車がないとしんどいんですよ行くのが★

でも、そういうところが逆に良いのか、園内はすごく静かで雰囲気は結構ワタシ好み。
公園というか、森林公園みたいな…。
『風致公園』っていうんだそうですね、こういうの。
image-37.jpg
田園風景みたいな景色も、なかなか良いじゃないですか♪

とにかく園内は広くって、池がずーっと長く続いている形式はサーペンタインと言って、ロンドンのハイドバークみたいな感じに作られているそうな。
image-35.jpg
あー、そういえばそんな感じです、雰囲気似てますね。
ハイドパーク行ったこと無いけど。
池沿いをぐるーっと木組みの歩道が囲んでいますので、森の中を散策するような感じ。
私が行った日は良いお天気でしたが、前日かなりの豪雨があったせいで池がちょっと濁ってたのが残念。
この池に掛かるように、いくつものダムがあります。
どれもこれも西洋風の造りでオシャレなので、全部そういうのもちゃんと見て歩きたかったんですが、この日の目的は別のコトだったので、目的地に向かって森林浴の中をウォーキングしながらてくてく…。
普段運動不足の私には、こりゃいいコースだわ( ̄▽ ̄)
(ってか、目的地から遠い駐車場に車停めちゃったんス…)

続きを読む »

2014_06
05
(Thu)23:35

梅雨入り

ブログを停滞している間に、6月になりまして。
そして今日、関東では梅雨入り宣言がありました。
一日ずつ西から上がって来た梅雨入り。
今日は東北南部までのようですが、明日には東北全体まで梅雨入りになりそうですね。
いよいよ、雨のシーズン本番です。
じめじめした湿気と、目に余る集中豪雨は勘弁してもらいたいものですが、「言の葉の庭」のおかげで雨の日もちょっとだけ嬉しく感じられるようになりました(笑)。

で、ブログ停滞中は=執筆中でもあるのですが、まあ色々ありました。
予定していた計画をいくつか破棄してしまったり、皮膚科の御世話になったり…という凹みのネタもありましたが、良いお天気が多い5月ですから、家にばかりいてもいかん!
そう!5月はバラの季節…!!\( ̄▽ ̄*)(* ̄▽ ̄)/
庭に出れば蕾が膨らみ、日に日に開花していく喜びを味わえる季節ー!
でも、うちの荒れた庭じゃ物足りない…ってことで、車吹っ飛ばしてバラが綺麗な植物園や公園に行ったりしてました。うっはうはでしたwww
せっかくなので、これから追々バラに浮かれた5月の記憶をUPしてこうと思いますvv

いや、それよりまずは6/11の用意が先だΣ(・ω・ノ)ノ!