Article page

by

何か、ノドがイガイガして痛くて、朝起きたら声が出なくなってた。
風邪というよりも、多分仕事場の乾燥とホコリのせいだろうな。帰ってきた営業さんも、部屋に入ったとたんにノドがおかしくなったとか言ってたし。
PCが10台くらいあって、しかもその他の電化製品が詰まっている密室では、静電気もあるしホコリもつくし。
ああ、空気清浄機が欲しい。
自宅ではオイルヒーターなので、あまり空気が汚れるとか換気が必要とかってなかったんで、余計に。
のど飴と飲み物は必要不可欠です。うがー。


ロード・オブ・ザ・リング コレクターズ・エディション トリロジーBOX
イライジャ・ウッド J.R.Rトールキン ピーター・ジャクソン
B000BGOE1O



そういや、昨日テレビで「王の帰還」やってましたな。長いから二日に渡ってですか。
ちょろっとチャンネル変えてみたけれど、まあ、見なかったんですけど。持ってるし、DVD。
しかも、ミナス・ティリスの小物入れフィギュア付きの、5000セット限定版スペシャル・エクステンデット・エディションを!!
こちらも追加映像ノーカットだから、テレビよりもずっと長いんですけどね☆
ああ、でも…また見たくなってきたー!!「旅の仲間」から一気に見たくなってきたよー!!

もともと映画は好きだし、一時は年に50回くらいは映画館に行っていたくらいだったけれど(平日がフリーだった時)、今はそれもないなあ。
DVDになるのが早いし、それに安いしね。
だけど「ロード・オブ・ザ・リング」は久々にハマったなあ…。ここまでハマったのって、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」以来かも?


バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOX
マイケル・J・フォックス ロバート・ゼメキス クリストファー・ロイド
B000B4NFUM



あの時もデロリアンのプラモとか買って作ったし、1・2・3のパッケージセットは購入したし、ビデオ発売記念の50名限定腕時計も当選したし(笑)。
しかも来日したM・J・フォックスに逢いに行っちゃったし(笑)、ファンレターなんか英語で頑張って書いて出してしまったり(笑)。
でもって直筆サイン入りのフォトポストカードのお返事もらっちゃったし!!きゃー(笑)オイラにもそんなミーハーやってた頃があったんですよ!!
今でも好きですよ。作品も彼も。
彼はパーキンソン病にかかってしまったけれど、自伝を読んで「やっぱりこの人が好きだ」と思いましたねえ。
昔はきゃーって感じで好きだったけれど、今は人間として彼の事が好きです。多分、ずっと好きなような気がする。

4797321229ラッキーマン
マイケル・J・フォックス 入江 真佐子
ソフトバンククリエイティブ 2003-01-10

by G-Tools

……で、「ロード・オブ・ザ・リング」ですが。
「旅の仲間」だけは映画館で見ていません。何故かというと、やっぱり原作のイメージがあるので、それがどうなっているか怖かったのと、随分前に本を読んだので少し記憶が曖昧だったから。
ちょっとくらいは知識をつけて行こうと思いましたので、しばらくしてDVDで借りたんですけども……スッカーン!とヒットしちゃましたねえ。
アラゴルンなんて、躍る子馬亭で初めて見た時から惚れましたから!!一目惚れよ!!
で、フロドを逃がすために一人で剣を持って出て行くところーっ!!カッコエエーッ!!…ハァハァ。
しかし、全体的に見てもビジュアルがものすごい綺麗だし、ホントにあのホビット庄のイメージぴったりだし。
ただ、劇場では字幕についてさんざんなクレームがあったみたいですね。私は手直ししたDVDでしか見ていないので分からないけれど、随分と原作の翻訳とかけ離れた解釈が多かったみたいで。
ヘラルドあたりに手直しの嘆願書が行ったくらいですから。
そのおかげか、「二つの塔」からは字幕翻訳の戸田奈津子さんに加えて、原作の翻訳をされていた瀬田さんが監修をするようになったそうで、かなり改善されたみたいですね。

「王の帰還」は2回見に行ったなー。
最初は自分一人でゆっくりと。もう、ところどころで泣きポイントがたくさんあって困っちゃったっけ(笑)。
それでも最後までしっかり見よう!と泣くのを我慢しながら(正確に言えば目を潤ませたくらいで我慢しながら)、ラストまで見終えましたよ。
最後の最後、THE ENDのマークが出るまでは実感なかったけれど、それを見て「ああ、本当に終わりなんだな…」ってしばらく放心状態だったのを覚えてます。
で、そのあとにレゴラス萌えの友人と一緒に見に行ったときは、最終上映時間だったので遠慮なくわんわん泣いてましたよ。
DVDを見ても、やっぱり泣いてしまうのですよ、今でも。
最初から見ているからこそ、最後の「王の帰還」でこれまでの記憶がひとつずつつながっていくんですよね。フロドが歩いてきた道、サムが歩いてきた道、アラゴルン達が歩いてきた道。
ゴンドールやシャイアの歴史、善と悪の戦いの歴史、すべてがこの中につながっていってひとつになる。それが、指輪の消滅なんですよね。
それから個々の人生が再開していき、その中でフロドがひとつの決断をするのだけれど、その決断も三部作を全て見てきたから分かる答えなんですよね。

ああー…見たいなあ。もう一度最初から見たいな。
それにしても全てノーカット版で揃っているので、全部見たら1日以上かかるかも(笑)。でも、見たいー!アラゴルンに萌えたいー(笑)。
めぐさん
Posted byめぐさん