館主の日記帳

Welcome to my blog

上洛2010(1)

改めまして…今回の上洛日記をまとめようと思います。
携帯でちょこちょこ、リアルタイム送信していたのですが、一応ね…まとめってことで
そういうわけで、まず第一回目は初日の1/10のコトを…。
(最後までかなり長いです!)

yakei.jpg keshiki.jpg
今回の二泊三日の中では、一番のメインがこの初日だったと言っても過言じゃないです。
何故なら今回は、同行してくださる方がいらっしゃるから♪
「夢 見たい」のkokoさんと、一緒に京都散策する約束をしていたからです。
ネットでは前々から親しくさせて頂いていますが、実際に会うのは初めて。
(茨城と愛知では、あまりに行動範囲の距離が遠すぎる~☆)
しかも、「遙かスキー」さんとお会いするというのも、ワタシには殆ど初めてに近い経験でした。
なのでドキドキしつつも、ワクワクしながら、今回の旅を楽しみにしておりました
携帯番号にメルアド、当日のお互いの服装などを連絡しあって、10日の朝早く家を出発。
新幹線内で状況を連絡しあいながら、京都に到着。
15分ほど到着時間がズレる予定でしたが、kokoさんはあいにく在来線が遅れたとのことで、殆ど同じくらいの時間に京都に着いたみたいです。
待ち合わせの場所は…と言っても、ワタシもあまり京都駅内はよく把握していないため(あそこで待ち合わせなんてしたことないんで…)、携帯メールで連絡しあいながら、kokoさんが今いらっしゃるという八条口へと移動。
改札を出て辺りを見渡しー……キオスク近くに、連絡頂いた服装の方が。
無事、初対面ながらも合流できて一安心♪
初めてお会いしたkokoさんは、ネットでお話(?)するイメージそのままの、テンポの良い話し方をされる方で。
取っ付きにくさとかが全くなくて、おしゃべりしやすい空気を持った方…というんでしょうかねー。
「遙かスキー」同士というのもあると思いますが…。
でも、以前頂いたバトンでイメージカラーを「カリフォルニアオレンジみたいなビタミンカラー」と言ったのですが、アタリだと思いました
一緒にいると楽しい雰囲気を作ってくれる、終始そんな方でした~♪

おかげでどこに行くにも、ちょっとしたことで盛り上がる盛り上がる。
駅の地下街にある「京都橘大学」の名前を見ただけで「女子校にあんな先生がいたらどんなことになるやら…(笑)」とか、ニヤリとしたり ※以前は女子校。今は共学になったそうな。
電車の中で双ケ丘病院なんて名前を見付けて、「普通にあるんですねえ…ああ言う名前が」とか思ったり(笑)。
ここで同じ発想出来るのが、「遙かスキー」同士の醍醐味なんですね!!(笑)。

で、さあバスターミナルに上がって…どこに行きましょうか?ということで。
1日目は、敢えてNO PLANにしておきました。
kokoさんの希望を聞いてから…と思っていたので、京都駅から行けるルートをいくつか、頭の中で把握しながら臨機応変に、ということで。
いろいろ距離や路線を考えた結果、仁和寺など行ってみましょうか、ということになりました。
そうなると嵐山方面ですね。
まずは北野天満宮方面へ行き、「とようけ茶屋」や「澤屋」の粟餅に後ろ髪引かれつつ…嵐電に乗車。
フリー切符を買って、干支の白い虎のマスコットをもらったり♪
そうこうしつつ、第一遙かスポットの仁和寺へ。
今は冬の特別公開もあるので、これまでの冬よりずっと人は多いですね。
でも、二人揃って本堂に背を向け、山門から双ケ丘を眺めて盛り上がる…という(^^;)。
「五重塔の木々の間から、誰かさんの笛の音が聞こえてくると良いですねえー」なんて、そんな会話も楽しいものです(笑)。

そのまま再び電車に乗り、一気に今度は嵐山へ。
お次の場所は野宮
でも、嵐山にはお土産物やさんや、面白そうなお店がやまほどあるので、ついついそっちに気を取られ…☆
すぐ近くのお漬け物やさんに、何故かまるごと聖護院大根が。
…あれ、まさかそのまま売っているんじゃ?と思いきや、突然ぺらっと薄切り一枚を店員さんが差し出している…。
千枚漬の大根そのまんま味なし…これをどうする?と思ったら、どうやらそれにお漬け物を載せて、味見してください、みたいな。
つまり春巻の皮とかクレープとか、そういう風に使うために渡されたようで…すよ。
お漬け物好きな(ワタシも好きです)kokoさんは、いろいろ味を試されていましたが、気になった京風キムチは、むしろ普通より辛かった!ようです(京野菜を使ってるのかな?)

で、お漬物屋さんを出て…少し遅くなりましたがお昼を。
寒い日の暖かいおうどんは、あったまります~♪
京風のおうどんのダシは、本当においしくって最後まで飲めちゃいますなー。
その後はいよいよ、野宮神社へ。
いつも竹林の道は空気が澄んでいて、気持ちいいです。
えんむすびで有名なだけに、女性の参拝者が多い神社前には、人力車のお兄ちゃんたちが待機して営業しています。
野宮といえばー、まあ友雅さん…のね…ええ、そうなんですが。
でも、一般的には源氏物語です。
ずらっと並んでいる御守りは、みんな可愛いんですよ。
しかし、ポータブル神棚ってのは何だ…(笑)。
ところで、野宮神社ではフリーきっぷの特典で、おみくじが一回無料で引けるのです。
さっそく引いてみましょう!と、二人でやってみた結果は…揃って「小吉」…。なんて微妙な…
kokoさんも日記で書かれていましたが、「悪いものに邪魔されて願いが叶うのは遅れる」んだとか。
……悪いものって!邪魔って何!?。
そしてワタシですが…「驚くような事が起こるが、慌てなければ願いは叶う」と。
……驚くような事って一体何!?
二人揃って妙に気になる結果を携えつつ、神社を後にしました(笑)。

そのあと、小物やさんでkokoさんはお買い物をしたり。
可愛いお財布なんかが揃った雑貨屋さんを見たり…しつつ、ワタシは駅にある七味屋さんでゆず入り七味を買った(渋い買い物…笑。でも柚子風味に目がないのだ…)

嵐山から、今度はまた電車で蚕ノ社へ。
既に時間も4時近かったので、すこーし暗くなり掛かってきました。
正直、昼間でも人が殆どいないところなので、薄暗くなるとちょっと…不気味です
しめ縄とか張ってあると、更になんか封印されているようで…いろいろ想像しちゃいますよね☆
いつ見ても、三つの三角鳥居は不思議な感じの佇まいです。

そして、そろそろ時間も遅くなってきたので、最後はやはりあそこでゴールにしましょうか…ということで、一路ラストの神泉苑に向かうことに。
しかしこの時間になると、中心部は道が混雑するんですよね。
四条大宮から四条烏丸へ。そこから地下鉄に乗り換えて烏丸御池へ。烏丸御池から二条城前に…というちまちま地下鉄ルートで移動するつもりが、四条烏丸でバスの渋滞に巻き込まれ…時間喰ってしまいました。
神泉苑に着いた時は、もう辺りは真っ暗
でも、まだ初詣の時期のせいでしょうか。提灯やライトがついていて、そこそこ明かりはあります。
やっぱりねー、何にしてもここが始まりであり、終わりでもある場所。
「遙かスキー」には、避けて通れない基本の場所ですからね!

神泉苑に到着し、京都散策はここでおしまい…。
時間も時間なので、駅に戻ってあとはゆっくりお茶でも…ということになりました。

が。
これがまた…多分一番長居したのが、この最後にやってきた喫茶店です(笑)。
お昼が遅かったで、夕飯よりもお茶とケーキくらいを、と。
コーヒーとケーキだけで…延々話し込みました!
そりゃまあ「遙か」の話はもちろん、マンガやらアニメやら声優さんの話やらー…。
新旧取り混ぜてもう…限りなく湧くように出て来る話題が山ほど
いくら新幹線ですぐと言っても、家では旦那さんと息子さんがお待ちですし、あまり遅くしては悪いなあと思っていたのに、気付いたら…8時をすっかり過ぎていた
お互い時間なんて完全に忘れて、おしゃべりに没頭してしまいました(あれならでっかいケーキを頼んでも、充分食べ切れたな…)。
今までネオロマはそこそこ知ってはいても、「遥か」の話題で同じ目線で話せたり出来る相手がいなくて。
どこか周囲と温度差を感じながら、ちんまりとこれまで過ごしていたので、ついつい話も広がってしまったんでしょうね~。
ホントに楽しいひとときでした♪(3の話題でも割と趣味&志向が似てて♪それも何だか楽しかったです~)

地下街でお別れしたのは、8時も完全に回っていた頃。
お互いにまだまだ話は尽きなそうな勢いでしたが、kokoさんはお土産買って帰らないと!
そして私は、そろそろいい加減にチェックインしないと!(6時くらいになると連絡したのに、2時間以上過ぎてる…)
そうして、お名残惜しかったですが、これにて1日目の予定は終了でした。

八条口から送迎バスがあるので、SUVACOに寄っていろいろ食べ物を買い込み、八条口のマツキヨで旅の必需品「休足時間」を購入し、やっとホテルにチェックインしたのは…午後9時(笑)。
ちなみに今回の宿は、「リーガロイヤルホテル京都」。
何故かスタンダードシングルがデラックスシングルにランクアップされていて、しかもお部屋は客室フロア最上階の10階!
左右フロアはエクゼクティブルームに挟まれた、真ん中フロア…(なのに通常より半額プラン…)
そういえば去年、二条城前の「国際ホテル」に泊まった時も、シングルなのに最上階になってて、眺めが良かったっけな~と思い出したり(笑)。
もちろん今回も、とっても良い眺めでした!
タワー側じゃないから安かったのかもしれませんけど、それでも夜景はなかなか綺麗♪
(最初に載せた写真2枚は、部屋からの夜景と明け方の景色です。)
昼間は遠く嵐山方面の山並みも見えたりして、部屋も広々していて快適。
さすがに疲れたので、しっかりお風呂入って足に湿布を貼って、次の日に備えて早めに寝ました

仁和寺や野宮、神泉苑など…これまでに何度か行った場所ばかりですが、やっぱり同じ感覚で見られる人と一緒に行くと、これまでとは全然違った感じでとても楽しかった!
「めぐさんは今まで行ったところばかりなのに…」とkokoさんはおっしゃってましたけど、構いませんよー!
何度行っても好きな場所ばかりでしたから♪
仁和寺なんて、最近は毎年のように行っているのでは(行き過ぎかな?笑)
次回も是非、よろしければご一緒してください~
今度は大豊神社を中心に、遥かスポット巡りのコースをしっかり調べて作っておきますんで♪
About this site
多趣味貧乏な館主の、どうでも良い日常記録です。
About me
ネオロマ卒業生ですが、友雅×あかねはライフワークとして偏愛中(笑)。好きなものを深くながーく愛するタイプらしい。拍手のお返事は当該記事のコメ欄にて。居住地/ブルネイ泊地、山城国。職業/提督、審神者、騎空士、特務司書。