Article page

by
  • Comment:0

ブログもHPもかなりご無沙汰しており申し訳ございませんです。
取り急ぎのご報告。
このたびの台風15号並びに19号で被害に遭われた皆様に、心からお見舞い申し上げます。
まだまだ予断を許さない状態にある場所も多いかと思いますが、どうか心身を労りつつお過ごし下さい。

で、私の心配までして下さっている方が結構いらっしゃって。
おそらく一部報道で、水戸市内の那珂川氾濫映像を見て気に留めて下さったのかと思います。
率直にお答え致しますと、私の家の地域は川の氾濫もなく土砂災害もなく、幸いなことに目立った被害はありませんでした。
水戸市内と言っても実際はかなり広範囲で、今回報道されている地域は私の家とはかなり距離のある地域で影響はまったくありません。
しかし同じ那珂川に架かる橋が比較的近くにあり、一時は氾濫危険水位を超えたようです。
昔と違い堤防を高くして補強もされたため、随分と氾濫の被害は抑えられていたのですが、ここ数年は結構それでも高い水位を記録することがあって、ちょっとだけ不安もあります。
この季節は台風シーズンと十分に理解はしていますが、想像を超える規模の荒天で被害の想定も常に追い付きません。
どこまで予測すれば良いのか。
対策をしっかりしたつもりでも、自然はその遥か上を行く。
身近でありつつ、それでいて巨大なもの。畏敬の念を抱くとは自然に対する言葉なのかもしれません。

大子町の方もかなり被害が大きいようです。
台風に備えてりんごを早めに収穫していた農家の方々、木が倒れないように補強をしていましたが無事だったかな。
日本全国、本来ならば丹誠込めて育てたものがようやく完成する実りの秋と、台風の時期が重なってしまうのが哀しいところです。

と、この文を書いている最中も上空をヘリが飛んでいます。
おそらく救助活動のためのヘリだろうと思います。朝から数機飛んで行きました。
一刻も早く落ち着いた日々が、日常の生活が戻って来ることを心からお祈りいたします。
めぐさん
Posted byめぐさん

Comments 0

Leave a reply