2018_01
31
(Wed)22:08

仁和寺と御室派のみほとけ(2)

前回『三十帖冊子』について熱く語りましたが、その他の展示物も素晴らしいものばかりだったので、今回はそちらについて書きます。

この特別展のもうひとつの目玉は、仁和寺観音堂の完全再現!
観音堂は中門をくぐって五重塔の逆側、金堂の手前にある建物。
ここは僧侶の方々が修行をするための場所なので、基本的に外部には非公開になっているのです。
それがですね今回改修工事に入りまして。
しかも半解体での大規模な工事なもので、中にある大切な仏様などを移動しなくてはならないわけです。
と!この滅多にない機会に!その!普通は見られない有り難い仏様方を!この東博にお連れして下さると!!!
更にですね!その観音堂内部そのままに再現すると!
更に更に!その再現された観音堂をご自由に撮影可能ですと!

(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!
その再現された観音堂がこちらですだ!!!
IMG_0561.jpg
何と言うありがたや…ありがたや…(´ω`人)
中心には黄金に輝く千手観音様。
IMG_0558.jpg
金色の厳かさと穏やかさを兼ね備えた、何と和やかなお顔立ちでしょう…。
そして千手観音様の脇を固める二十八部衆の迫力と言ったら!!
IMG_0555.jpg IMG_0566.jpg
(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ
IMG_0560.jpg IMG_0556.jpg
たまらんぞぉぉぉぉ!!!!
まるでレプリカのように見えるじゃないですか。
違うんですよ!本物なんですよ!すべて仁和寺の観音堂で修行されている僧侶様しか見られないものなんですよ!
こちらに展示する際にちゃんと開眼法要を行って、お根性の入った状態で展示されているんだそうで。
つまり、観音堂の仏様そのもの!!!
で、仏様の後ろに広がる壁画ですが、これは超高性能超精密スキャナで実際の観音堂の壁に描かれているものを正確にスキャンして、再現したお堂内部に寸分違わず貼付けられているんだそうです。
なので経年劣化で絵が歪んでいる部分もそのまま写し取られている。
再現されたこの観音堂を見た僧侶様が、「ここは仁和寺か?」と思ってしまうくらいの再現度らしいですよ。
カメラを構える方が多かったのでゆっくりは出来ませんでしたが、ずっと眺めていられそうな空間でした。

続きを読む »

2018_01
29
(Mon)21:18

仁和寺と御室派のみほとけ(1)

本当に久しぶりに東博へ行って参りました。
特別展『仁和寺と御室派のみほとけ』展を見るためです。
京都旅行記を見ても分かるとおり、仁和寺が大好きなワタクシ!
すっかり旅行とは遠ざかってしまった現在ですので、あちらから来て下さるのであれば是非行かなければ!と、昨年の開催予定を見て決意しておりましたのです。
DTtJZwjUQAAnzD2.jpg
ああ、懐かしい…。
ここに来ると、我が家に戻ったような気がしますな(笑)。
IMG_0576.jpg
今回の特別展は、仁和寺所蔵のものに限らず、全国の御室派寺院からも有り難い仏様がいらっしゃっているのこと。
いやー、わくわくしますね!o(^▽^)o
仁和寺=御室派は開基が宇多天皇の門跡寺院で、皇室に縁の深いお寺。
お寺の歴史を辿りながら、展示されている品々を眺め歩く。やはりどれも高貴で雅なものばかりです。
宇多天皇が身につけた袈裟などが展示されていましたが、三鈷杵をモチーフにした文様が多かったですね。
「こういう文様デザインがあるのか〜」と、とても興味深かったです。
あ、橘文様もありました( ̄▽ ̄)。

ところで、この特別展は1月16日〜3月11日の開催。
私が行ったのは1月の17日。初日の次の日というソッコーだったのですけど、これには目的がありました。
初日から二週間のみ展示される、国宝『三十帖冊子』全帖公開を見たかったのです…。
『三十帖冊子』は会期中公開されていたのですが、全ページ一挙展示はこの二週間だけだったんですよね。
後期(2月〜)公開の薬師如来様(仁和寺秘仏!)や、葛井寺の千手観音様(ホントに千の手がある!)も見たかったんですけど…後ろ髪を引かれつつも、この『三十帖冊子』を優先したのは理由が。
最近私がハマっている漫画のひとつに、おかざき真里さんの『阿・吽』という作品があるのです。
これは、空海と最澄を描いた漫画なのですよ。
おかざきさん、アマチュアの頃から大好きな作家さんなのですけど、この作品は何と言うかもう…凄まじいというか何と言うか…。
あー、簡単に言えないのでいずれ漫画のカテゴリで詳しく書きますわ…。
で、その『阿・吽』の最新刊で、この三十帖冊子を手がける部分が描かれているのです。
作中ではバイプレーヤー的な存在の橘逸勢の書いた部分も含まれ、彼が空海たちと共に筆を認める場面も描かれている。
それらが!その本物が目の前で見ることが出来るんですよぉぉぉ!
…見たいじゃないですか、そんな機会があるのならば!

その『三十帖冊子』は会場の奥にスペースを仕切られ、ガラスケースの中にずらりと並べられていました。

続きを読む »

2018_01
18
(Thu)13:09

謹賀新年

あけましておめでとうございます
……って、関東も関西も完全に松の内が終わっているのに、今更言うのもちょっとヘンかもしれませんが(焦)。
でも、2018年最初のブログ記事ですので、ご挨拶ということでおおめに見て頂ければと思います。

ところで、去年HPでも書きましたが左薬指が化膿した話。
丁度薬指の爪の左側に膿が出来、キーボードを叩くと痛いのなんの…。
キーを叩くとき、左に指を傾けがちじゃないですか。直に当たるんですよね。
今の仕事でも手を使いますし、治るまではホント辛かった★
子どもの頃から何故か手や足の指に膿が出来やすく、大人になってからは減りましたが久々でした。
元はあかぎれが原因だったのかも。
普段からハンドクリームとか塗ってはいたんですけれど、やっぱり酷使しすぎたのでしょうかね。
しかも左指が治ったと思ったら、今度は右の親指がピリッと…。
右まで化膿したら大変だ!今のうちにどうにかケアをしなきゃと思いまして、まずハンドクリームから考え直しました。

ハンドクリームといえば保湿ですが、あかぎれが出来てしまったあとでも同じクリームで良いのか?
やっぱり普通のクリームはあくまでも予防がメインで、特に尿素はあかぎれの傷にしみるのだとか。
マジか…うちにあるクリーム、尿素配合が多いわ(焦)。←手荒れ予防の為には全然良いんですけどね
で、色々口コミなどを調べてみた結果、これを買ってみました。
DR4-bu9V4AAKU2v.jpg
ニュートロジーナ ノルウェーフォーミュラ インテンスリペアハンドクリーム
(長い商品名だな)
何か不思議な感じ。色々なハンドクリームを使ってきましたが、これは初めての感触。
べとつきは全くなくて、塗った後はしっとり…というよりさらりとしています。
でも、手がすべすべつるつるします。薄いワックスが塗られているかのような。
柔らかさや伸びにクセがあるのですが、無香料だし少しの量でも塗り足りなさは感じないし好感触。
結果的に、今はあかぎれもすっかり完治しました。
コンパクトなので、これは常にバッグに入れて持ち歩けるように。
家で使うクリームは、ユースキン一択に。
…何のかんのでユースキンはオールマイティーです。ビタミンEとC配合で、あかぎれ出来る前も後も効果があるようです。お財布に優しいのも嬉しいぞ!(声高らかに)
まだまだ乾燥が厳しい日が続きますからね。
顔や身体はもちろん、手の保湿ケア怠けちゃいかんですな!