2016_10
10
(Mon)04:23

祝・水曜どうでしょう20周年\( ̄▽ ̄)/

どうやら昨日の10月9日で、どうでしょう20周年だったみたいですよ!
そんな記念すべき日に、わしは藤やんとうれしーのトークショーを見に行っていた…。

毎年この時期になると、水戸短編映像際というのが行われるんですけれども。
内外の不朽の名作からミニシアター系の良作、若手監督の短編映像などをゲストトークを交えながら楽しむ映画祭みたいなもんです。
で、去年ですね、藤やんとうれしーが来るぞ!というのを知りまして。
「え、まじかよ!」と思った時には後の祭りでチケットはソールドアウト。
あああああ…何という不甲斐ないどうバカなんだ、オイラは!
とか言ってるうちに1年が過ぎ、今年もD陣が来るぞ!という情報をキャッチ。
今度こそはーーーー!とチケットをもぎ取り、昨日芸術館まで行って来たのですわ。

いやー、楽しかった!
前半はヤスケンさん主演のHTBスペシャルドラマ「ミエルヒ」鑑賞。
藤やん監督うれしープロデュースの北海道が舞台のドラマです。
ものすごーく淡々と日常の深いところを探りながら綴られるローカルストーリー。
『決して完全なハッピーエンドではないけど』みたいなことをうれしーが言っていたけれど、だから受け入れられやすいっていうのはありますな。作りものっぽさがないというか。
70%くらいはハッピーだけど30%はまだどっちとも言えない、ような微妙な割合。
そういうのが現実味ある気がして、すっと内側に染み込んでくる感じが。
それにしても、ホントにくやしいわ…良い演技するんだものヤスケンさん。
NACS全員に通じることだけども、演技やらせると泣けるくらい良いのがホントにくやしいわ。
あまりにくやしいから、帰ったら牛乳リバースの対決列島でも見てやろうかwと思いましたが、そのあとに上映した「どうでしょうDVD」ダイジェストで玉砕するヤスケンさんを見られたので、無事に頭の中がニュートラルになりました(笑)。

藤やんとうれしーのトークは二部構成で、「ミエルヒ」のあとにお二人のトーク。
その後は休憩を挟んで「どうでしょうダイジェスト」を見たあとで、お二人作の短編映像を見ながら今度は映画監督の沖田修一さんを交えて更にトーク。
沖田さんもどうバカなので、話題が弾む弾むww
っていうか、今日のイベントは映像際っていうより、どうバカファンイベントではないのか( ̄ω ̄;)?
わし、バッグに「じゃじゃじゃじゃあ」キーホルダー付けてたんですけど、ロビーに集まっている茨城藩士はそんなもんじゃなかった…。
onちゃんぬいぐるみ持ってる人いるし、アフリカ作務衣着ている人いるし、タオルマフラー持ってる人いるし…。
すいません、普段藩士見かけないから舐めてた。
来年は「荒々しい男」Tシャツ着ていくわ。

それにしても、放送されてない茨城で20周年の記念日を迎えるってwww
20周年のお祝いに、藤やんにあんこ玉とうれしーにクリームパン20個が贈呈されました(笑)
(物販ブースに紙袋が置いてあって、自由にD陣へのメッセージを書けたらしい。その紙袋に詰めて贈ったそーな)
いやあ…ホント、大勢の人と一緒にどうでしょう見てゲラゲラ笑うって新鮮だなあ!
ツボるところがみんな分かってるのが、一体感あって楽しかった〜。
さあ、これから久々にDVD取り出して(結局見るのか)、「どうでしょう」見ながらラブラブストーリー書こうかな!(←通常運転)
2016_10
01
(Sat)03:06

終了かー…

ヤフモバにログインしたら、「100遥」サービス終了のおしらせ。
あー…でも何か薄々予感はしていました。
イベントも札も「復活」という名のリピートが増えていたので、「こりゃもうネタ切れかな」って。
失礼とは思いつつも「ネタがないならワシに書かせろ。いくらでもネタ出せるぞ、友あかのみだけどw」と思ったりもしましたゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
まあ、始まりがあれば当然終わりが来ますし。
こういうスマホゲーの場合は、更に衰退が早いですから仕方ないことです。

でも、ああこれで「遙か無印」はなーんにもなくなっちゃうのかー…。
モバゲーで何とかわずかに存在を保っていたけれど、もう何もないかー。
いいなあ「3」はいつも人気が衰えなくて(少し僻みw)

とはいっても、自分が好きなものが変わるわけではないですしね。
ひっそりこれまでどおり、私は自分の好きなものを続けていきたいと思いマッス。