2015_06
26
(Fri)02:28

あんず仕事

巷で『梅仕事』が一段落する時期になると、我が家では『あんず仕事』です。
庭にあんずの木がありまして、これくらいになるとあんずの実落としの季節です。
そこそこ背は高くなりましたが、邪魔にならないよう枝を少なくしているので実はそれほどたくさん着きません。
でも、ジャムを作るくらいなら十分収穫出来ます。
というわけで、今年もあんずジャムの仕込みです。

材料はシンプルに、あんずと砂糖とレモン汁のみ。
種を皮を剥いた果肉と砂糖(今回は三温糖を使いました)を入れて、ひたすら焦げ付かないようにコトコト煮ます。
レモン汁を少し加えたら、再びまたコトコト。
果肉が潰れてペースト状になって、全体がジャムっぽくとろりとなったら出来上がり。
砂糖の分量はテキトーですw
結局のところ、好みの甘さに仕上がればいーんです!←ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

さて、今年のあんずジャムは大・中・小の瓶にひとつずつ、合計3つ出来上がりました。
foodpic6202092.jpg
量的には500g、200g、120gくらいでしょうか。
あんずの実は全部で20個程度でしたが、今年は何故か粒が大きいものばっかりだったので、これくらいの個数でも十分な量が出来ましたv
酸味の強いものが好きなので、砂糖を少なめにしたせいか割と酸っぱめです。
でも、その分あんずの風味が残ったので「なかなか美味しいv」と自己満足しています(笑)。
ヨーグルトやトースト、パンケーキなどに添えて食べる予定ですが、真ん中の小瓶は友人にもらって頂きました★
foodpic6202091.jpg
2015_06
24
(Wed)09:36

紫陽花を愛でに

下の記事でバラだバラだと騒いでおりましたが、今回は紫陽花です。はい、旬ですので( ̄▽ ̄)
我が家の庭にもいくつかありますけれど、まあお見せするほどの佇まいでもないので、昨日行って来た水戸のあじさいまつりとかについて。

水戸市内ではこの時期「あじさいまつり」が開催されておりまして、そのメイン会場は保和苑というところです。
ワタシは一度も行ったことなかったんですが、オカンが元々ここら辺りに住んでいた人だったので、懐かしいし行ってみたいっていうので出掛けてみたのでした。
紫陽花はもう大体が満開を過ぎていましたね。
でも、十分楽しめるだけの景色が広がっておりました。緑と紫陽花のコントラストが良いわ〜。
hw01.jpg
回遊式庭園のようになっていて、坂を上り下りしながら見られる紫陽花は、約60種6000株ですって。
白っぽいものやピンクの強いもの、日本に古来からあるものもあれば、アナベルのような西洋紫陽花もあります。
ホント、色んな種類がありますね〜。
hw02.jpg
ただ、ちょっと混雑しすぎてたかなあ。
もう少し人がまばらで、ゆっくりと歩いて見られたら良かったのだけれど、あじさいまつりの開催中ですからこれは仕方ないかな。
平日の午前中だったんですけど…年齢層がヒジョーに高かったです( ̄∇ ̄;)
hw03.jpg



続きを読む »

2015_06
20
(Sat)21:04

我が家のバラ様2015(3)

ぐだぐだと書き連ねていたバラ様記録、これで最終です。
とは言っても、大体はもうUPしてしまったのですが、一応。

数少ない我が家の地植えバラのひとつ、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」
153364.jpg
去年、何気なく半額セールを見ていたら元気そうな株を見つけたので、割と衝動買いに近い購入でした。
しかし、咲いたら意外にも素敵な風貌♪ちょっとアンティークな感じのロゼット咲きです。
香りは殆どないですが、なかなか丈夫。
今年は去年よりも花が多く咲きました。来年が楽しみです♪

こちらは、今年我が家に仲間入りした赤いバラ。
154411.jpg
ただ…名前が分からないんですよ(焦)。
ご近所のおじさんから挿し木で増やした株を鉢ごと頂いたのですが、名前をすっかり忘れてしまったと★
葉の形や香りや樹形を調べてみたんですが、ピンと来るものが見つからなくて未だに身元不明。
「ロブロイ」っぽいかな〜と思っていますが、まだ正体は分かりません。
我が家はこれまで見て来たとおり、ピンクや白っぽい淡い色のバラばかりなので、こういう色は初めてで新鮮。
だけど、ホントに赤いバラは綺麗です。「これぞバラ!」って感じの存在感がありますネ♪
一輪だけでも様になりますものね。

最後は…いつも真っ先に咲くバラ「モッコウバラ」。
154691.jpg
昔、行灯仕立てになっている鉢を買ったんですよ。
でも、一度花が咲いたら枝がひょろひょろになって、「こりゃダメかな」と庭の隅っこに放置していたんです。
しかし数年後、ぼうぼうに暴れまくって伸びている枝を発見。「何だコレ」と思って辿ってみると…まさかのモッコウバラΣ(・ω・ノ)ノ!
つまり、放置した鉢植えがそのまま底から地中に根を張ってしまい、どんどん成長してしまってたと…。
その成長はハンパないスピードで、ついには庭にあるお社(祠を建てて氏神様を祀ってあるのです)を取り囲むほどに(焦)。
158319.jpg
これなぁ…あちこちのお宅みたいに、アーチに這わせたり壁に誘引させたり出来れば綺麗だし圧巻なんですよねえ…。
でもねえ、上で書いたように適当に放置しておいたところで根を伸ばしてしまったので、もう動かせないんですよ。
綺麗なんだけれど、毎年花が終わったら枝の剪定で大変。
うっかりするとどこまでも枝が伸びてしまうので、そこはこちらの事情に沿ってカットさせてもらってます。

そういうわけで、こんな感じで終わったバラの季節。
四季咲きのもあるし返り咲きするものもあるので、これからまだ花は楽しめますけれど、やはり一番花が咲いた時はたまりませんv
どなたかが言ってましたが、丹誠を込めてお世話したバラが開花した時、「この瞬間を見るために頑張って来たんだっ!」と例えようもない満足感というか充実感に包まれるとか。
そう!まさにそれ!
バラに限ったことではないんですが、種から育てて芽が出て葉が伸びて…と、ひとつひとつの変化を見るたびに「わー♪」ってなるんですよね。今日はどうなっているのかなーとか、どんな風に育つのかなーとか、わくわくする。
それに、育てているから色んな表情を見ることが出来ますしね。楽しみがたくさんあります。
もちろん失敗もあるし虫にやられたり、切花のように綺麗に咲かせるのは難しいけれども、それもまた自然の形ですからね。別の良さがあるかと思いますし。
だから土いじりをやめられないんですよねー。

今は夏野菜のミニトマトがどんどん実って来ています。
オレガノやバジルやチャイブなどのハーブの他に、ラディッシュや小松菜なども。
季節が変わっても、楽しみはまだまだ続きます♪

最後に、今年の春を楽しませてくれたバラ様たちの写真でしめくくりw
1566455.jpg 157439.jpg
152179.jpg 1544978.jpg

ところでコレ、先日庭のすみっこで咲いていたのですが…ネームタグが褪せてしまって読めない★
もしかしてピエールかしら…この鉢に植えた記憶が全くないのだけどσ( ̄∇ ̄;)
153336.jpg
2015_06
18
(Thu)23:43

我が家のバラ様2015(2)

すっかりバラも終わって今更なんですが…自分の記録のためにバラ様ネタの続きを(笑)。

こちらは「フラワーガール」
DSC02465.jpg
半額コーナーでふわっとした花を咲かせていた姿が、あまりにも可愛くて買ったバラ。
もう3年くらいになりますかねー。
ソフトピンクの一重咲きの花は5センチにも満たない小さなサイズですが、ひとつの枝に4〜5輪ほど房咲きになるので花手鞠というかミニブーケのようになります。
出来れば一度に揃って咲いてくれれば圧巻なんですが、なかなかそうも行かなくて蕾が混じっちゃいますね。
それでもとっても可憐v可愛いv

これは、つるバラでも有名な「アンジェラ」
DSC02460.jpg
大きくなる品種だとは、一応分かってはいたんです…。
でも、去年フラワーパークで仕立てられていたアンジェラを見て、呆然としたのです…。
あんなに巨大化するとは思わなんだ!!Σ(゚□゚(゚□゚*)
どうしよう…と蒼白する私を尻目に、想像を越えて成長していくアンジェラさん。
綺麗に咲いてくれましたが、ちょっと慌てて支柱を立てたので不格好な見た目に…ごめん★
今は少し剪定して形を整え枝を育てていますが、来年はちゃんとしっかり仕立て方と誘引を考えます…!

こちらは「フェリシア」
DSC02486.jpg
個人的に大好きなバラです。
花自体はさほど大きくないのに、一輪咲いているだけで庭に出たとたん「あ、フェリシア咲いてる」って分かるくらい香りが強いのです。
だけど、しつこい香りじゃないんですよね。
甘い香りというより、爽やかな香り。うちにあるバラの中で、一番好きな香りです。
これも今後、大きく育てたい品種。もっとたくさん花が咲いたら、さぞかし庭中優雅な香りに包まれそうですv

これは「ニュードーン」
DSC02481.jpg
日陰でも大丈夫と聞いたので買ったのですが、ホントに大丈夫でした(笑)。
でもって、シュートが伸びるわ伸びるわ★
あまりに伸び過ぎてしまったので、慌てて今年の冬にオベリスク買って誘引しました。
色がスキなんです。ホワイトに近いうっすらピンク。
病気も強いし日陰もOKだし強健だし…でも、花持ちが悪いのが難点です。
すぐに開き切ってしまって、すぐ散っちゃう。もっと長く楽しめると良いのだけどな〜。

続きを読む »

2015_06
12
(Fri)05:06

1日遅れましたけども!

友雅さん何度目か分からない31歳のお誕生日おめでとうってことで!
CHNkHByVIAAeoP7.jpg
口実にケーキ食べましたよ(母まで巻き込んで)。
どーも可愛い器のスイーツに弱い…。
今回もつい買ってしまいました。
こういう器が我が家にはゴロゴロしています( ̄∇ ̄;)
2015_06
01
(Mon)23:41

我が家のバラ様2015(1)

あっという間に6月です。
しかし、まだ関東地方は梅雨にも入っていないというのに、既に温度計を見るのが恐ろしいような気温…( ̄◇ ̄;)
冬の衣類などをしまう前の洗濯には、このカンカンの晴天は有り難いのですけれど、ジリジリと肌を突き刺す日差しと紫外線はやはり恐怖です…。
でも、今週はお天気が崩れ気味のようですね。
やっぱり少しずつこちらも梅雨の気配が近付いているのかなー。
そうなったら、今度は湿気とかカビに注意しなくてはならないのですけども。
これからの季節は食材も長く保存出来ないので、色々と気を使います★

さて…サーバー様子見期間終了まで、あと少し。
その間にまたバラ写真UPしますですよ。
ええ、もう自分の記録のためのようなもんですww
前回は超絶美しいバラまみれの庭園の写真ばかりだったので、少々肩身が狭いのですけれども…今回は我が家のバラです。
鉢植えばかりなので全体図が大きくないので、殆ど花アップで迫力に欠けるのですが、それでも綺麗に咲いてくれたのでグラビアのモデルさんのように写真に収まってもらいました(笑)。

まず、去年は記録的な大雪で枝が折れてしまい、花を断念せざるを得なかった「ロココ」
CFVOBkdUgAElNrR.jpg 
もうね、今年の春に咲いたバラの中では1、2を争う美人さんでした!。
優しいアプリットピンクの色、波打つ可憐な花弁…。
雨上がりの雫を纏って花開いた姿、思わず見とれますわ〜v
一年を棒に振ったおかげか、その分ホントに綺麗に咲いてくれました♪
去年もかなり元気なシュートが伸びていたので期待はしていたんですが、自然の気まぐれには勝てず…。
でも、今年も枝振りが元気なので、いずれはもう少し大きめな鉢に植え替えて、ちゃんと株も太らせたいです。
香りは少ないですが我が家で数少ない大輪なので、この花がたくさん咲いたら少しは優雅な気分になれるかな?と妄想が膨らみます♪

こちらは「紫雲」
DSC02411.jpg
このバラも数少ない大輪です。
そして、淡い色合いの花が多い中では、パキッとはっきりした色をしているので、一輪咲いただけでも存在感があるというか、急に庭がゴージャスになります♪
しかもかなり丈夫です。少しの手入れでも、どんどん太く元気な枝が伸びて蕾がつく。
もしかしたらうちの庭と相性が良いのかも?嬉しい限りです♪

人気の白バラ「アイスバーグ」
DSC02478.jpg
去年カイガラムシに散々傷め付けられてしまい、花を咲かせられませんでした…。
古い株の割にはあまり枝が太くならず、もしかしてダメかなあと思いながらも冬に植え替えをしてキツめの剪定を行ったところ…復活!
ああ、可憐な私の白雪…(* ̄∇ ̄*)
このバラも、何とかして大きく育てたいもんです。

もひとつ。これはミニの白薔薇「シュネープリンセス」。
DSC02417.jpg
写真ではアップなので分かりにくいですが、3センチくらいの小さな花です。
なので、アイスバーグに続いてこちらも小さな私の白雪ですw
実は以前の会社で車庫の隅に植えていたコレが、ものすごく大きく育って花をたくさん咲かせていたので、あれほどじゃなくても少し大きめにしたいな〜と思っています。
コロコロとした小さな花が、房のようにたくさん咲きます。
他のバラと一緒に飾るとアクセントになるんですよねー。
これだけでも十分に可愛いんですが。

…ということで、(2)へ続くw