Article page

by
  • Comment:0

毎月最終日曜日の夜は、Eテレで古典芸能の放送があります。
歌舞伎だったり能だったり文楽だったり…と様々な古典芸能が楽しめるので、私にとってはプレミアムサンデー的な感じです。
昨日の放送は、能と狂言。
「柿山伏(狂言)」「附子(狂言)」「葵上(能)」の三演目。
後ろの二作品は、能狂言では定番中の定番のタイトルですね。「附子」は学校教育で触れる機会も多いと思います。

いやー、懐かしかったです。
私も最初に生で見た狂言は「附子」でした。2004年のことです。
「附子」と能の「葵上」。まさに今回放送された演目が、私の初・生能狂言だったのでした。
しかも能の「葵上」は、当時と同じ宝生流。思い出深いです。(※当時の「附子」は和泉流でした)

あれからもう15年です。
それまでに、いくつの演目を見て来たでしょうか。
こんな風にテレビでの観劇が当然だったのも昔の話。今ではあきらかに生で見る狂言の舞台の方が多いです。
毎年春と秋の2回。それを繰り返して今年で15年。
去年の春は残念ながら取れなかったチケットですが、今年は!ちゃんと!GETしてあります!\( ̄▽ ̄)/
IMG_0810.jpg
久々の3列目真正面でーすv。
「靭猿」も定番の演目ですね。どなたかの息子さんが舞台に立たれるのかな?
そういえば、この「靭猿」の初舞台に一喜一憂していた裕基くんが、もう立派な狂言師になっちゃって…。
お姉ちゃんも綺麗になっちゃって…こっちが年取るはずだわ(親戚のおばはんかw)。

めぐさん
Posted byめぐさん

Comments 0

Leave a reply