Article page

by
  • Comment:0

今、この世に起きているすべての混乱。
何もかも、「争う」気持ちが原因なんです。
そして、その「争う」気持ちはいずれ「悲しみ」に変わるのです。
どんな人にも、その悲しみは一生ついて回るのです。

しばらく前の「ラジオ深夜便」で、松本零士先生の戦争体験談を聞きました。
その中で、松本先生がお父様に正された話を今も強く覚えています。
終戦後、生きるために米兵にすり寄って生きる女性たちの姿を見て、「いつかあいつらに仕返ししてやる」と思ったそうです。
そんな松本先生に、お父様は厳しい口調で言いました。
「仕返しをするとか復習してやるとか、そういう考えがあるから戦争が起こるんだ。そんな考えはするな!」
とても厳しく言われたそうです。

誰にでも腹のたつこと、怒りを覚えることはあります。
それを仏さまのように寛大に受け入れる、許すことは正直なところ簡単にはできません。
十分にそれは承知しています。

でも、全部が全部ではないと思いませんか。
抑えられる部分はあると思いませんか。
よく考えてみたら、別に怒りをあらわにする程のことではなかった…という物事は、日常にはたくさんあるはずで。
その小さな些細なことを抑えられたら、少なくとも争いの種は減るのではないかな。
ゼロにならなくても減らせれば、この世の大小の争いは減らせると思うのです。
小さな争いも連鎖すれば大きくなる。そうなる前の種を、芽生えさせないようにする。
大事な事だと思います。
戦争に発展してしまったら、個人では手に負えなくなってしまうのだから。

80年近く過ぎても、戦争の記憶に苦しむ人は世界中にいます。
私のように戦後生まれの人間で、戦争を経験していない人にも苦しんだ人の思いは押し付けられてしまう。
それでまた、傷つく人が居る。
くだらないことでしょう、戦争って。
こうやって時代が変わっても、人間が変わっても憎しみや悲しみが繋がってしまう。
勝ったとか負けたとか、そういうものに翻弄されて、残ったものは心身の傷だけ。
ばかばかしいったらないですよ?
だから、二度と起こしてはならないし、争いの種を蒔かないように一人一人が自覚しなきゃいけない。
もしくは種を蒔いてしまったら、それが芽を出さないうちに摘み取ること。
方法はいくらでもあるはず。
綺麗事だとか言う人も居るでしょうけど、そこで諦めても意味がないしろくなことはないし。
人間には知恵があるのだから、その方法を見つけることができるはずと思います。
めぐさん
Posted byめぐさん

Comments 0

Leave a reply